緊急講演会「チェルノブイリからみた福島第一原発震災」

f0143412_1475319.jpg
以前にもお知らせしましたが、
自然農の佐久間さんからお誘いいただいた
講演会のチラシをいただいたので、
再度、詳細をご紹介します。

お時間・ご関心がある方は、ぜひご参加くださいね。


* * *


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 〈日本有機農業研究会 青年部・緊急講演会〉 
チェルノブイリからみた福島第一原発震災
~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~

講師 河田 昌東さん
(「チェルノブイリ救援・中部」理事、遺伝子組み換え研究の専門家)

 

日 時:6月5日(日)13:00~17:00
 
会 場:國學院大學・渋谷キャンパス
    学術メディアセンター 常磐松ホール ★アクセスマップ
 
定 員:200名
 
参加費:1000円(一部を義援金として寄付させていただきます)
 
〈プログラム〉
 受付開始 12:30
 第一部「福島原発震災とチェルノブイリ」13:00~14:45
 第二部「放射能汚染下でどう生きるか」 15:00~17:00
 閉  会 17:00
 
〈お申し込み:日本有機農業研究会 事務局〉
 TEL  03-3818-3078
 FAX  03-3818-3417
 E-mail seinenbu@joaa.net
 H P   http://www.joaa.net/
 
〈主 催〉NPO法人日本有機農業研究会・青年部
〈協 力〉渋谷・環境と文化の会
 
【講演会について】
 3月11日の東日本大震災によって福島第一原発が相次いで爆発し、大量の放射性物質が大気中に放出され、水や空気、そして大地を汚染しました。地球環境への影響は計り知れず、特に農業者にとって、何としてもこれ以上の土壌汚染は避けたい状況です。 
 今回講師にお招きする河田昌東さんは、「チェルノブイリ救援・中部」理事です。同団体では、1990年からチェルノブイリ原発事故で大きな被害を受けたウクライナで、現地の団体と協力して被災者の救援に取り組んでいます。また、2006年からは、医療・物資支援に加えて、土壌から放射能を吸収、農業復興による地域再生を目指す「菜の花プロジェクト」を開始しています。
当講演会では、第一部でチェルノブイリと福島原発事故の比較について解説していただき、第二部で「チェルノブイリ救援・中部」が実践している土壌浄化やエネルギー自給についてお聞きします。
放射能汚染下でどう生きるか…。
今後、中長期的に私たちができることを学び、考えていきたいと思います。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨晩のニュースで、
「東京電力は12日、東日本大震災で爆発事故を起こした
 福島第一原発1号機の圧力容器内の水位が低下して
 燃料棒がむき出しの状態となり、大量の燃料が溶融し、
 圧力容器の底部にたまる“メルトダウン”が
 起きていたことを認めた。」
というのを聞いて、またもや絶望的な気持ちになりました…
放射線は水で遮断できますが、むき出しの燃料棒からはその間、
どれだけ放射性物質が空気中に放出されていたのでしょう…

今日、こんな活動をしている人たちを知りました。
★脱原発・東電株主運動
東京電力の原発を廃止するために、株を買って株主となり、
株主総会で会社に意見を提出している人たちがいたのです。
彼らが5月6日に東京電力に提出した「株主からの要求と勧告 」の
文章がコチラです。

色んなことを知った上で、ニュースを見たり、
選挙に参加しなければいけない、
そう思いました。


--- end ---
[PR]
by tomokuro-55 | 2011-05-13 14:39 | 私にできるエコ | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/15963713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。