ギャラリー見学いってきました

f0143412_20143375.jpg

今日は雨の中、4月にやる個展で貸して頂くギャラリー
“ギャルリー・ジュイエ”へ見学へ行ってまいりました。


雨は降っていたけど、インフルエンザが流行っているから、
ちょっと安心でした(インフルウイルスは湿気に弱いそうです)。

去年、まろさんの個展の際に、スペースは見せてもらったのですが、
今日は借り手がいないときだったので、
何もない時のギャラリーを見せてもらうことができました。

ひ、広い…。。

い、いやいや!そんな事ないさ!
少ない作品を、広く余裕を持って展示したっていいんだし!

…と、まだ全く制作に手が付けられていないので気持ちが焦ってしまいましたが、
オーナーの福田さんと質問をして説明をしていただいたりと1時間半くらい
じっくりとお話を聞いているうちに、だんだんと落ち着いてきました。

できることをやるしかないんだし、
できることをやればいいんだし。

実際、何とか「1月中には見学に行こう」という目標も達成できたし。

うかがう前に、新宿の世界堂へ画材の買い出しがてら、
額縁のフロアへ寄って、店員さんをつかまえて色々話を聞きました。

私が作りたいと思っているのは、レリーフのような反立体(というよりほぼ立体)を、奥行きのある箱のようなフレームに納めたいと思っているので、市販のフレームでは奥行きが足りないのです。
店員さんに、奥行きを足す方法を教えてもらったりして、
だんだんイメージがはっきりとしてきました。

まだ実際に制作にはとりかかれないのだけど、
情報を集めてくるうちに、頭が徐々に制作へ切り替わって行く感じです。
そして、新しい何かを作り出そうと準備している、この感じ。

この感覚、久々だけどやっぱり良いなぁ〜って感じます♪

ゼロから何かを生み出そうとするプロセスは、
私にとって、やっぱり最高にエキサイティングなことなんだなぁ。。

思い通りに作れない時には、
上がった分だけ下に叩き付けられるように落ち込むんですけどね(笑)

それでも懲りずにここまで作る人生を生きてこれたのは、
最高にハッピーなことかもしれない…☆

見てくれる人達を幸せな気分にする前に、
まず、自分が楽しんで作らなきゃ☆

制作のために、お仕事をセーブしたりするので、これから数カ月、ますます厳しい時期になるかもですが、マイワールドを楽しんでいきたいなと思います♪
(つまり、プチひきこもりってことでw)

そうそう、ギャラリーの名前はギャラリーじゃなくて
“ギャルリー・ジュイエ”さんです。
オーナーさんに聞いた所、フランス語なのだそう。
ちなみに、ジュイエは「7月」という意味で、
お母さまのお誕生日が7月なのだそうです。
なんか、良いですねぇ〜

これからお世話になります、宜しくお願いいたします(U v U)
[PR]
by tomokuro-55 | 2009-01-30 20:19 | 作る・創る | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/10246128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。