アイソトープとは

f0143412_1944356.jpg

さてはて、今月は前半二週間忙しかったのと、
絶賛PMS中だったので、なんとか乗り切った〜!!
…という感じです(^。^;)

※PMS…「月経前症候群」。生理が始まる前の約2週間に起こる、
 心とカラダのさまざまな不調のこと。(こゆときは過食もしゃーない!笑)

ホッとしたお陰か、今日無事にお月さま??来ました??
よかった〜♪


***


落ち着いたところで、予告した「アイソトープ治療」について
カンタンに説明させていただこうと思います♪
詳しくご説明すると難しくなってしまうので、
ザックリ言うと…

「放射性ヨウ素カプセル」を飲んで、
 甲状腺を小さくする!


ということです。
あ…ザックリしすぎました(^^;)?

それに、放射性物質を「飲む」わけなので、
なんだか響きが怖いですよね…。

そこで、体の他の臓器へは当てず、甲状腺にのみ放射線を当てるために、“ヨウ素”という、甲状腺が主原料として使う栄養素と一緒に服用する、「放射線ヨウ素カプセル」というカプセルを飲みます。
(よく聞くのが、「甲状腺には海草類が良い」というアレです。
 昆布を代表とする海草類にはヨウ素が多く含まれています。)


通常、私たちの体の中には全身色んなところにヨウ素は存在するのですが、アイソトープを受ける場合には、治療前7日間+治療後4日間(計11日間)の間、ヨウ素をいっさい摂らない食事制限をします

体内にいっさいヨウ素が存在しない状態で、「放射線ヨウ素カプセル」を服用すると、ヨウ素が優先的に甲状腺へ供給されます
そうすると、ヨウ素と結びついた放射線が甲状腺のみに当たる…という仕組みなのです。

…う〜ん、文章で説明すると
どうしても難しい感じになっちゃいますね。。
というわけで、イラストにしてみました↓

f0143412_201518.jpg


伊藤病院の「相談室」の先生にお聞きしたところ、
アイソトープを受けて放射線を当てると、
甲状腺は“その形のまま縮む”のだそうです。
不思議ですねぇ〜。


f0143412_2085970.jpg
これが…

f0143412_2011287.jpg
こうなるそうです!
(伊藤病院「バセドウ病のアイソトープ治療について」パンフレットより)



***


アイソトープを受けて、甲状腺自体を小さくすることで、甲状腺ホルモンの分泌量を減らす…という効果のある治療法です。バセドウ病は、甲状腺ホルモンがだだ漏れになって体を疲弊させてしまう病気なので、そうすることでホルモン量を調整します。

ただ、今度は甲状腺ホルモンが足りない「低下症」になることが多く、逆にお薬で甲状腺ホルモンを補充して体調を調整することになるのですが、その薬はもともと体自身が作るホルモンと同じなので副作用がありません。ゆえに、バセドウ病などの「亢進症」よりも、「低下症」の調整の方が体に負担がないそうです。
ちなみに、お薬自体のお値段も安いので、経済的にも楽だそうです。

どちらにせよ一度発症してしまった甲状腺疾患とは一生付合っていくことを踏まえて、「低下症を目指す」のですって。


***


〈副作用について〉

さて、実はアイソトープ治療にも副作用があります。
アイソトープ治療後に、バセドウ病眼症と呼ばれる「目が出る、まぶたが腫れる」などの眼性疾患があらわれることが1%の確率で起こるそうです。
100%の回避…というのは難しいそうですが、可能な限りその可能性を防ぐために、治療前に眼科での検査があります。

前回、伊藤病院の前にオリンピア眼科という病院で、何種類か目の検査をしてきました。
詳しい検査結果は一週間後に出るということだったのですが、診察時での先生の所見では目に異常はないそうです。
念のために、来週さらに目のMRIをとってさらに詳しく検査をします。


***


検査結果次第で、また今後の方針は変更があるかもしれませんが、
今のところはアイソトープに向けて準備を進めるという形です。

正直なところ、副作用の眼性疾患も心配だし、
治療後の低下症の体調調整も不安です。。

その前後には、ヨウ素制限食期間があり、
ヨウ素を使わない食事を毎日自炊しなければならないし。

「放射性ヨウ素カプセル」を飲んだ後は、
妊婦さんに近づかないように気をつけたり、
火災報知器が誤作動することもあるらしいので、
やや緊張します。(たった数日のことですが??)

できることなら、こんな不安を感じずに健康で暮らせたらいいのに…と弱気な気持ちもよぎるのだけど、解消できる不安は解消して、あとは「治療後はきっと今より良くなる✨」と信じて進むしかない…!

自分の不安は自分のものでしかないから、ヒトの不安と比べることはできないけれど、私のような命の危険のない治療を受けるだけでも感じる不安を、もっと重篤な手術を受けるような方はどれだけ大きな不安なのだろう…と、ちょっぴりだけ感じています。

このごろ、寝るときに耳を枕に当てると聞こえる、
自分の心臓の音が愛おしく感じます??
心臓はエライな。

今日も生きてることに感謝です✨



⭐️mahalo⭐️
[PR]
by tomokuro-55 | 2015-11-17 20:52 | カラダとココロと | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/24682165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。