「おとなの進路教室」最終回

ネットラジオというのでしょうか。
毎週木曜日に更新される、WEBラジオの番組があります。
あぁ、もう「ありました」と言わなきゃいけないんですね。
なぜって、今日で最終回だったから…
(サイトは残っていますので、気になった方は聞いてみてください♪) 

★山田ズーニーの「おとなの進路教室」

この番組では、色々な人の“おとなの進路”について、パーソナリティの山田ズーニーさんが伺っていて、そのゲストが学生さんだったり、主婦の方だったり、学者さんだったり、アーティストの方だったり…と、今現場で悩みながら進む人達なので、そこがまた面白いのです。

パーソナリティである山田さんは、もとは大手出版者の編集をしていたのですが、三十代後半に会社を辞めて、数年間悩み苦しむ時期を経て、現在、表現コミュにケーション・インストラクターという形で、本を書いたり、講演をしたり、色んな所で活躍されています。7年間にわたる、ほぼ日での連載もされてます。

今は、色んな場所で活躍されるズーニーさんも、会社を辞めてからしばらくは“干された”時期を経験していて、彼女は(女性です!)そんな時期の自分のヘタレさを包み隠さず話していて、だから私は彼女に共感しちゃうんだなぁ…と思うのです。

その最終回がとっても感動したので、
悩める方達に聞いていただけたらなぁ…と思いました。

「本当に伝えたい」という本気さが伝わってきて、
じ〜ん…としてしまいました。

人の本気は、人に伝わります。


大切なことを話してくれたことに、心から感謝の気持ちを込めて、
初めて感想のメールをズー二ーさんに送りました☆


(以下、送ったメールより)
--------------------------------------------------


山田ズーニーさんへ
* * * * * * * * * *

はじめてメールさせていただきます。

私はフリーランスでイラストレーターをしている
中野智美と申します。

「大人の進路教室」最終回、
今、聞かせていただきました。

ズーニーさんの熱い思いが音になって伝わってきて、
とても感動しました。

これまで、本当にお疲れさまでした。

毎週毎週、木曜日の午前11時を
とても楽しみにしてました(^^)

私もズーニーさんと同じように、
少し時期は早かったけど30才になるとともに
フリーランスへの道を歩み始めました。

私の周りで、私のように“作られた社会”を飛び出して、
自分で何かを初めようという人はいなかったので、
どうしたらいいのか分らないし、足下をすくわれるような不安を
抱えての毎日だったので、ズーニーさんの原稿の気持ちが良く分ります。。

ただ、自分の気持ちだけはゆずれなくて、
自分の気持ちに逆らえなく、
逆らおうとして社会に合わせようとすると、
体調を崩しました。。

フリーになったから、何もかもが上手く行くわけではなく、
度々、体調をくずしがちになりましたが、
それはやっぱり、自分の気持ちに逆らおうとしたことが
ストレスの原因だったと思うのです。

理不尽なことは沢山あって、
そこでその理不尽さに鈍感になってそこで働いている人もいます。

ミシマ社の三島さんのように、
私も私の生きる範囲、フィールドくらい、
まっとうで、気持ちの良いものを作るっていきたいし、
そのために、自分の力を尽くしたい。

自分に自信がなくて、力不足だと、重々分りつつも、
自分の奥底の部分で、「自分には大切で貴重な力がある」と
信じ続けていた気がします。

だから、ズーニーさんの
「あなたは社会に必要です」
という言葉も、同じように私の心に響きました。


これからの、ズーニーさんのご活躍も楽しみにしています☆

ズーニーさんの純粋な素敵な世界を広げて、
どうか私たちを巻き込んでください!
[PR]
by tomokuro-55 | 2009-04-30 12:33 | ひとり言 | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/10944702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。