カテゴリ:私にできるエコ( 80 )

f0143412_2115766.jpg
↑ 就学児童用(対象年齢 7~12歳)のぬり絵イラスト

先日の小瀬田でお会いした大学生の男子に声をかけてもらい、
「ぬりえ日本」というプロジェクトに
参加させていただくことにしました♪


* * *


被災地の方たちの心のケアのために、
画材と一緒に「ぬりえ」を届けようという活動だそうです。
それはぜひぜひ♪ ということで、描き描き…♪

応募要項をよ〜っく読んだら、
「設定年齢から1つを選び」…と書いてあったので、
1点しか採用してもらえないのかもだけど。。
時既に遅し…
2点のぬり絵イラストを描いてしまいました…(汗)

f0143412_2195144.jpg
↑ 高齢者用(対象年齢 60歳~)のぬり絵イラスト


お子さんと、お年寄りと、どちらにも楽しんでいただけたら良いなと思って、タッチを変えて描いてみたので、どちらも被災地に届けてもらえるといいな〜

今回は、線画をMacを使ってではなく、
ポスカとサインペンを使って手描きで描きました。
手のぬくもりが伝わるといいなーと思って。

今の私は自分の生活で精一杯で、現地にボランティアに行くことはできないのだけれど、こうやって、実際に行けなくとも何かの形で協力できるような活動をしてくださる方たちがいるのは、ありがたいことだなぁ…と思います。

本とマンガの寄付、
「継いで、繋ないで、接なげていくプロジェクト」に布を、
「ぬりえ日本」にイラストを。

ほんの少しでも、
東北の方たちのお役に立てていますように…☆


--- end ---
[PR]
f0143412_11114087.jpg

昨日「小瀬田プロジェクト」に初めて参加しました☆
 ↑ 写真はランチのタイカレー♪  


* * *


ちらほらと以前からお誘いされてたのだけど、
やっとこ第一歩を踏み出せたかんじです。
…というのも、一緒に参加してくれた嵐山のリエちゃんのお陰だけど…(^^;)

「NPOふうど」でバイオガスによる自然エネルギー活動をしている
ぶくぶく農園の桑原さんにもやっとお会いできました。

f0143412_11244748.jpg
↑ 桑原さん


参加者の方たちも個性的な方たちで、
ホントに小川町って何かの発信地なんですね〜!

今回の小瀬田プロジェクトでは…

f0143412_11273941.jpg
↑ さつまいも紅東の作付けをしたり



f0143412_11282322.jpg
↑ じゃがいもを掘ったり



f0143412_11292118.jpg
↑ カブトエビを見つけたり



f0143412_11285340.jpg
↑ ヤギに会ったり



…そして、
オオムラサキという蝶の放蝶会を体験させてもらいました☆

出会った最初っからヤギと格闘して
「オレには勝てないんだぞ!」と怪しかった…
昆虫博士の通称・バカボン先生が育てた、
美しい蝶・オオムラサキ。

暗い箱から急に明るいところに出ると、
蝶はビックリしてしばらくじっとしているのだそうです。
その間に、じっくり観察できるんですって。

初めて間近で、こんなに美しい生き物を見ました。

f0143412_11341698.jpg
↑ 指にとまってじっとしてます♪


f0143412_1135137.jpg
↑ 真っ正面アングルなんて…!
「モスラ〜っや モスラ〜♪」


f0143412_11354211.jpg
↑ 女の子も、オオムラサキも、かわいい〜♡



色んな体験をして、色んな生き物に出会って、
色んな面白い人もいて、盛りだくさんな一日でした〜


--- end ---
[PR]
f0143412_13365492.jpg

ちょっとご無沙汰しました〜
実は先々週は、風邪で熱をだして寝込んでいました…(^^;)

で、先々週末は「米酒の会」の田植えのお手伝い、
先週末は嵐山の「つまみ農場」の田植えでした☆
(※写真は、米酒の田植えの様子です)


★「米酒の会」ブログもアップしましたのでご覧ください ♪
↑コチラをクリック


* * *


米酒の田植えでは、さすがに病み上がりだったので、
写真と取材と皆さんとの触れ合い(笑?)だけにとどめましたが、
先日のつまみ農場の田んぼには、
ジャバジャバと裸足で入りましたよ!

なんだかんだでもう4年くらいお手伝いしてる田んぼなのかな、
今年はいつもより水が冷たくて、
思わず「つめた!」となりました。

つまみメンバーのおじさんたちも作業に慣れて来たのか、お天気が暑くも寒くもなくてちょうど良かったせいか、いつもは午後までかかる作業が、午前中で終わってしまってビックリ☆

私個人の成長としては、
まぁ翌日は疲れてダルダルはしましたが、
田んぼの泥の中でヨレヨレしなくなりました♪

多分、2月から通っているフラのお陰な気がします。
フラは膝を折って腰を落とす、中腰をキープして踊る踊りなので、
なにげにすご〜っくキツいんです…(* o *;)
少しずつでも、足腰に筋力がついてきて安定感がついてきたのかなーと思うとうれしかったりしました♪


…で、作業が早く終わった分、
打ち上げの飲み会が長かった…です(笑)
ビールに始まり、日本酒、ワイン(赤&白)、マッコリまで…
完全にチャンポンで今年も飲み過ぎて、
勢いあまって二次会にまで行ってしまい、
帰りは夜の10時でした… うぃ〜 飲み過ぎた…

今年は、メンバーの関さんがなんと、
田んぼの畔で天ぷらを揚げてくれて、
採れたての大根おろしをかけたうどんも振る舞ってくれて、
今年初参加の方から、煎れたてコーヒーまでいただいてしまい、
「『AZE Cafe』だね♪(田んぼの畔)」
などと喜んでいました(*^ o ^ *)

そうなんです、こうやって“餌付け”されて、
小川町に移住しちゃったんですよね〜…

気の合う人たちと、
美味しいご飯とお酒があれば幸せですよね〜☆

こうやって楽しい時間を過ごせるのも、
田植え前、そして夏の間の草取り…と田んぼの管理を
してくれる方たちのお陰なのを忘れないように…
今年は(こそは)、草取りをお手伝いしにいこうと思います!


f0143412_13371959.jpg
↑夏の間、合鴨たちもがんばります〜 グワ〜☆




--- end ---
[PR]
f0143412_215225.jpg

先日の日曜日、有機農業研究会青年部主催の講演会
「チェルノブイリからみた福島第一原発震災」
行ってまいりました☆


* * *


休憩を挟んでの13〜17時…と長丁場にも関わらず、
定員の200名にちかいであろう老若男女が集まり、
熱心に河田さんの講演に耳を傾け、
講演後の質問コーナーでは熱い討議が交わされました。

千葉県や長野県で農業をされている方々、
東北でボランティア活動をされている方、
家庭菜園をされている方々など、
色んな場所、色んな立場から、
本当に他人事ではない、差し迫った問題なのだ…と
肌で感じる講演会でした。

河田さんは実際にチェルノブイリで人々の病気のデータを分析し、現地で土壌浄化活動をされているます。その実績と、今回の福島原発の事故とを対比させて説明をしてくれたので、とても分かりやすかったです。

多少はニュースで知っていたけれど、改めて私が感じたこと、そして河田さんが問題視していたのが、放射能の「基準値」のことです。チェルノブイリ事故後97年に、ウクライナ政府が設定した食品ごとの基準値と比べると、現在日本政府が事故後に暫定的に決めた基準値は何十倍、何百倍も多い基準値なのです。(水は100倍!!)

どうしてこんな値が暫定的といえど出されてしまうのか…
それは、日本の放射能に対する基準値が、広島・長崎での「外部被爆」のデータを元にしているからだとおっしゃっていました。
それに比べ、ウクライナでは事故後数年経ってから徐々に増えて来た内部被爆による病気のデータを元に基準値を作っているのです。

チェルノブイリ事故による内部被爆のデータを元に、基準値を「一刻も早く」作り直すべきだと、河田さんは強くおっしゃっていました。

過去の悲惨な事故を元に、学ぶべきことが沢山ある、
そしてそれは希望でもあるんだ…と思いました。

講演会の後半は「これからすべきこと」についてのお話でした。
どんな放射性物質が存在し、その性質がどんなもので(水溶性であるとか、核粒子が重いものは拡散しずらいとか)、どのような生物に影響がでやすいか… 具体的に話てくれました。

もちろん、原発事故の収束には長い時間とお金がかかってしまうし、土壌も生命も傷つけ、必ず犠牲になる人や動物がいます。事故は1%でも起こる確率があってはいけないことです。想定外は許されません。
けれど、私が産まれる前から核実験も行われ、原発も作られて、事故はおこらずとも大気中に人工放射性物質は濃度をうす〜くして吐き出されてきたし、今回のような事故は原発が存在するかぎり避けられないのだから、そんな環境の中で私たちは生きて行かなければならない。

その覚悟をした上で、
一つ一つ分析すれば対処方法はある。
怖がらずに、学ぶことが大切です。

農業をするため、学校のグランドで子供たちが遊ぶために、どのように土壌から放射性物質をとりのぞけばいいかの方法。
また、それぞれの放射性物質には“吸着”したり“抑制”したりする物質があるので、集めたり他に広がらないように防いだりする方法があります。

それと、菜の花のようにセシウムをカリウムと混同して栄養として吸収する性質のある植物があるので、汚染された土地で菜の花を栽培し、食用としては使えないのでバイオディーゼルやバイオガスなどの自然エネルギーに使用し、循環型の産業を作る…という活動を実際に現在ウクライナのナロジチ地区で試験活動中なのだそうです。

時間はかかるけれど少しずつ土地を浄化することができます。
最終的には放射性物質が放射能力を失うまで、物質としては残ってしまうのでどこかに集めて管理をしなければなりませんが…

結局、原子力を使い続けるということは、必ず放射性物質というゴミが吐き出されるということです。
そのゴミを再処理し、高速増殖炉で増やせるから大丈夫!という計画だったけれど、稼働しては失敗しの連続…きっと夢物語だったのでしょう。
どこの国も、多額の国家予算を投じる夢物語から覚めています。

外に目を向ければ、低コストでゴミのでない循環型社会を目指して活動を初めている先進国は、次々と新しい未来に向かっています。
ドイツやスウェーデンでは、大型のバイオガスシステム(BGプラント)を製造し、エネルギーを完全に自治体でまかなっている村や町があります。
外国では自然エネルギーで暮らしている人が沢山いるのに、どうして日本では「自然エネルギーではムリ」という意見があるのかな…。

私には、原発が豊かな社会を作り出す…というより、
払いきれない借金と、どこにも捨てられないゴミをどんどん作り出しているようにしか思えません。

* * *


少し話は変わりますが、実は先月の「ワールド・スピリッツ」のイベントで、糞土師(ふんどし)・伊沢正名さんの講演会があり聞きに行きました。

や〜…衝撃的な講演会でした!

なんて感想を書いたらいいのかまとまらなくて、日記には書けないでいたのですが、河田さんの外国のハイテクなBGプラントの話を聞いていたら、将来、人間のトイレ下水処理場とBGプラントを合体できたらすっごい良いのに!!と思いました。

糞土師・伊沢さんによると、人間のウンチは微生物にとっては “ごちそう” なのだそうです(^ - ^;)

どんな講演会なのかは、ぜひ機会があったらご自身で聞いて欲しいのですが、なんでも人間は全ての生き物の中で一番贅沢なモノを食べているのですが、近代になって急に贅沢なモノを食べても、人の体は急には変われないのでその栄養を吸収するだけの消化能力がなく、食べた栄養のほとんどはウンチとなって出てしまうのだそうです。

その証拠に、山で土に埋めたウンチの周りには微生物が集まり、植物が芽を出し、小動物がなんと食べてしまうこともあるそうです…!(あ、気持ち悪くなった方、ごめんなさい…)

ということは、BGプラントの中の微生物にとってだって、きっとごちそうだよなぁ…と思って。
もしこのシステムが完成すれば、完全に循環型の社会が作れます。
自分たちのウンチでエネルギーが作られ、お湯を沸かして電気を作り、液肥で育った野菜を食べて、牧草を食べた牛の牛乳やお肉をいただく。

そうなったらいいなー すごいなー☆

こんなことでワクワクしてる私は、今は「ヘンな人」かもしれませんが、時代はどう変わるか分からない。
50年後、100年後には当たり前な世の中に
なっているかもしれません♪


話はずれましたが、河田さんの講演会の様子をUSTREAMで観ることができるので、少し長いですが良かったら聞いてみてください↓
※今回の画像をアップしてくれたので差し替えました


★河田昌東氏を迎え原発勉強会〈動画〉

前半全編
後半1

後半2
後半3
後半4


※動画を撮影してもらったのは岩上安身さんのIWJだそうです。
 様々なアーカイブを作ってらっしゃるので、
 良かったらHPをご覧ください。
 ●岩上安身オフィシャルサイト「Independent Web Journal」


--- end ---
[PR]
f0143412_21173465.jpg
↑翌朝いただいた朝ご飯

金曜日の夜、急きょ群馬の山奥へ行ってまいりました。


* * *


先日の上映会「幸せの経済学」でお会いした方が今度NPOを立ち上げるそうで、そのHP制作のお手伝いをweb担当の方と一緒にすることになりました。

その打ち合わせがてらの現場見学(?)だったみたい(^^)


f0143412_21403595.jpg


埼玉県よりの群馬県ということでしたが、
山深い、自然の命で満たされたとっても不思議な場所でした。
…とと、不思議だったのは張ヶ谷さんのお宅だったのかもw

様々な国の色んな楽器があったり、
家はもちろん、新鮮な野菜も作られたお料理も、
あやゆるものがほぼ手作りで…!
朝は七輪で煎った、
煎り立て引き立てのコーヒーをいただきました。
キンちゃん作のイノシシ肉も美味しかったー
ぜいたく〜♪ ごちそうさまでした!

真夜中まで集まった人と色んな話をして、
3.11後の今現在私たちがどんな状況なのか、
そしてどこへ向かっているのか、向かいたいのか。

少しずつ、何かが分かってくるような、
そのために必要な出会いや出来事が
きちんと起こっているのではないかという感じがします。

この数ヶ月、自分が感じていた不安や戸惑いは、
自分だけじゃなくてみんなが感じていることだったんですね。
今、震災をきっかけに人々の価値観の二極化が明確になってきて、
今後もっとハッキリしてくるだろう…と。
それを覚悟すること。
違う意見に惑わされずに、自分の直感を信じて行動すること。
それを試されてる。

いつまでたっても私は完全ではないし弱いけど、
そのまんまで生きて行くこと、
自分ができることをし続けることが自分を進めて行くのだと、
長年付き合っている摂食障害を経験して知りました。
どんなに辛い経験も何一つムダなことはないんですね。


これからどんなお手伝いができるのか、
楽しみです♪


f0143412_2374034.jpg
↑ヤギのメイちゃん。こっちガン見(笑)



--- end ---
[PR]
f0143412_18384123.jpg
「ミツバチの羽音と地球の回転」が
渋谷ユーロスペースで6/4(土)から上映再開になりましたー

★映画「ミツバチの羽音と地球の回転」HP


* * *


以前、こちらのブログで書いたことがあって、
震災後にいったん上映がストップしていたのですが、
続々と上映場所も期間も増えているそうです☆

…というのを知ったは、映画を見に行った時のアンケートに連絡先を書いていたようで、事務局から「ぶんぶんニュース」というメールマガジンが送られてくるんです。

渋谷ユーロスペースでは、監督の鎌仲ひとみさんのトークやスペシャルゲストとして『スワロウテイル』の岩井俊二監督も来るそうですよ〜

震災を機に、エネルギー問題について考えたい・知りたいという方がたくさんいらっしゃると思います。きっと参考になると思うので、ご関心のあるかたはぜひ、お近くの劇場へ足を運んでみてくださいね☆


↓「ぶんぶんニュースVol.36」から情報を転記してみるので
 気になった情報があった方はチェックしてみて&メルマガに登録してみてください♪
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」 http://888earth.net/
鎌仲ひとみ監督  制作・グループ現代


◆ミツバチ@渋谷ユーロスペース・6/4(土)から上映再開!! 岩井俊二監督も登場!
 http://888earth.net/staffblog/2011/05/post-175.html

オーディトリウム渋谷での上映には、大勢の方にご来場頂き、監督のトークイベントは
連日満員となりました。そして、6月4日から7月1日まで、渋谷ユーロスペースにて
アンコール上映がスタートします!

好評の監督トークも開催され、スペシャルゲストもお招きする予定です。今のところ、
6月4日の鎌仲監督トーク、さらには6月6日には『スワロウテイル』や『Love Letter』
の岩井俊二監督をゲストにお招きすることが決定しています。
他にもまだまだスペシャルゲストを予定しておりますので、詳細スケジュールと併せて
公式ウェブサイト888earth.netの劇場情報、又はNEWSにて随時ご確認下さい。

6月4日(土)〜17日(金)
土日 10:00 12:40 15:50 18:30
平日 10:00 12:40 15:20 18:00

6月18日(土)〜24日(金)20:50

6月25日(土)〜7月1日(金)10:30

渋谷ユーロスペース
渋谷区円山町1‐5(渋谷・文化村前交差点左折)
03-3461-0211  http://www.eurospace.co.jp/ 

★尚、この映画を知らない方々に多く知って観て頂くため、現在ユーロスペースの情報入りのチラシを配布中です。東京近郊にお住まいの方で、ご自身の会社やお店はもちろん、
周りの方々や、いきつけのお店など、チラシを配布及び設置頂けるという方がいらっしゃいましたら、是非mitsubachi@g-gendai.co.jpまでご連絡下さい。
追って、チラシを郵送で送らせて頂きます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆ヒバクシャ、六ラプ@渋谷UPLINK・6月までさらに公開延長!!
 http://888earth.net/staffblog/2011/05/uplink-1.html

好評につき延長を続けている渋谷UPLINKでの『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』
『六ヶ所村通信no.4』の上映が、さらに6月まで延長されました!
6月4日から再開されるユーロスペースでの『ミツバチの羽音と地球の回転』と併せて、
是非ご覧ください。

上映スケジュールは上記ブログか、UPLINKのウェブサイトまで。

渋谷UPLINK FACTORY
渋谷区宇田川町37-18
03-6825-5502
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003962.php

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆5/28 飯田哲也×鎌仲ひとみ共著 緊急出版「今こそエネルギーシフト」
http://888earth.net/staffblog/2011/05/528-1.html

環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也さんと鎌仲監督の共著が緊急出版されます!

「今こそエネルギーシフト
――原発と自然エネルギーと私達の暮らし (岩波ブックレット) 」525円
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/27/1/2708100.html

アマゾンで予約受付中!
http://amzn.to/fPhNjj

このブックレットの印税の全額を、祝島自然エネルギー100%プロジェクトと東日本大震災
の被災地へ寄付することになったそうです!
http://www.iwai100.jp/index.html
http://www.isep.or.jp/tunagari-project.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆ミツバチ 青森・大阪・札幌で劇場公開/自主上映も続々追加中!
劇場情報 http://888earth.net/news/theater.html
自主上映情報 http://888earth.net/trailer.html

【劇場】
5/28(土)~6/3(金) 
青森・八戸フォーラム http://www.forum-movie.net/hachinohe/

5/28(土)~6/10(金) 
大阪・第七藝術劇場 http://www.nanagei.com/

6/4(土)~6/24(金) 
北海道・札幌マリオンシネマ http://movie.walkerplus.com/th532/

【自主上映】
5/29(日) 広島・広島市市民交流プラザ&横川シネマ
    東京・江東区古石場文化センター/東京ウィメンズプラザ
    長崎・佐世保コミュニティセンター
    鹿児島・リナシティかのや鹿屋市民交流センター

6/3(金) 東京・早稲田奉仕園リバティーホール、スコットホール

6/4(土) 北海道・PROVO(札幌)
    宮崎・日向市中央公民館


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
このメールニュースは転送/転載大歓迎です。

『ミツバチの羽音と地球の回転』
公式WEB:http://888earth.net/
予告編:http://888earth.net/888tv.html

映画公式ブログ:http://888earth.net/staffblog/
映画公式Twitter:http://twitter.com/888earth
鎌仲監督Twitter:http://twitter.com/kama38
mixi公式コミュ:http://mixi.jp/view_community.pl?id=4189119

メールニュースへのご登録・削除等のお問い合わせは
888earth@g-gendai.co.jpまでご連絡下さい。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


--- end ---
[PR]
f0143412_9205917.jpg
弱肌さんブログを通して知り合ったサハラさんの運営する
Mother's Touch
「継いで、繋ないで、接なげていくプロジェクト」へ、
家で余っている布をお送りしました。


* * *


送ったのは、オーガニックコットン(160cm×2m)と、
渋いちりめんの布です。

サハラさんは「Mother's Touch」で、
着物や古布をアップサイクルした和柄バッグや小物の
ネットショップを運営しています。

3月11日の震災を受けて、こんなお考えのもと、
チャリティーアイテムを作ることにしたそうで、
微力ながらご協力させていただくことにしました。
私が送ったのは薄手のコットンなので、
バッグや小物に使うのは難しいかもしれないけど…(^^;)
何かの形にお色直しして使っていただけたらうれしいです♪

ここでも、“ 自分にできること ”を
実践されている方がいらっしゃいます。

私は以前五木寛之さんのエッセイで読んだ
「それぞれの砲台から標的を打て」という言葉が大好きなのですが、今回の震災を通して、それぞれの方がそれぞれの立場で“ 自分にできること ”をされていることは、まさにそれだなぁ…と感じています。

ちなみに、前まで「私にできるエコ」だったカテゴリー名を
「私にできるコト」に変えました。
たまたまだけど、それもなかなか的を得てたなーなんて
自画自賛したりして(笑)


--- end ---
[PR]
f0143412_1475319.jpg
以前にもお知らせしましたが、
自然農の佐久間さんからお誘いいただいた
講演会のチラシをいただいたので、
再度、詳細をご紹介します。

お時間・ご関心がある方は、ぜひご参加くださいね。


* * *


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 〈日本有機農業研究会 青年部・緊急講演会〉 
チェルノブイリからみた福島第一原発震災
~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~

講師 河田 昌東さん
(「チェルノブイリ救援・中部」理事、遺伝子組み換え研究の専門家)

 

日 時:6月5日(日)13:00~17:00
 
会 場:國學院大學・渋谷キャンパス
    学術メディアセンター 常磐松ホール ★アクセスマップ
 
定 員:200名
 
参加費:1000円(一部を義援金として寄付させていただきます)
 
〈プログラム〉
 受付開始 12:30
 第一部「福島原発震災とチェルノブイリ」13:00~14:45
 第二部「放射能汚染下でどう生きるか」 15:00~17:00
 閉  会 17:00
 
〈お申し込み:日本有機農業研究会 事務局〉
 TEL  03-3818-3078
 FAX  03-3818-3417
 E-mail seinenbu@joaa.net
 H P   http://www.joaa.net/
 
〈主 催〉NPO法人日本有機農業研究会・青年部
〈協 力〉渋谷・環境と文化の会
 
【講演会について】
 3月11日の東日本大震災によって福島第一原発が相次いで爆発し、大量の放射性物質が大気中に放出され、水や空気、そして大地を汚染しました。地球環境への影響は計り知れず、特に農業者にとって、何としてもこれ以上の土壌汚染は避けたい状況です。 
 今回講師にお招きする河田昌東さんは、「チェルノブイリ救援・中部」理事です。同団体では、1990年からチェルノブイリ原発事故で大きな被害を受けたウクライナで、現地の団体と協力して被災者の救援に取り組んでいます。また、2006年からは、医療・物資支援に加えて、土壌から放射能を吸収、農業復興による地域再生を目指す「菜の花プロジェクト」を開始しています。
当講演会では、第一部でチェルノブイリと福島原発事故の比較について解説していただき、第二部で「チェルノブイリ救援・中部」が実践している土壌浄化やエネルギー自給についてお聞きします。
放射能汚染下でどう生きるか…。
今後、中長期的に私たちができることを学び、考えていきたいと思います。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨晩のニュースで、
「東京電力は12日、東日本大震災で爆発事故を起こした
 福島第一原発1号機の圧力容器内の水位が低下して
 燃料棒がむき出しの状態となり、大量の燃料が溶融し、
 圧力容器の底部にたまる“メルトダウン”が
 起きていたことを認めた。」
というのを聞いて、またもや絶望的な気持ちになりました…
放射線は水で遮断できますが、むき出しの燃料棒からはその間、
どれだけ放射性物質が空気中に放出されていたのでしょう…

今日、こんな活動をしている人たちを知りました。
★脱原発・東電株主運動
東京電力の原発を廃止するために、株を買って株主となり、
株主総会で会社に意見を提出している人たちがいたのです。
彼らが5月6日に東京電力に提出した「株主からの要求と勧告 」の
文章がコチラです。

色んなことを知った上で、ニュースを見たり、
選挙に参加しなければいけない、
そう思いました。


--- end ---
[PR]
f0143412_1511218.jpg
昨日は、お世話になっているクライアントさん3社に
ご挨拶と新しい作品ファイルを見ていただきました。

↑写真は湯島のクライアントさんの近くにある「おりがみ会館」で、
折り紙先生にもらったゴージャスな “鶴”


* * *


お久しぶりな方ともお会いしたので、
いっぱいおしゃべりしてしまいました(^^)
以前勤めていた会社のボスにも久々にお会いできました♪
(お腹がますます立派に…w)
ので、天気は雨降りだったけど、心はホッコリな一日。

おしゃべりの中で、今回の災害や福島原発のこともお話して、
自然農の佐久間さんから、放射性物質による土壌汚染を考える講演会のチラシをいただいていたので、配らせていただいたり。
こんな風に、専門家ではない一般の一庶民として、
色んな方とお話するのは大切なことだなぁ…と思いました。

最近、原発の問題から少し離れていたのだけど、
東京都や北海道など選挙で原発推進派の議員が当選してがっくりしたり、浜岡原発が止まることになって良かった…と胸をなで下ろしたり… やはり、いつもどこかで考えています。

そして、ピースボートやap bankなどの団体や、
GWに被災地に個人でボランティアに行った方のことを知ると、
その度にじ〜んとします。

マンガのお仕事でお世話になっているモンベルさんは、
テントなどのアウトドアグッズを大量に寄付されたそうで、
ピースボートがtwitterで感謝のツイートを書いていました。

あと、縫い物のお仕事をしているお友達が、
私の本の寄付に刺激されたそうで、
お裁縫セットを被災地に寄付してくれて、
自分の行動からステキな波紋が広がったことに、
すご〜くうれしかったです♪


帰宅後、twitterに田中優さんの講演会の動画をアップしてる人がいて、久しぶりに時間があるのでじっくり聞きました。

昨日お会いしたクライアントさんとも話してたのだけど、
とにかく情報が錯綜して、本当はどうなのかが分からない。
放射能が危険だと言う専門家もいれば、
絶対に安全だという専門家もいます。
でも結局いけなかったのは、
安全でないものを安全だと言ってしまったことだよね
…と意見が合致。

田中優さんの話は、とにかく分かりやすいのです。
自分なりに勉強した知識と摺り合わせて
「…そうだよねぇ…」と思う。

で、危険なものは危険だと、事実をはっきりさせた後、
「問題には解決策があります」とその先、
それならどうしたらいいのかという提案まで言ってくれるので、
とても前向きになれます。

そうなんです。
過去と現状は変えられないのだから、未来をかえなくちゃ。
自分の体や未来の夢のこともあるけれど、
農業を営む友達や小川町の農家さんのこと、
小さな命を宿した友達のこと、幼い子供がいる人たち…
大切な人のことを思うと、
やっぱり考えずにはいられないことです。

放射線の線量が増えることは、
命のリスクの確率が増えることと同じです。
自然界にない放射能物質が漏れ続けることは、
免疫力が弱い人や成長を続ける子供たち、
条件の悪い人へのリスクが高まることです。
弱い誰かが貧乏くじを引いてしまう…

その人数が少なければいい…ってことじゃないもの。

しかも、解決策はあるのです。
一人でも二人でもいいから解決策があることを知ってもらいたくて、これからのその人の人生の選択を明るい解決の方へ向けてほしくて、田中さんの動画をご紹介します。

2時間くらいあるので、お時間がある時にどうぞ♪

→★田中優さん緊急講演会




--- end ---
[PR]
f0143412_12385660.jpg
GWも今日で終わりですね。

先月末に、お友達からの寄付と合わせて
送った本のお礼状が、先日届きました♪
ステキなクリアファイル付きで☆


* * *


大きな「感謝」の筆文字。
ご丁寧なお礼状にじ〜ん…です。

誰かのお役に立つことができた、こんな気持ちになれたことに、
そして協力してくれた方たちに、こちらこそ「感謝」です。

私のGWは、ホームページのリニューアルに埋もれつつ、
2回、小川町で畑と田んぼのお手伝いをしました。

ちょこっとしかお手伝いしていないのに、
竹島さんにはカブを、
五十嵐さんには畑からズボッと抜いた
ネギをいただいてしまいました。
楽しんだのは私の方なのに、
お土産までいただいてしまう(笑)

お礼状といい、畑のお手伝いといい、
人と人との関係は「ありがとう」の交換だよな〜
そうだよなぁ〜 …と強く感じる連休でした。

遊びにきてくれたさんさんにも感謝!


--- end ---
[PR]