カテゴリ:イラスト&デザインお仕事( 85 )

まだまだ暑い日が続いていますが、
吹く風や、夜の虫の声がすっかり秋を感じさせるようになりましたね。

私も、苦手な夏を何とか越せて、元気が出て来ました。
もっとガンバってバリバリ描きたいです☆ よろしくお願い致します!
…と言うわけで、最近のお仕事をアップしてみました。

* * *
f0143412_16545344.jpg
まずは、今月発売中の『おはよう奥さん10月号』(学研)で
付録「100円献立」などで描かせていただきました。
やりくり上手なお母さんに、必見です☆

f0143412_1657287.jpg
ここ最近『安心』(マキノ出版)さんにもお世話になっております。
8月号では「スイカ・デトックス」特集で、スイカ糖の作り方など。
9月号では「小指湿布」特集でカットを描かせていただきました。
今月号、来月号にも描かせていただきました、書店でぜひ。僕と握手!(←?)

私のイラストは、健康関係の媒体に使って頂く事も多いのですが、
読みながら自分も勉強になります。
指示原稿を読みながら、ながらストレッチしたり、
小指湿布ももちろん試してみました!…効果はあった気がしますw

この他、イラストマップのお仕事も、度々いただくようになりました。
こちらは、東京薬科大学のキャンパス内にある「薬用植物園」のイラストマップです。
f0143412_16482986.jpg
こちらは、現地へ取材に行き園内をカメラ片手に散策しながら取材をして描きました。
真夏の炎天下でしたが、森の中で緑に囲まれての取材は楽しいものでした♪

イラストマップは、やはり現地で自分で歩くのが一番!
人間の感覚ってすごい物で、撮ってきた写真に写っていない所を
記憶で繋ぎ合わせていくです。しかも、ちゃんと方位も認識しながら。
マップを描く際には、もらった資料でない方向から描かなければならない事が
多々あります。
そういう時に、現地で3次元で見てきた自分の記憶が資料になります。
それと、正確な地図上の距離感覚と、実際に人が歩いた時の距離感覚の
違いがあって、それを踏まえてディフォルメしていくと、楽しいマップになります。
面白いですねー

f0143412_175523.jpg
そしてこちらは、某損害保険会社のパンフレット用に描いた家族のイラスト。
安心・確実感を出すために、ブラシで柔らかく・かっちりとしたタッチにしました。

f0143412_1733615.jpg
そして最後に、こちらはプレゼン用に描いた“ハチ”のイラスト。
残念ながら、企画が流れてしまいお蔵入りになってしまったのですが、
カワイク描けました♪

* * *

どのイラストも微妙にタッチを変えているのがお分かりでしょうか?
目指すは“イラスト職人”!! .....的な道を歩いているようです。

この所、立体のお仕事が無いので、
手が鈍らないようにコチョコチョと小さなクレイグッズを作っています。
近々アップしますので、お楽しみに!
[PR]
f0143412_2082188.jpg
今日は、「ヒャクテンマン展」で先輩イラスト−レータさんから
紹介していただいたお客さんへファイル持ち込み営業をさせていただきました。

大崎にある、立派な自社ビルの会社です。
(って言ったら同業者の人は分かるかなw?)

今まで、営業をする時には、
「さ!営業するぞ!」
と意気込んで、期間集中で売込む事が多かったのだけど、
これからは常に動ける自分でありたいと思ってます。

というのも、グループ展やちょっとしたパーティで先輩やお友達に
紹介してもらった、ご縁のある繋がりを大事に紡いでいきたい。
…と思うようになったからです。

仕事に繋がっても、繋がらなくても、
「創りたい」と思っている人達の思いはどこで繋がるか分からないから。
そんな触手を、どこまでも伸ばしていきたいと思います。

I love creation !!

小時間、お話させていただいて、
その後、近くにある「原美術館」まで散歩。
入り口まで入って、出て来ました。
見てるだけ〜 w

心惹かれる展示タイトルだったら奮発して観ようかと思ったけど、
自分のアンテナが反応しなかったのでやめときました。

原美術館って、個人の邸宅を改築して美術館にしたものなのだけど、すっごくステキ。。。
セレブな知識人が、ちゃんとインテリだった頃の、古き良き時代を感じます。
明治〜大正〜昭和初期の建築物って、何でこんなに素敵なんだろう。

* * *

最近、銀座にあるという「奥野ビル」も気になります。
ちらも昭和初期のもので、現在はギャラリーやショップ利用をしているそうです。

24日まで松屋銀座で開催中の「ムットーニ」さんの展示に行きたいと
思っているので、その時のぞいてこようと思います。

やー 秋になって、色んな物を鑑賞したい気分満点です☆
あぁ、お金が飛んで〜ゆ〜く〜(;▽;)
[PR]
この一週間の前半は、とある企画のプレゼンに取りかかっていました。

キーワードは「イメージ力」。

残念ながら力不足でプレゼンには通る事ができなかったのですが、
とても勉強になりました。

資料を探すために、2日間、新宿の大きな本屋さんに通い、
自分の思考の赴くがままに本を見て歩き回ったり。
そうしていくうちに、自分が集中していく様子は中々気持ちの良いものです。

いざ自分が創ってみようと思うと、
今存在する出版物、物語り、ゲームの世界観がどれだけ考え尽くして、
手が込んでいて良く出来ているのかが、よ〜く分かりました。

そんな資料を見てるうちに、
一番イメージの力のクオリティの高さで私の心に残ったのが、
“長編ファンタジー小説”です。

調度、今『ゲド戦記』を読んでいるところで、
仕事の合間の休憩時間、
本を開くとあっという間に私は「アースシー」にトリップしていました。
極上の現実逃避です(笑)

資料を探している間に、『ナルニア物語』にも出会いました。
賢いライオンの王様が治める国。
その設定だけでワクワクします。

国があって、地図があって、そこに土地の民族が暮らしていて、
その地図の切れた先には、果てしない海が広がっていて
…もしかしたら最果ての先にはまだ見ぬ陸地があるのかもしれない。

人間は知りたがり屋で、冒険好きです。
安定を求めると共に、相反して好奇心の固まりです。

今、人間は色んな事を知って、私たちが教わる事は、
かつて誰かが発見したモノばかりです。

分からない事があるって、ワクワクすることだなぁと思いませんか?
分からない事は恥ずかしい事では無くて、知るものが沢山あるっていう
ワクワクすることです。
知る事は冒険だし、例え誰かが見付けたものだとしても、
自分が始めて出会ったときには、自分にとっての発見です。

今の私は、ここで目の前の事を必死にこなしているうちに、
頭が凝り固まっていたことを痛感しました。
その事に気づけただけでも、大きな収穫かもしれません。。

イメージすることは「飛ぶ」ことです。

今の私は、「さぁ、飛んでごらん!」と言われて、
あれ?どうやって飛ぶんだっけ?あれ?こうかな?
…とバタバタして、いくら羽ばたいても地面から足が離れない
ウズラみたいだなぁ…と思いました。

そして、「飛んでみたいなぁ…」と青空を見上げているような、
そんな気持ちです。

『ニルスのふしぎな旅』のアヒルのように、いつか空を飛んでみたいな。
f0143412_21301789.jpg

[PR]
昨日は、立体イラストの撮影でした。

撮影前日は、ど〜っしても徹夜になってしまい、
ギリギリの完成になってしまいます…(;□;)
もっと、要領良く作業できないものかしら…

f0143412_11233464.jpg

今回のお仕事は、“歌の絵本”の表紙のお仕事です。
まだ企業秘密なので、モノを見せられなくてゴメンなさい。
※写真の、手前で編集さんがいじくってる、転がっているのが作品です。

本は、今年の9月に発売になります☆
またお知らせしますので、その際には是非、手にとって見てみてください(^^)
ヒントは「たいこ」w。

撮影は、立体をセットするのが難しく、「キャラクターの目線を合わせる」などの
細かい部分にこだわって、よりカワイク撮るよう微調整をしながらの作業だったので、
3時間くらい時間がかかりました。

立体イラストの“目線”って大事なんですね。
ちゃんと目が合うと、「カワイイ!」って思う。
それって、人間と同じ(笑)?

実は、実際制作をしている本人は、ず〜っっと作品と向かいあって見続けているので、
これが本当にカワイイのか、だんだん分からなくなってしまうんです。
だから、こういった撮影の場で、編集さんやカメラマンさんの反応を見る事ができるのは、人の反応を直接感じる事ができて貴重です。

今回、関わって下さった方達が、楽しくお仕事してくれた様子を見て、
「私の子供達、グッジョブ!!」
と、一人コブシを握りしめたのでした。

皆さん、お疲れさまでした(^-^)

絵本では、中面での平面イラストも2展描きましたので、
仕上がりが今からとても楽しみです♪
[PR]
f0143412_8182878.jpg


いつか、“素敵な女性”として取り上げてもらいたいなぁ…
なんて思ってしまう雑誌ですが(笑)、

本日発売の『婦人公論(7/7号)』に、立体イラスト載ってます☆
表紙は加賀まりこさん。

P89〜91の“資産運用”の特集ページです。

それと、世田谷・杉並の読売新聞にタブロイドとしても
表紙にバーンと使ってもらえました。

ちょっとクラシックな感じで撮影していただいて、
写真の取り方で、こんな風に雰囲気が変わるんだ〜
と、なかなか気に入ってます(^^)
(ソファーの色が出しにくくてこうなったのかも?…だけど ^^;)

粘土の立体イラストでは、“かわいい”表現を求められる事が多いのですが、
こちらの雑誌では、立体が大人っぽい使われ方をするのでとても勉強になります。

粘土を使った立体イラストの可能性。
それが、お客さんのニーズに応えようとすることで広がっていって
仕事に・お客さんに育てられているなぁ…と思います。

* * *
本屋さんに行く機会があったら、ぜひチラッと覗いて見て下さい♪
[PR]