アウトサイダー・アート☆

田口ランディさんのblogで、NHK教育の『新日曜美術館』にゲストで出演されるというのを知り、今日の午前中に久々にNHKを見ましたw。

「アウトサイダー・アート」とは、wikipediaから抜粋すると.....

“フランス語「アール・ブリュット」を英語表現したもので、
 芸術的訓練を受けていない、創造性の源泉からほとばしる真に自発的な表現”

“生(き)の芸術”


…という意味だそうです。

そんな「アール・ブリュット」の展示が紹介されていたのだけど。
すんごいです。。

知的障害者の作品がアール・ブリュットというカテゴリーなのではないのだけど、
そんな方達の多くの作品が紹介されていて、
ギュッと圧縮されたその人の命の表現は、ずっしりしていて。

20年かけた、自分の中にある太古の記憶の絵画とか。
毎日同じ事を書き続けた自分ルールで字が字でなくなった日記とか。
6ヶ月かけてびっしりと漢字でうめつくされた作品とか。
何の見本もなしに、下書きなしに、上空から見る街を描いてしまう作品とか。

その人の中から沸き出すものでもあるし、“降りてきた”ようなものでもあるし、
何と言うか、すごい!

生活するために作っている日々で、最近そんな沸き上げて来るパワーがないのを自覚してて、すごくうらやましくも感じてしまいました。

評価されるでもない、お金のためでもない作品。
でも淡々と静かに孤独に生きる人の中にある可能性。
小さく弱い芽が、必死に光に向かって伸びようとする力。
今の自分に足りないものだと感じるし、
今の時代に、そういうパワーがとっても大切な気がします。

現在、滋賀県のNO-MAという美術館で展示が開催中だそう☆
「ボーダレスアートミュージアムNO-MA」

5月24〜7月20日には、東京の汐留にも巡回展がくるそう!
ぜひぜひ、本物を観に行こうと思います!
興味がある方、ぜひ一緒に行きましょう〜♪
[PR]
by tomokuro-55 | 2008-03-02 15:34 | 観る・歩く | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/7583371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。