f0143412_1127275.jpg

* * *

先日、先月に引き続き、先輩イラストレータさんたちe-spaceの軽音楽部に
おじゃまさせていただき、ギターを教えていただきました♪

こちら、私のいる初心者チームの方と遊びにいらしたトーマスさん。
うぅっ! なんか突っ込みどころ満載ですっ(笑)!!


がんばれ初心者Eチーム!!!

[PR]
f0143412_21371414.jpg
今日、私が通っているウクレレ教室の発表会がありました。


* * *


場所は川崎のCLUB CITTA'、
知っている人は知っているライブハウスだそうです。
天井が高い、立派な会場でしたよー

開演前にメンバーで集まり、最終練習をしました。
会場近くに良さそうな小さな円形ステージがあったので
練習していると、ぱらぱらとギャラリーが集まってきて
演奏を聞いている人がいて面白かったですw

私たちチームの発表の様子が上の写真です。
曲は『Pinapple princess』。
真ん中のむくむくしてるのが私でーす。

去年からのホルモンバランスの乱れによる生理不順と、
その治療の半年で10kg以上も太ったので、
まぁ、現実はこんなものなのですね〜 ほほほ(^^;)
でもがんばってきたから良いのです♪

f0143412_21373797.jpg
むくむくしながらもがんばってきましたよ☆
↑ソロのパートを演奏しているところ 気合入ってますw


結果は、練習の時は完璧!と思えるできだったのに、
ステージに立ってみるとあれれ?緊張してるの?私ってば?
…で、思ったように指が動かずでちょいちょいミスもしてしまい、
くやしーっ(><)でした。


「練習ではできても、本番では練習の六割しかできない。
 八割までもっていけたらいいところだ。」



というのは、講師の斉藤先生がいつも言っていることで、
これからのもう一ランク上の練習は、
本番での出来の確立をあげることだなぁ…と思いました。

でも、メンバー皆で一生懸命練習して、
もっと上手になっていくことや、
一緒にステージに立って同じ緊張を味わうのは本当に楽しかったです♪

みなさんありがとう〜☆

他のクラスの方達も、それぞれ一生懸命演奏して楽しんでいて、
楽しかったです(^○^)


f0143412_21381214.jpg
こんなかわいいアロハな衣装や



f0143412_21383034.jpg
こんな大所帯でのチームも!


ソロでステージに立つ生徒さんはさすがな演奏で、
同じ楽器でこんな音も出せるんだよなぁ…と思ったり。


f0143412_21384518.jpg
〆の講師演奏。


講師チーム「なんちゃってハワイアンバンド」では、
“ウクレレではやってはいけない曲”を演奏するというコンセプトだそうです。
故マイケル・ジャクソンの「Black and white」もやってくれました♪

打ち上げでは、去年会った他の教室の方達が私の事を覚えてくれていて
嬉しかったな〜 お腹もいっぱい精一杯やったので気持ちも晴れ晴れです☆

色々と反省点はあるけれど、
聞いてくれた人達からはおほめの言葉をもらえるところもあったし、
まぁ、また来年がんばりましょう☆

来年は体型も元に戻してスッキリしてステージに立ちたいと思います(^▽^;)/
ま、スッキリしてなくても腕っぷしは上げておきたいところです!w





f0143412_0313761.jpg
★もすこしムクムクでない写真があったので、
追加アップで婚活だー!(…ちがうか ^^;)

[PR]
f0143412_18521286.jpg
今日はヤマハがお盆休みのためウクレレレッスンはなかったのですが、
同じクラスの女性と待ち合わせて、発表会の衣装?を買いに行きました☆


* * *

なるたけ簡単でお金のかからない方法で、
「パイナップルプリンセス」っぽいもの…

ということで、100円ショップで
パイナップル色のバンダナと、カラフルなレイを買ってみました〜

白いシャツにジーンズで、
このバンダナとレイをそれぞれ好きなようにどこかに身に付けてくださーい
…って感じで(^^;)

さてさて、どうなることやら??
[PR]
f0143412_15141642.jpg

買っちゃった…


* * *


先週のウクレレレッスンは、今月22日にある発表会の合同練習で、
個人レッスンを受けている人も来てくれて合計6人での初めてのレッスンでした。

曲は『Pinapple princess』。
やってみて改めて気付いたのですが、ベース担当って私一人なんですねぇ…
大勢になってみると一人きりのベースが大切な役割だということが改めて分かって、

「や、やばい…(汗)」

と冷や汗が出てきた次第なのです…


個展準備〜個展の出費がまだ痛手をひきづっていて、
夏の間、本当に厳しい生活でウクレレピクニックも今年は断念したほどなのですが(涙)、ふらりとサイクリングがてら立ち寄った地元の楽器屋さんに寄ってみたら…


メトロノームって… す、すてきっ!!


と盛り上がってしまい、衝動買いしちゃいました…(; ▽ ;)
思っていたよりちょっと高くて、一番安いのでも¥3,150。
でもでも、やっぱりステキ☆
音楽の道具ってなんて機能美なのぅ〜

一生おつき合いする道具だし、やっぱり買って良かった…んだ!そうっ!!
(無理やり.....)

この型のメトロノームは全部で6色のバリエーションがあって、
ピンクでメモリが金色の女子ラヴリーなのと、このアイボリーと悩んだのですが、
「一生のおつき合い」というのと、部屋との相性とを考えて、
無難なこちらを選びました。

店員のお兄さんにはピンクをゴリ押しされたのと、
ピンクで女子力上げた方がいいかなぁ…とで悩んだけど、
アイボリーでも十分に練習するテンションが上がります☆

まだまだ頼り無いベースなので、
これでもうちょっと体にテンポをしみ込ませたいと思います。

リズムとかって鍛えてない能力だから、なまり切ってて練習が新鮮です.....(^ - ^;)


チームのみなさん、待っててねーー
[PR]
f0143412_19201352.jpg

DM用データを明日、遅くても明後日には入れなきゃ〜っ!!

…と、せっせと作品作りをしつつ、
ちょっと抜けて、ウクレレ発表会に行って参りましたー

* * *


地元のヤマハ主催で、二駅先の自転車でピューッといける所なので、
ピューッっと飛ばして、新所沢のローソンの地下にあるライブハウスへ。

自分の参加する、前半の2時間半だけ参加して、
またピューッと帰ってきて、せっせ、せっせ…

後半の最後には講師演奏があるので聞きたかったけど、
前半だけでも見れて、参加できて、楽しかったです〜♪

(自分の演奏は、……だったけど…… -_-;)

こうゆうアマチュアの参加ライブで、
下は小学3年生から、上はおばあちゃままで、
老若男女参加できるイベントっていいなぁ〜って思いました。

小3の男の子がドラムを叩いて(しかも上手い!)、
おじさんがボーカルで、おにいさんがベースで、
お姉さんがコーラス。

そこに先生がサポートに入ってくれるから、
上手に演奏できない人も、自分が一生懸命やればいい。

音楽に、年代なし!
音楽に、国境なし!

ロックだろうが、ポップだろうが、ハワイアンだろうが、
インド民謡だろうが、音楽を楽しむ気持ちは一緒☆

音楽って、ほんとうにいいものですね♪



…ささ、今日中に終りが見える所までしあげなきゃ。。
[PR]

今日は、いよいよの日!

同じ教室の方が勤める老人ホームへ、
ウクレレ・ボランティアライブをさせてもらいました〜☆


* * *

余裕がなくて、写真を撮るのを忘れてしまったのですが.....(^-^;)

今回、お邪魔させていただいたのは東京聖労院という社会福祉法人の、清瀬にある清雅苑というホームで、デイケアにいらっしゃる方達のお昼時間前のリクリエーションの時間をお借りして、演奏させていただきました。

老人ホームへは二度目なのですが、ホームによってお年寄りの症状の重さが
色々なんだなぁ…と思いました。
今回聞いて下さる方達は、通いのデイケアにいらっしゃる方達なので、
なかなか元気な方もいらして、なかなか盛り上がりましたよ〜w

結局、同じウクレレ教室の同じ教室の方達を誘って、4人で演奏しました。
クリスマス時期なので、赤か白の洋服&ジーンズという服装で合わせて。

演奏したのは、以下の6曲。


★ クリスマス曲 ★ ・ジングルベル
           ・サンタが街にやってきた
           ・きよしこの夜


★ 昭和歌謡曲 ★  ・あこがれのハワイ航路
           ・青い山脈
           ・上を向いて歩こう



クリスマス曲に関しては譜面があったのだけど、昭和歌謡曲の3曲はウクレレの譜面など見当たらず、やむなくギターの譜面を探し出したのですが、「あこがれのハワイ航路」だけは見つけられずに、自分で耳コピーでコードを探してみました。
あやしい部分ありありのコードを、授業の合間に先生をつかまえて添削してもらってみたら、やっぱり間違ったところがあって、直してもらいました。

そんな感じで挑んだライブ。
思いのほか、広いスペースでの演奏で、お客さまのお年寄りもほとんど席いっぱいについてらっしゃって、30人以上はいらしたのではないでしょうか?

最初のクリスマス曲の時には、こちらの演奏もギクシャクしてしまったのもあり、何だかじ〜っと見つめられているようで、「だ、大丈夫かしら??」と思ったのですが、どうやらウクレレのリクリエーションは初めてだったそうで、ウクレレの音というのがどういうものなのか、じ〜っと聞いていたようですw

だんだんと演奏が進むと、みなさんの“場”が暖まってきて、
昭和の3曲は、スタッフの方が用意してくれた模造紙に書かれた歌詞カードを見ながら、みなさん一緒に歌ってくださいました♪

沢山の拍手もいただいて、演奏中に皆さんを見ると、
嬉しそうに手拍子をしてくれたり、笑顔だったりして、とても嬉しかった〜♪

私は言い出しっぺの責任として(?)、
「青い山脈」の前奏のメロディーを弾くのにチャレンジしてみたのですが、
最後にマイクで自己紹介とご挨拶をした時に、
「上手だったよ!」
と声をかけていただきましたw

まだウクレレ教室に通って1年ちょっとのメンバーで、つたない歌とウクレレだったけれど、それでもこうやって喜んでもらうことができるんですよねぇ…。

私は祖母・祖父と一緒に過ごした記憶があまりないのですが、
お年寄りって、必要なんだなぁ…と思いました。
私たちが、孫のような年齢で、こうやってここに来て何かをしただけで喜んでもらえる体験って、暖かくていいなぁって。

もちろん、私が感じたのは「いいとこ取り」な所です。

演奏の後、お茶をごちそうになった後で、ホームの2階・3階にある、
特別養護施設を見学させていただきました。
こちらは通いではなく、認知症や身体的にお世話を必要とする方の宿泊施設です。

お食事が終わった後の、休憩されている所を見せていただきました。
車椅子の方達が半分くらい。手や鼻にチューブがある方もいらっしゃいます。

一緒に演奏した男子がリハビリ師さん(STというそう)で、
彼が言うには、見学した限りでは、まだ軽度な方だと言っていました。

ホームのスタッフでウクレレメンバーの女性は、
人間って、それでも生きてるってすごいなぁ…と思うと言っていました。

普通に暮していると、こういう介護の現場とかを見ることが全く無くて、
あぁ、私たちの暮らしって、なんて「介護」とか「老いる」とか「死」とかと切り離されているんだろう…と思いました。

だれもがいつかは辿り着く所なのに。

私は行ったことがないけれど、インドへ旅行した人は、
ガンジス川に流れる死体や、鳥葬(遺体を鳥に食べさせて“天に送り届ける”葬儀)を見て、衝撃を受けたり、死について考えたりする…と聞くことがあります。

でも、日本にいても、日常の中でも、死はすぐ隣にあるものだし、
インドに行かなくても“メメント・モリ(死を想え)”はできるはずなのに…と想う。

「死」を遠ざけていることは、
今の日本の生きにくさの原因の1つでもあるとも思います。

喜んでくれたお年寄りたちの笑顔の暖かさとか、
そういう大事なものも一緒に遠ざけてしまっているようで、
実は人生って、プラスの部分からのみが得るものではないと思うのです。

「安らぎ」とか「癒し」とか、そういうのは、
誰の目にもとまらない、ひっそりとした、ちょっと湿った、
暖かい所にあるような気がするのです。
[PR]
f0143412_9485142.jpg
先々週の土曜日にあった、ウクレレの発表会「ビーチ de ウクレレ」の
写真をお友達からいただきましたー


私ともう一人の女性チームは、パンジャミドレス。
男子チームは、クルターパジャマという、インド民族衣装で揃えました。
だって『異邦人』だから(笑)!

初めて参加するものだから、
間違えて(?)衣装に気合を入れ過ぎてしまったようです。。
ま!それはそれで、楽しめてもらえたと思うのでOKでしょう♪

ボランティアや、友達のお店の小さなパーティ、披露宴の余興…などで
弾いた経験はあったのだけど、ちゃんとしたステージで弾いたのは
すごく緊張しましたー

先週のレッスンの時に、録音してもらった音源を聞いたのですが、
自分が思っていたよりは出来ていて、ちょっと安心(^^;)

「人前で弾くのは、100回の練習に値する」

…とは、先生がよく言っている事なのですが(ちなみに左の男性が先生)、
ステージに立ってみて、よ〜っく分かりました。

まず、仲間の音が聞こえない!
マイクで音を拾って、スピーカーから出る音の方が大きいので、
隣の人の音がよく聞こえないんです。

それと、緊張して焦って、どうしてもテンポが早く“走って”しまいます。

途中で、先生が何か言ったのに気が付いて、あ、走ってるんだ!
と思ったので、耳で音を聞いて合わせる事ができないので、
先生の手を見て、リズムを合わせたりしました。

それと、どうしても自分の演奏だけに夢中になって、人に見られている事を意識しなくなるので、できるだけ姿勢よく前を向くと、「見た目」が上手に弾いているように見えるんです。

だから、へたくそでも堂々としてた方が良いみたい。

…と、色々と勉強になりました☆

他のチームや、講師演奏も聞く事ができて、
自分よりず〜っっと上手な人達を見て、
「ウクレレってこんな音が出せるんだぁ〜」と改めてウクレレの可能性が分ったし、
もっともっと上手くなりたい!! と、思いました。

よーし! 練習がんばろう!

(…というか、その前に仕事と今週金曜日からの展示の制作だろ、オイ.....汗)


f0143412_1095490.jpg
こちら、演奏後のインタビュー。 なぜか、「くしゃっ」としたワタクシ.....

[PR]
先日の日曜日、短大時代(英文科の女子短大生でした…)の友人の結婚式でした。

f0143412_1320277.jpg

そこで、友人と2人で歌を歌う余興をする事になったので、
ベタなところでKiroroの『未来へ』を、私がウクレレで伴奏をして歌ってみました♪


ウクレレコードは、ネットで見付けたギターコードを少しアレンジしてみて、
前奏、間奏、終わりの数小説は何となく弾いてみて。
人前で演奏するのは何度かやったことがあるので、もう慣れたかと思っていたのに、やっぱり緊張しているのか、後半ちょっとずつピッチが上がってしまっていたようで〜。

演奏中に友達が目配せをするので、ニッコリ微笑み返してたら、
そうじゃなくて「早くなってるよ!」のサインだったそうでした.....ごめ〜ん

まだまだ修行が足りん!
…とは思いましたが、滞り無く終わり、皆さん楽しんで下さったみたいで良かったです♪

今回は珍しく、ドレスにショール、パールのネックレス...と女子らしい格好を揃えたので、ドレッシーなライブでもOKです!…な〜んて(笑)
もっとウクレレと歌が上手くなりたいなぁ。

ほんわかとした結婚式と披露宴で、二人の幸せオーラを浴びさせてもらい。
ホクホクと持ち帰った引き出物は…

f0143412_13204690.jpg

思わず「きゃっ!」となってしまった、インパクトな名前入りグラスでした.....

[PR]
f0143412_2265363.jpg
ウクレレの先生のつてで、今度はハープの先生の名刺を作る事になりました☆


今日、お茶をしながら打ち合わせ。
その時に、小さな小さなハープをお借りしました!
こんなに小さくても、大きなハープに使うのと同じ木材、同じ弦で出来ている立派な楽器で、音もちゃんと出るしチューニングもできます!

とってもとってもステキです〜♪

* * *

軽い打ち合せの後、先生と色々お話できました。

何て言っても、ハープで食っているなんてすごい!
結婚もちゃんとwされていて、お茶を一緒にしたお嬢さんは高校生。
ヤマハでドラムを習っているそうで、音楽親子なんですね〜。
姉妹みたいに仲良しでステキ!

そして、音楽とイラストでジャンルは違うけど、「フリーで食っている」
同じ不安を抱えているということで、とっても共感するお話が聞けました。

前に、ウクレレの先生とお話した時に、
「上手い人がプロになれるわけではない。」
…と話していたのを思い出して、ハープの先生にも聞いてみました。
じゃあ、どんな人がプロになれるのかという答えに、

「運と根性かな(笑)」

という言葉を聞いて、ホントにそうだわーーーー!!!
と大きく共感!!

私、仕事に対する根性だけは自信がありますw
でも、確かに根性だけで今まで仕事を続けてこれたのでは決してありません。
沢山の沢山の人に助けてもらって、やっとここまで来れたんです。

それが「運」なんだな、きっと。

実力があってもプロになれるわけじゃない。
先生の友達でも、音楽を辞めてしまった人が沢山いるそうです。

まだまだ余裕がなく、時々自信がなくなる事もあるけれど、
今、こうやって続けていられる事が有難い事なんだなぁ…と思いました。

※写真のように、小さなハープです☆
 隣のりんごは、中村くんにもらった紙でできたリンゴ。
[PR]
f0143412_114983.jpg
今日は、粘土の師匠・森井ユカ先生のおうちで粘土な仲間と新年会でした!


天窓から東京タワーの見えるステキなお家にうっとり・・・
久々に会える顔、はじめましての顔。
お鍋やら持ち寄りのお菓子やらでワイワイ楽しい時間でした♪

お粗末ながら、歌とウクレレも弾かせてもらいました(^^)
真剣に聴き入る皆さんにタジタジでしたが(笑)、
楽しんでもらえたみたいで良かったです〜
今度は、口笛と鈴でみんなで一緒に歌えると良いかも☆

何を目指してるのか、ライブの修業を積んでおります!
弾いて歌えるイラストレーターへの道は長〜い。
[PR]