米酒ブログ「草取り・生き物観察」UPしました☆

f0143412_21522737.jpg

先週日曜日は、夏真っ盛り!炎天下の中、
「米酒の会」の草取り・生き物観察がありました〜☆


★「米酒の会」ブログアップしましたのでご覧ください ♪
↑コチラをクリック


* * *


写真は、お隣の田んぼで働いていたアイガモちゃんたちです。
人が近寄ると逃げてしまうので、ズームで激写して、
やっとこ姿をとらえた写真です(笑)

いやぁ〜… 暑くてどうなることかと思ったけど…(^^;)
何とか無事に終わって良かったです〜

なんか今年は一段と暑い気が…
それとも小川町の夏は盆地だから暑い…と聞いていたから、
こんなもんなのかな??

私はなんとかエアコンを使わずにしのいでいます。

先月暑くなりたてのときに、ちょっとエアコンを使ったのだけど、
なんというか、逆にしんどい…みたいな感じがして。
震災以降、イラストの仕事がほぼぱったりなくなってしまい、
電気代がかかるのが厳しいのでしんどいっていう意味もありますが(汗)、エアコンの効いた部屋と外気温の環境の差で、体的にしんどい…というのもあります。

私は汗をよくかくので、汗をかくのはかまわないんだけど、
辛いのが「あせも」です(;;)
家にいるときは、汗だくの流れるがままなので夜のお風呂の他、
朝起きて1回、昼間に1回、シャワーをあびてます。
おかげで随分あせもが楽になりました〜

そんなわけで、私の夏は「あせも」と「蚊」との戦いです!

夏の間の脳内メーカーを見たら、
3分の1が「あせも」で、3分の1が「蚊」で、
残りの3分の1が「その他」のことでしょう〜(= ▽ =)

それもこれも、“ 肌が弱い ”のがネックなんですよね。

私は子供の頃、小児ぜんそくを持っていて、アトピー肌体質です。
子供の頃、病院で処方された薬や、親がすすめる塗り薬を、
何の疑いもなく飲んだり塗ったりしていました。

体質的にも肌が弱いのはありますが、使い続けたステロイドはさらに私の肌を薄くさせたんだと思います。

その時は、症状を抑え、効き目があった薬です。
だけど、薬っていうのは根本的には何の解決にもならないんだなぁ…と大人になって思いました。
薬で抑えた症状は、患部を変え、症状を変え、
別の形で体に現れます。
そして、今度はその薬自体が体に害を与えます。

そんな風にして体も心も壊した人を身近に見ました。
反対に、そこから勇気をもって抜け出して、
あるがままの体ととことん付き合い、向き合って、
その人なりの健康をとりもどした人も身近で見ました。

「塗れば・飲めば治る、魔法の薬♪」
でもそれは、魔法の薬じゃありません。
どこかを抑えれば、どこかが飛び出るんです。
使ったツケがきちんと回ってきます。
そのことに気がつかないと、薬は宗教になってしまいます。

自分の不完全な体を通して、色んなことを学ばせてもらってる。
最近はそう感じます。

なので、たかが汗疹だけど、な〜んか工夫したりして快適な暮らし方とかやり方があるような気がして、体の “ 快適センサー ” をピーンとたてて感度を磨いていきたいな。

そんな夏です(なんのこっちゃ・笑)


--- end ---
[PR]
by tomokuro-55 | 2011-07-12 22:28 | 私にできるエコ | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/16264801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。