立体イラストの撮影

昨日は、立体イラストの撮影でした。

撮影前日は、ど〜っしても徹夜になってしまい、
ギリギリの完成になってしまいます…(;□;)
もっと、要領良く作業できないものかしら…

f0143412_11233464.jpg

今回のお仕事は、“歌の絵本”の表紙のお仕事です。
まだ企業秘密なので、モノを見せられなくてゴメンなさい。
※写真の、手前で編集さんがいじくってる、転がっているのが作品です。

本は、今年の9月に発売になります☆
またお知らせしますので、その際には是非、手にとって見てみてください(^^)
ヒントは「たいこ」w。

撮影は、立体をセットするのが難しく、「キャラクターの目線を合わせる」などの
細かい部分にこだわって、よりカワイク撮るよう微調整をしながらの作業だったので、
3時間くらい時間がかかりました。

立体イラストの“目線”って大事なんですね。
ちゃんと目が合うと、「カワイイ!」って思う。
それって、人間と同じ(笑)?

実は、実際制作をしている本人は、ず〜っっと作品と向かいあって見続けているので、
これが本当にカワイイのか、だんだん分からなくなってしまうんです。
だから、こういった撮影の場で、編集さんやカメラマンさんの反応を見る事ができるのは、人の反応を直接感じる事ができて貴重です。

今回、関わって下さった方達が、楽しくお仕事してくれた様子を見て、
「私の子供達、グッジョブ!!」
と、一人コブシを握りしめたのでした。

皆さん、お疲れさまでした(^-^)

絵本では、中面での平面イラストも2展描きましたので、
仕上がりが今からとても楽しみです♪
[PR]
by tomokuro-55 | 2007-06-30 11:37 | イラスト&デザインお仕事 | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/5759269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。