オルタナに!

『立体ヒャクテンマン展 13th』が、今年も無事に終わりました☆


今年で3回目の参加で、だんだんと顔見知りになった方達と1年に一度、
同じ会場でお会いできることに感謝!
そして、お会いできなかったけど、感想ノートに足跡を残して下さった
お友達やお仕事関係のお客さまにも、お忙しい中、足を運んで下さったことに感謝です!

来年も参加します☆
来年は、例年通りの真夏ではなく、うららかな春・5月の開催になるそうです。
また皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます♪

さて、次は9月後半からのグループ展『猫楽百貨』の準備です!
しばしフヌケになりつつ、のろのろと貯まった仕事に取りかかっていた所、
気合の入るニュースを目にしました!

f0143412_2318077.jpg

各月で発行される「オルタナ」という雑誌を購読しているのですが、
今回のテーマ“自然エネルギー”の表紙に募集していたイラストの
優秀作品が載っているページに、何と!二人も知っている人を見付けたんです!!

一人は、『猫楽百貨』でも一緒に参加しているホリローちゃんこと、堀口ようこちゃん。
彼女は、今年の4月から“農”と“絵”を両立すべく、農家さんへ働きに行きながら絵を描く…というチャレンジを初めてガンバっているところ☆

そしてもう一人は、サカタルージさん。
ルージさんは、イルカを愛するイラストレーター(笑)。
私がフリーになり初めた頃、『クリエイター20人のジャックと豆の木・絵本展』や
『クリエイター達のマッチ屋 vol.2』でご一緒しました。
ルージさんも環境のことに関心があって、「オルタナ」を読んでいたんだー!
…と思って懐かしく嬉しい気持ちになりました♪

「オルタナ」は、“環境と社会貢献と「志」のビジネス情報誌”とうたった雑誌です。
理想ではなく、社会参加する私たちの仕事と生活の中で、実際に何ができるのか、
色々な人や会社がどんな活動をしているのかが書かれています。

私たちの発展が、贅沢と心地よい暮らしとテクノロジーで行き詰まるのではなく、
その先があって、今現在でも先を見ているパイオニアたちがいるんだなっていう事が分かります。

仕事や会社にも、心があるんですね。
これからの時代は、心の発展のような気がします。

私も自分が学ぶべきことを見据えて、
心の中に根っこのある生き方がしたいなと、今、とても感じています。

私のテーマは、色んな人から本から、
何度も何度も言ってもらっていた事だったんだと、最近やっと気付いたところで、
いくら周りから沢山のヒントをもらっていても、自分が手を伸ばそうとしていないと、
心に入ってこないんだなぁ…と改めて思いました。


あなたの学ぶべきテーマはなんですか?
[PR]
by tomokuro-55 | 2008-08-05 23:20 | 私にできるエコ | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/8781345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。