イメージの力

この一週間の前半は、とある企画のプレゼンに取りかかっていました。

キーワードは「イメージ力」。

残念ながら力不足でプレゼンには通る事ができなかったのですが、
とても勉強になりました。

資料を探すために、2日間、新宿の大きな本屋さんに通い、
自分の思考の赴くがままに本を見て歩き回ったり。
そうしていくうちに、自分が集中していく様子は中々気持ちの良いものです。

いざ自分が創ってみようと思うと、
今存在する出版物、物語り、ゲームの世界観がどれだけ考え尽くして、
手が込んでいて良く出来ているのかが、よ〜く分かりました。

そんな資料を見てるうちに、
一番イメージの力のクオリティの高さで私の心に残ったのが、
“長編ファンタジー小説”です。

調度、今『ゲド戦記』を読んでいるところで、
仕事の合間の休憩時間、
本を開くとあっという間に私は「アースシー」にトリップしていました。
極上の現実逃避です(笑)

資料を探している間に、『ナルニア物語』にも出会いました。
賢いライオンの王様が治める国。
その設定だけでワクワクします。

国があって、地図があって、そこに土地の民族が暮らしていて、
その地図の切れた先には、果てしない海が広がっていて
…もしかしたら最果ての先にはまだ見ぬ陸地があるのかもしれない。

人間は知りたがり屋で、冒険好きです。
安定を求めると共に、相反して好奇心の固まりです。

今、人間は色んな事を知って、私たちが教わる事は、
かつて誰かが発見したモノばかりです。

分からない事があるって、ワクワクすることだなぁと思いませんか?
分からない事は恥ずかしい事では無くて、知るものが沢山あるっていう
ワクワクすることです。
知る事は冒険だし、例え誰かが見付けたものだとしても、
自分が始めて出会ったときには、自分にとっての発見です。

今の私は、ここで目の前の事を必死にこなしているうちに、
頭が凝り固まっていたことを痛感しました。
その事に気づけただけでも、大きな収穫かもしれません。。

イメージすることは「飛ぶ」ことです。

今の私は、「さぁ、飛んでごらん!」と言われて、
あれ?どうやって飛ぶんだっけ?あれ?こうかな?
…とバタバタして、いくら羽ばたいても地面から足が離れない
ウズラみたいだなぁ…と思いました。

そして、「飛んでみたいなぁ…」と青空を見上げているような、
そんな気持ちです。

『ニルスのふしぎな旅』のアヒルのように、いつか空を飛んでみたいな。
f0143412_21301789.jpg

[PR]
by tomokuro-55 | 2007-07-06 21:32 | イラスト&デザインお仕事 | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/5817088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。