「婦人公論」に立体イラスト載ってます

f0143412_8182878.jpg


いつか、“素敵な女性”として取り上げてもらいたいなぁ…
なんて思ってしまう雑誌ですが(笑)、

本日発売の『婦人公論(7/7号)』に、立体イラスト載ってます☆
表紙は加賀まりこさん。

P89〜91の“資産運用”の特集ページです。

それと、世田谷・杉並の読売新聞にタブロイドとしても
表紙にバーンと使ってもらえました。

ちょっとクラシックな感じで撮影していただいて、
写真の取り方で、こんな風に雰囲気が変わるんだ〜
と、なかなか気に入ってます(^^)
(ソファーの色が出しにくくてこうなったのかも?…だけど ^^;)

粘土の立体イラストでは、“かわいい”表現を求められる事が多いのですが、
こちらの雑誌では、立体が大人っぽい使われ方をするのでとても勉強になります。

粘土を使った立体イラストの可能性。
それが、お客さんのニーズに応えようとすることで広がっていって
仕事に・お客さんに育てられているなぁ…と思います。

* * *
本屋さんに行く機会があったら、ぜひチラッと覗いて見て下さい♪
[PR]
by tomokuro-55 | 2007-06-22 08:25 | イラスト&デザインお仕事 | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/5685037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。