何%の力で働きますか?

今日はウクレレ教室の後、カーニバルさんのグループ展へ伺いに、
小田急線の経堂というところまで行きました。

f0143412_21452329.jpg
↑カーニバルさんにもらった名刺。カワイイ!


* * *

最近、万歩計を買って、「一日、10,000歩歩こう!」キャンペーンを開催中です。
なので、いつもは自転車で移動するウクレレ教室や駅までも、
歩数を稼ぐためにもちろん徒歩。

さすがに遠出すると10,000歩は越えるみたいです。
やった〜!

少し疲れましたが、
展示の内容がレベルが高くてビックリ!
送っていただいたDMをちらっと見て、ムム?と思っていたのだけど、
やっぱり完成度の高い作品ばかりで素敵でした〜

知り合っては数年経つのですが、カーニバルさんご本人にもやっとお会いすることができました♪ 思った通りに、ノッポで穏やかな方でした(笑)

段ボールを使った、かわいい時計の作品。
デザインの完成度が高いので、見ていて清々しい気分になります。
ハトの丸時計がとってもステキ☆

さくっと帰るつもりが、お友達の方達と沢山おしゃべりして、ずいぶん長居してしまいました。おまけにビールもいただいてしまって…
みなさん、制作の現場で働く方達なので、おもちゃ業界のあれこれ、キャラクタービジネスのあれこれ、 裏話を聞けて面白かったです。

その他、「何%の力で仕事をするか」の話が興味深かったです。

「70%の力を常に保ち続けるのがプロだ」 という意見や、
「120%の力で自分をおいつめてテンションを上げて良い仕事をし、
 その後30%の力でお休み時間が必要。そのくり返し。」 という意見。

どちらが良いとかではなくて、 自分がどんなタイプの人間で、
どんなやり方が向いている(自分の力を引き出せる)かなんだよなぁ〜。

自分のことを振り返ると、以前は完全に…
「120%でガンバリ、ガンバリ過ぎて燃え尽き症候群」タイプだったと思います。

でも、そのやり方は精神的にも肉体的にもダメージがありすぎて、
長くずっと続ける事を目標にするには、全体の力をアップしてアベレージを上げ、
その100%の中の70%の力で普段の仕事をこなす方が良いな
…と思うようになりました。

そして、いざという時の力をためておいて、
いざという時にだけ100〜120%の力を出す。

それが理想だなと、今は思います。

続けていくことの底力というのは、少しずつ少しずつアベレージを上げていくこと、
全体的な体力をつけていくこと…なんですね。

続けていくうちに、色んなものを吸収し、色んなものをぶら下げるようになった時に、
今度は余計なモノを選択してそぎ落していく。
その潔さを身につける事。
その過程を踏む事、それが「続ける事」なんですね、きっと。


おぃ、トモ。 先は長いぞ…(笑)!
[PR]
by tomokuro-55 | 2008-11-16 21:52 | 観る・歩く | Trackback
トラックバックURL : http://tomofield.exblog.jp/tb/9680387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。