「月岡芳年展」at ギャルリー・ジュイエ

f0143412_2311131.jpg
↑ 私が一番好きな作品、しょんぼりしたキジがたまらない!w

今日、3年前に個展でお世話になった高円寺のギャラリー
ギャルリー・ジュイエさんの十周年記念企画展
『月岡芳年展』に伺いました!


★月岡芳年展
 2013.10.11(金)~10.20(日) / 12:00~19:00(最終日18:00迄)


* * *


以前、都内の美術館に観に行ったのと似てるなぁ〜…と思ったら、
その残酷画のその人でビックリ!!
だって、大きな美術館で入場料を払って見るような作品が…
イチギャラリーで見れるってスゴいことだと思うのです(◎ ◇ ◎;)

しかも、ギャラリーオーナーさんが30年前の引っ越しの時に見つけた…っていうエピソードもなかなかスゴい(笑)
→その辺のお話はココに♪

f0143412_23195916.jpg


たまたま見つけた作品を、そのまま展示するのではなく、浮世絵の知識を学ぶために数年前から勉強してからの今回の展示なので、その姿勢も素晴らしいなって思います。そんなオーナーさんのお話も聞けて、さらに作品への深い理解が得られてなんとも贅沢な浮世絵鑑賞をさせていただくことができました♪♪♪

芳年の作品は、大胆でオシャレでデザイン性が高く、それでいて大衆向けなので、きわめてイラストレーション性が高い。見ていると、私はロックウェルを連想してしまいました。

f0143412_23272029.jpg


美術館のように遠目ではなく、作品の間近に寄ってみる事ができるので、版画の細かい線、エンボス加工がある!こと、雲母と呼ばれるキラキラした粉?がふりかけられた箇所があること、なども見る事ができます☆

残酷画として私は記憶にあったのだけど、実際はそれは多くの作品の一部だということを知ったり。
残酷画はこわいほど高く売れるとか。
コワい逸話もあって、芳年自身も50代で気がふれて亡くなったと聞き、作品を見るほどになんか納得だったり、同じイラストレーターとして気をつけねばねと思ったりしました(^^;)
あ、ギャラリーには残酷画はありません(笑)

でで!とにかく美術館でしか見れないような芳年の版画が間近で見れるので、ぜひぜひみんなにも見てもらいたい!と思い、今週末までなので明日とあさってしかないんだけど、お知らせさせていただきました☆

浮世絵に興味のある方!
イラストレーションに興味がある方ぜひ!
オーナーさんもステキな女性なので、ぜひお話してみてください♪


※お写真はオーナーさんの許可を得て載せさせていただいています

--- end ---
[PR]
by tomokuro-55 | 2013-10-18 23:23 | 観る・歩く | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/20624387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。