大きなぬりえ・ワークショップ

f0143412_17361082.jpg
↑ 出来上がった力作ぬりえ!私が描いたのはどこでしょう(笑)


「ぬりえ日本」のワークショップが
近所のカフェ・げんきの木で開催されたので参加してきました♪


* * *


この企画は、大きなぬり絵を作って被災地へ持って行く、
その下絵をみんなで一緒に作るというものだそうです。

被災地での子供たちは、自分の家から避難所、避難所から仮設住宅へと生活場所を変えていくため、その都度コミュニティーが変わってしまい友達を作るのが難しいそう。
大きなぬり絵を沢山の子供たちが協力し合って一緒に塗ることで、コミュニケーションがとれて、仮設住宅へ移ったときに友達が作りやすくなればいいなという思いから、このワークショップを開催したんですって。(まだ大学生なのに、しっかりしてるなぁ…エライなぁ…)

プロジェクトを企画した谷嶋企画のお友達3人、
小川町在住の女性1名、そして私と5人での合作となりました。

いつも一人でイラストのお仕事をしているので、
沢山の人と一緒に絵を描くのは刺激的で楽しかったー☆

あんな発想やこんな発想、
自分だけではとうてい考えつかないアイデアが出てくるので、
すごく面白かったです♪

そうそう、絵を描くのって、上手いヘタではなく、
ただ楽しいことなんですよね〜(^^)

誰かが描いたイラストにつなげて描いたり、
話し合いながらテーマを作りつつ自由に描いたら、
物語性のある「大きなぬりえ」が仕上がりました♪

私はプロなので、みんながやりやすいように、
かつまとまりのあるぬりえができるよう、サポートしなきゃ…!
と、内心意気込んでいたのですが、そんな心配をする必要はなく、
みなさん協力しながら楽しく描いていました。

や〜 やっぱり絵を描いたり、作ったり、
手を動かすのはいいなぁ〜…。

私はやっぱりプロなので、
少しでも自分の力が誰かの役に立てるよう、
行動に移してかなきゃなと改めて思ったり。

二十歳そこそこの大学生の若者たちが、
「自分のできること」をせいいっぱい活動しているのは、
とてもまぶしく、こちらも元気と勇気をもらえるようで、
同時に背筋が伸びるような思いでした。

谷嶋企画のお二人、誘ってくれてありがとう〜☆


--- end ---
[PR]
by tomokuro-55 | 2011-07-03 17:39 | 私にできるエコ | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/16220091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。