f0143412_1245532.jpg

昨日は、WEBデザインやクレイアニメーションなどを制作を展開している会社
『マルタントン』へ遊びに行きました。


数カ月前に、新しくオープンしたばかりの素敵な事務所で、
遊びに行くのも何回目だけれど、いつもワクワク楽しみです♪
事務所には、クレイアニメーションで使ったセットや人形が沢山!

マルタントンは、まだ20代の女の子達で活動している会社で、
事務所の中はほんわかと楽しい空気。
オープンな雰囲気が居心地良くて、ついついまた遊びに来てしまいます。
調子にのって、アフロになったりしてみました.....

それに何より、同じ女性としてこうやって立派にクリエイティブ活動で会社を持ち、
周りに支持を受けて制作していることがすごいと思う。
そして、社会と繋がりを持って、制作する事への可能性を感じます。

私も「頑張ろう」「きっとできる」って思える。

* * *

人とのご縁は不思議なモノで、ここと知り合えたのも、元を辿れば「粘土」なんですw。

まだ会社にいたころ、参加したワークショップ『森井ユカのクレイアートのABC』に
参加した時に出会った土田朝子ちゃんことつっちーが、今働いているのがココ。
心強い人達と一緒に、クレイアニメーションをのびのび創れる環境にいれて、
本当に良かったなぁ…と思います。

今回は「○○○の会」(ナイショw)って事でご縁のある人達で集まったんだけど、
色々お話ができて、すごーく自分の糧になった!

* * *

先月、思い出深い夏休みを体験してから、
今月はすごく密度の濃い人との出会いをしているなぁと感じます。

「自分を信じて、自信を持った自分になる」

それが今の自分の宿題だなぁと分ってから、色々な人と話しているうちに
私が心地よく感じたり、尊敬したりする人達の共通点を感じるようになりました。
それは、

 物事を浮観視することができる事。
 客観視点を持っている事。
 視点が高い事。


それともう一つ大切な事じゃないかと感じるのが、

 器の大きい人になる事。


でも、どうやったら「器の大きい人間」になれるかなんて分からない。。
でも、自分のやりたい事・正しいと思う事をしようと思うと、
どうしても自分のキャパを越えてしまって、自分で勝手に潰れてしまう。。

* * *

そんな時、ふと頭に舞い降りてきた考え(アイデア)がありました。

 世界はいつも、半分。
 そして、もう半分はいつも自分。


自分はいつも、世界と1対1で体面しているんだ…と思ったんです。
自分にとっての世界は、“周りの環境”と“自分”で出来ているんだって。
例え一人でいても、大勢といても。
外国の古いお城にいても、南国の浜辺にいても、大自然の中でも、都会でも。

もしかしたら、「器が大きい」というのは、自分の“周りの世界”が広くなるということかな、
そうなれば、もう一つの“自分”の大きさも大きくなって、
相互左様で、“自分”も“世界”も大きくなるのかな。
それが、「器の大きい人間」になるって事かな。

そう思ったら、「視点の高さ」が人の持っている自分以外の“世界”なのかな??
…繋がった!!
「高い視点」を持つということと、「器の大きさ」は同じような事なのかも!

* * *

別々の事だと思っている事でも、自分が大事だと思う事はどこかで繋がっているのかもしれない。

そう思うと、生きていく事がワクワク楽しいことのように感じます。
周りには、ヒントが沢山です☆
[PR]
f0143412_15353690.jpg

先日、お友達のさゆりちんと一緒に、新宿のオカダヤに初めて行きました。

■手芸・洋裁・手作り用品の専門店「オカダヤ」

彼女が今、“刺し子”に興味深々だそうで、
一緒に見てるウチに わくわくウズウズ、モノ作り魂に火が付いてしまい、
気付けば、刺し子の練習キット「花ふきん」と刺し子グッズを手に
レジに並んでいました…

さっそく仕事の合間、眠れない夜に、チクチク.....チクチク......

この地味な作業が楽しい♪
こうやって実際に手を動かすのは、やっぱり楽しいのです。

* * *

私が今縫っている模様は「七宝つなぎ(しっぽうつなぎ)」というそうで、
他にも日本古来の模様が沢山あります。
「麻の葉」「野分け」「亀甲」「青海波」 などなど。

その模様の名前は、着物の模様でも同じモノがあるし、
「麻の葉」などは和装本の製本の糸の通し方にもあるんです。
どれも、情感のある、素敵な呼び名ですよね。

おまけに後で、さゆりちんから「刺し子」の由来を聞いてますます嬉しくなりました。

 「刺し子」はもともと木綿が貴重だった時代に、
 できるだけ長く使えるように布を補強するためのものだったようだよ。
 もちろん装飾の意味もあるんだろうけど。
 ある意味エコな思想が感じられるね。

そうなんだー!
日本人の暮らしの知恵とセンスって素晴らしい!
刺し子はモノを大切にしようとする気持ちから生まれたデザインなんだ。

これぞ、デザイン!これぞ機能美!

* * *

そんな時、ふと思い出したのがハワイのハワイアンキルト。
素晴らしいステッチで、ハワイの自然をモチーフにシンメトリーデザインを描く、
ハワイの伝統品です。

ハワイアンキルトは、とても貴重な物で、リスペクトの意を表すために
必ず椅子の背もたれに掛けるようにして、決してキルトの上には座らないそうです。

それも高尚で素敵な事だと思うけれど、
キルトを作っている女性の厳しい表情を見て、少し寂しい気持ちにもなりました。
絵画と同じ物だと思えばいいのだけれども、
作ったものは使える物るなら送った人に使ってもらいたい。

だから、「刺し子スピリッツ」に大いに共感してしまったのです。


「時間がない、時間がない」と言って、色んな物を粗末に扱ってしまう今の時代だから、
物を大切にする事を自分の意志で、意識して生活していかなきゃなぁ…と
チクチクしながら思ったのでした。
[PR]
f0143412_110278.jpg

この土日はウクレレ三昧!

土曜日は、三浦半島の三崎にあるソレイユの丘の『ウクレレ・ピクニック』
ウクレレの野外フェスに行ってきました♪

天気は、雨も降らない薄曇りで、炎天下で頭がくらくらする事もなく、
野外で一日中音楽を聞いてるにはバッチリなコンデション。

去年もここに来てから、ウクレレのライブを観たのは2回目だったのだけど、
やっぱりプロのウクレレ・ミュージシャンはすごい!

4本の弦と、両手の指だけであんな音が出て来るなんて夢のよう。
軽くて、押し付けがましくないウクレレの音はやっぱり良いなぁ〜…
あんな演奏には程遠いけど、「練習ガンバろう…」とふつふつと思うのです。

周りが海に囲まれた公園でのイベントなので、ほんのり海風が気持ち良い。
芝生の上に寝転んで、みんなゆる〜い雰囲気。
これぞ、ウクレレ☆

知り合いの方に、そうめんをご馳走になる(原っぱの中でそうめん!)なんて事もあって、心もお腹も満足な一日でした。トイズのみなさん、ありがとう!

* * *

f0143412_1105698.jpg

日曜日は、和食器のお店『RoomJ(ルーム・ジェイ)』さん夏パーティに
参加させていただき、初めてウクレレデュエットのプチライブを演奏させて頂きました♪

前日のウクレレ・ピクニックで発表用譜面の入ったファイルを紛失するという
ハプニング?があって、やや動揺してしまったけど、
事前に、近所の公園で蚊に刺されながら音合わせしてもらったお陰で
初めてにしては、上出来?な発表が出来た…と思います☆

浴衣を着て、ハイビスカスの耳飾り。
これ、結構テンションあがります(笑)。

10人程のお客さんを前に、2人で歌って弾いたのだけど、
オーディエンスの方達がノリが良くって、演奏していて楽しかったー!

これは性なのか、自分達が練習してきた事を誰かに観てもらって、
その人が喜んでくれるのが嬉しくて、
もっと楽しんで欲しくて、もっと上手くなりたいと思ってしまいます。
(イラストも、同じ原理で制作してますw)

褒められて伸びるタイプなので、どんどん褒めてくださいね♪

* * *

夏は毎年、体調を崩したりと苦手なシーズンなのですが、
今年はウクレレのお陰で、ずいぶんと楽しく過ごせています。

さ、またレパートリー増やそう!(←相方に呼び掛けw)
[PR]
f0143412_17174865.jpg

「ストップ・温暖化!」

をスローガンに、できる限りエアコンを使わない生活をすべく、
汗だくの毎日を送っていると、洗濯物がわんさと増える毎日です。

そんな中、いまさらながら「手ぬぐい」の素晴らしさを実感!!
だって、さっと洗って干せば、10分で乾いてまた使えるんですよ!

や〜 やっぱり昔ながらのモノって便利なのね〜。。。
すばらしき、手ぬぐい!
すばらしき、日本人!

左のミドリのは、以前、お茶の水の『美篶堂』で開催されていた
版画家・若林佳代子さんの個展で買ったもの。

 ■美篶堂HP
 ■若林佳代子さんHP

右のは、今日ロフトで浴衣用に買ったもの(30%OFF)。
この間、浴衣の袂に入れていたら、すごく使いやすかったので、
地味な浴衣に映えるようなピンクを買いました♪

明日は、ウクレレの野外フェスへ出かけます。
ひぇ〜 暑そう!
でも、天気予報では「曇りのち雨」!? 雨も嫌! 微妙!

猛暑にしろ、雨にしろ、また手ぬぐいが活躍しそうです。
[PR]
f0143412_8592936.jpg

昨日は、もう一人同じ時期に個展を開催中の友達に会いに、
横須賀まで行ってまいりました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


2007 夏 tama exhibition
「泳げない君へ うみをまもろう」


2007. 8.3(金) 4(土) 5(日) 6(月)
10 (金) 11(土) 12(日) / 11:00〜18:00
 ★玉姉妹


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

本当は今日はお休みなのだけど、個人的にゆっくりとお話して過ごす事が出来ました♪
タマちゃん ありがとう〜(^-^)

個展のお祝に(?)ついでにウクレレも持参して、
一人のお客さまの前で弾いて歌ってきました☆
…たった一人の前でも、緊張してとちるんだよな〜 
私の「ウクレレ道」もまだまだです!

いつもはお花屋さんの店内が、 タマちゃんの“たまぬい”でディスプレイされて
小さくてカワイイ空間に なってました。
「海の生き物」テーマにした、ふわふわで、ワクワクの個展です☆

横須賀でがんばってモノ創りに励んでいる友達がいることに
いつもじんとします。。

脱力で癒しなホンワカぬいぐるみ。
そこには小さいタマちゃんの中に燃える、強い心が込められています。

昨日は、結局夜まで色んな事を二人で語り合ったのだけど、
お互いに共通するのは、ちょっと普通でない苦労をして今があるってこと。

恵まれた環境でないからこそ、必然的に手に入れる物がある。
人に感謝する気持ちとか、命を愛おしく感じる気持ちとか。
環境を守りたいとか、生活を大切にしたいとか、そういう気持ち。

目に見えないモノに突き動かされて、
何かを創らずにいられない。

 色々辛い事もあるけれど、今日、沢山話をして、

「あぁ、今、これでいいんだ。このままでいいんだ。」

 と思いました。

きっと、これからもっと楽しい事になると思います☆彡

* * *

ちょっと遠いけど、12日(日)まで開催中です。
お近くに遊びに行ったら、ぜひお立ち寄りください♪

※HPから“たまぬい”をご購入することもできます→玉姉妹HP
[PR]
f0143412_841197.jpg

先週の土曜日、友達の個展の搬入をお手伝いしてきました。

新しく出来たばかりの、真っ白でキレイな壁に
金づちでガンガン釘を打ち込むのは楽しいーっ!
(…って、オーナーのタナチエちゃん、ごめんなさい..... 汗)

こうやって一つの空間が一人の作品で囲まれると、
その空間全体が作品の空気感で囲まれます。
個展ならではの空気感です。

ちょっとシュールな絵なのにも関わらず、
ほっこりとした空気で包まれるのは、やっぱり本人のキャラなんだな〜。

新宿の花園神社すぐ近くの「新宿眼科画廊」で、今月の17日(金)まで開催中です★
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ覗きに行ってみてくださーい(^^)/

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あかばねまき個展 「ちいさいまちのはなし」

20007.8.5(日)〜17(金) / 12:00-20:00
新宿眼科画廊 space:S
あかばねまきHP


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

[PR]
f0143412_6183788.jpg

皆さんへの暑中お見舞いを兼ねて。
私が参加しているクリエイターグループ「東京アパートメント」で
毎月テーマを決めて開催されているWEB展に久々に作品を出しました。

今回のテーマは『海』です。
他のメンバーの作品もぜひ観にきてくださいね☆

★ 東京アパートメント 第25回 WEB展 『海』展 ★


* * *

f0143412_6163916.jpg

先日、1泊2日の夏休みから帰ってきました。
たった2日間の出来事だったけれど、とても濃密な時間を過ごしてきました。

旅の行き先は、岩手県。
旅の目的は“禊(ミソギ)”を体験する事です☆

そう、あの修行僧が滝に打たれたりする、あのミソギです。
私が体験させて頂いたのは、川の流れの中でのミソギ。

私には傾倒する宗教はないのですが、
だからこそ身体的経験から自分で感じて学ぶ、ミソギってなんだろう?
体験することで、自分が何を感じるのだろう?
と思って、岩手行きを決めました。

スピリチュアルなモノの助けを求めていたのかな。。

モノ創りの道へ進む事を決めたとはいえ、
私の中には常に不安があって、その不安のせいで制作に没頭できてないような
気がずっと胸の底にありました。

その不安は、頑張れば頑張るほど切実に感じてしまうし、
できる限りの努力はしているつもりなのに、
自分の力では抜け出すことができずに、苦しかった。

迷いを吹っ切って、思いっきり走りたい。
でも、走る方向が正しいのか分からない…。

田口ランディさんの著書の中に、時々出てくる言葉があって、
それが頭の中でグルグルするようになりました。

「人は変わらない 変わるのはいつも自分だ」

  自分が変われば、物の見方も変わる。
  物の見方が変わると、世界が変わる。
  変わろう。そして、変えよう。


…そんな思いが強くなりました。

ミソギをしたからといって、簡単に何が変わる訳でもないとは思うけど
何か切っ掛けが欲しかった。


その日の気温は28度。水温は7度。
いくら夏とはいえ、その温度差には気合を入れていないと
とたんに体は冷えて震え出すそうです。

先生の指導に従って、印を結びマントラを唱えながら45分間、川の流れに身を浸します。そして、身に付いた汚れを落として、自分をリセットして真っ白な自分になる。

川の流れは冷たかったけど、先生に気を入れてもらったせいか、
あまり水を冷たく感じる事はなくて、むしろ時々あたたかく感じるくらい。

そして、終わった後は、何故か元気いっぱい!

* * *

ミソギを通して感じたのは、自分には自分が思っている以上に
力が潜在しているんじゃないのかな??って事でした。
それが、先生がおっしゃっていた「本気」の力なのかな。

先生には色んな言葉を頂いたのだけど、一番印象的なのが、
「自分を信じなさい。そして、自信を持ちなさい。」
「自分との約束を守る自分になる」ってこと。

人のためになることが人の道だけど、
その前に自分が元気に生きる事。
自分を信じて、自信を持って生きる事。

そして、私の不安も、一喝して断言して不安を拭ってくれました。

夢を諦めないこと。
自分の枠を越えて、自分の直感を信じて制作に励む事。

「本当はいいキャラを持っているんだから、もっとのばしなさい」
とも言われましたw。

* * *

人は生まれながらに背負った物が違って、それを“魔”というそうです。
“魔”には3種類あって、
1つも持っていないひともいれば、3つも背負っている人もいる。
それは、本人のせいではないし、
どんなに頑張っても個人の努力でなんとかなるものではないそうです。

世の中には、不遇を全て本人のせいだと言う人もいるけれど、
それは違う。人は全て平等なわけじゃない。
みんな平等だと言う人は、恵まれた人だと思う。

それぞれの人生を、一生懸命生きている人達にも会いました。

自分が辛い時に、人に優しくできるってすごい事です。
優しくって言うのは、例えば、笑顔で会話してくれること。
それだけの事。

何だか、沢山の宿題を出されて帰ってきた気分です。

誰かと自分を比べる事はない。
だって、みんな一生懸命なんだから。

まずは、「自分を信じる」事から始めようと思います☆彡
[PR]