f0143412_11092.jpg
年末の締めのご挨拶をしてしまったのですが...
もう1コだけお知らせさせてくださーい。

年末(30日)までの期間なのですが、代官山の駅から程近い・和食器と雑貨のお店『暮す。』で、私の作った立体イラストを展示させていただいております☆
以前お仕事で作った“お節料理”の立体イラストを、お店の商品のお重に詰め替えて飾っていただきました。

普段、仕事が終わるとお蔵入りな作品たちを、
その役目が終わった後も誰かに見てもらえるのはとても嬉しい事です。

『暮す。』は、今月5日に移転してオープンしたばかりの、小さくも暖かいお店です。
店主の春山さんが、気さくに豆知識を教えてくれるので、和食器をとても身近に感じる事ができます。気づけばウチにもここの器が1つ、2つと.....w

この年末に、代官山に出かける予定がありましたら、
ぜひ素敵な和食器のお店に寄りがてら、私の作品に会いにいらしてください。
お正月に使いたい器に出会えるかも☆

■ルーム・ジェイ『暮す。』
f0143412_110568.jpg

[PR]
f0143412_18271840.jpg
年末進行のお仕事も大分落ち着いてきたそんな折り、
昨日、今年の締めくくりとも言えるお仕事(?)の
ケアセンター・ボランティアライブに行って参りました!


ウクレレ師承のじろう君、が通っているウクレレ教室の友達クロちゃん、私。
3人での即興チームで、始めての演奏。その名も「ウクレレ音楽隊」w。
先月から打ち合せはしていたものの、 当日午前中に集まっての音合わせで、ほとんどぶっつけ本番という感じでした。。

こんなんで本当に大丈夫か〜?…と言う感じなのだけど、数日前の忘年会でお客さんの前で演奏していたりで、度胸だけは座ってきた今日この頃(笑)。

ボランティアライブをするのも初めてだし、
こういった場所に入る事も初めてだったので、興味深々。

渋谷の一等地にあるケアセンターで、中もとってもきれいな施設でした。
若いスタッフさんが元気に働いていて、 皆さんが共有で使うスペースは、クリスマスらしい輪飾りやツリーがいたる所に飾られていてとっても明るい雰囲気。

演奏の司会進行もやっていただいて、歌詞も皆で歌えるように大きな模造紙に書いてくれたりと準備をしてくださって、私たちは“演奏をさせてもらったゲスト”のような扱いで、ホントにスタッフの皆さんには感謝でした〜(涙)

車椅子や補助機具を使ってのお年寄り、見た目は元気でも痴呆のあるお年寄り、
そしてスタッフさんたち、多い時は30人くらいの方がいたのかな??
そんな中で、みなさんの鈴の音に励まされながら、歌って弾いてきました☆

★クリスマスソング
 「きよしこの夜」「ジングルベル」「赤鼻のトナカイ」「サンタが街にやってくる」

★昭和ソング
 「世界の国からこんにちわ」「東京ラプソディー」「きよしのズンドコ節」
 「いつでも夢を」「上を向いて歩こう」

★ハワイアンソング
 「小さな竹の橋」「月の夜は」

所々間違えたとこも多々あるのだけども〜...
でも、間違えずに歌う事と、ライブで盛り上がって歌うのとは違うんだな〜
…と最近良く分ってきました。
間違えたって、聞いてる人は分からない事が多いし、
それよりも、笑顔でリズムを保って歌う事の方が聞いてくれる人は喜んでくれます。

だから、できるだけ皆さんの顔を見るように。
大きな声で歌うように、がんばってみました☆

そうすると人の顔が良く見えるもので、笑顔で鈴を鳴らして歌ってくれる方や、立ち上がって踊ってくれる方、うとうとと眠ってる方(でも手にした鈴がリズムを刻んでるw)、ほろほろと泣き出してしまう方。。。
色ーんな方が、それぞれに聞いていてくれて、見ていて面白かった!

終わった後に、みなさんと一緒にテーブルについて、ケーキをいただきました。
あまーい、イチゴのロールケーキ。

そこで、比較的元気な方達とお話できました。
施設に入っている方達だから、コミュニケーションも難しいのかなぁ…と
少し思っていたのだけど、以外と普通に楽しくお話できて
ホッとしたり、ホッコリしたり。

一人のおばあさんに、写真のクリスマスの胸飾りをいただきました♪
他の方にチョコレートをもらったり。

なーんか、本当に「もらいに来たサンタ」になってしまいました。。

私たちは、自分に何かできることがあるって嬉しい事だし、
それができることって嬉しいよねー☆ …って気持ちで演奏しに言ったのだけど、
人に何かを「与える」事の喜びは、される側だって同じなんだなぁ…と今回感じました。

そっか〜 サンタさんはプレゼントを配って、人に喜んでもらえることで、
与える事以上にきっともらってるんだな〜、きっと。

何か、すごく良いクリスマスだった気がします♪
スタッフさんにも、聞いてくれた方達にも、この機会に誘ってくれた事にも、とっても感謝な気持ち。そんな気持ちを感じられる年末を迎えられる事にも感謝です。

今年も沢山の人と仲良くしてもらいました。
無事に、何とかフリー3年目を終える事ができます。
笑顔で接してくれた方達みなさんへ、心から「ありがとう」の気持ちです。

みなさんが、無事に元気に、新しい年が迎えられますように。
良いお年を☆
f0143412_10223095.jpg

[PR]
f0143412_14324964.jpg
本日販売の『女性セブン 2008年1号』(小学館)に
私が作った立体イラストが載っています☆

本の後ろの方、「お節料理」の特集ページです。

全て、粘土・木材・フエルト・和紙 etc...
の素材で作ったのですが、思いのほか本物っぽくなり過ぎたかな(^^;)?
…と思ったりもしますが、なかなか見ごたえのあるページに仕上げて頂き、
お正月らしく、重量感があり華やかな、きちっとした作品になりました!

書店にお立ち寄りの際には、ぜひ、パラッと見てもらえると嬉しいです♪
[PR]
f0143412_172394.jpg
実は、先々月から、私の母校・桑沢デザイン専門学校で開催されていた
「2007年〈第2期〉桑沢デザイン塾」に通っておりました。
私が受けさせていただいていた講座は『カード!カード!カード!』という講座で、
毎回、あるテーマでカードを作ります。

ほぼ隔週にある全5回のうち4回目だけは仕事の都合でいけなかったのだけど、
足がけ3ヶ月の講座もあっという間に最終回!
その最後の授業を、先週の土曜日に受けてきました。

桑沢塾で面白いのが、受講生の年齢層の幅の広さ!
まだ10代の学生さんから、リタイアされた年輩の方までいて、
同じ課題を与えられて他の人がどんな物を考えるのかもすごく面白いんです。

今回は、粘土のお師承さん、森井ユカ先生にご案内をいただき、
先生ご本人、それに粘土仲間のいとうまなぶさんとも一緒に授業に参加できて、
ある意味、“プロ”として授業内である程度の完成度のあるものを仕上げなきゃ!!
…な〜んて変なプレッシャーもあり、エキサイティングな時間でした。

今回の授業では、ポップアップカードだったり、頂き物のパッケージを使ったコラージュでのグリーティングカードだったりを作りました。
まず、先生から教わって、仕組み・やり方を学んだ後、
実際にそれを応用してオリジナルの作品を作ります。

その時間、2時間!

実際やってみると分かるのだけど、2時間ってすごく短いです!
欲張ったり、悩んで決断できなかったりすると、時間内にモノが仕上らない。
その「時間」と「アイデア」の訓練としても、すごく勉強になりました。
時間をかければ良いものができるわけではなく、
短い時間しかないからこそ、無駄なものが省かれて伝えたい事だけが残り、
結果スタイリッシュなデザインができたりするんです。
それに、火事場のバカ力??
…みたいのが、自分にあることを体感。
あと10分しかないのに、型紙を切り抜き、仕上ってしまったりした自分に驚きました。

普段、仕事では使う事のない“紙”という素材の面白さも新発見でした。
平面の1枚の紙が、立体を作り出す不思議。
そして、その立体が作り出す影。
それを含めた全てが、造型の美しさを作り出すんです。

ユカ先生にご案内いただかなければ、体験することのできない“モノ作り”だったので、
先生には心から感謝の気持ちです☆

* * *


一番上の写真が、最終日の卒業制作?の作品です。
賑やかなサーカス団を作ってみました☆
これは、A3のケント紙を使って、ジャバラの仕組みを利用してポッポアップを作ります。
閉じれば真っ平ら。開くと立体。不思議でしょw?

f0143412_1741331.jpg
こちらは、2回目の授業で作ったグリーティングカードです。
京都の和菓子屋さんの「かすていら」を頂いた。という設定で、
そのパッケージを利用してお礼状を作るんです。
カステラを表してみたんだけど、なかなか難しかったです....

f0143412_1734430.jpg
そしてこちらは、「不思議なからくり」ポップアップです。
う〜ん。言葉で説明するのが難しいのだけど、真ん中が割れて、
めくってもめくってもポップアップが出てくるんです...
説明ができなくてごめんなさい.....

紙って不思議ですね〜
[PR]
f0143412_21554630.jpg
「あっ!」という間に師走ですね!

年末進行のお仕事の大波小波に飲まれそうになりながら、何とかお仕事をこなしております。…とは言っても、年末の楽しい予定をやむなくキャンセルしながらですが…
トホホ。。

寝ても覚めても仕事の事で頭がいっぱいで、洗濯物はたまり、床には綿ボコリが…
食材はあるのに料理する時間がなくて、ついついコンビニで済ませてしまって、お金がかかやらし太るやら。。

ということで、「ヘルプミー!」
と、リタイアして家にいる父に、家事のヘルプにきてもらったりしていました。
さすが、中野家の主夫!
布団も干してくれて、きれいさっぱり掃除をしてくれました♪
父さん、ありがとう。。

テンパってしまい、依頼原稿を間違えて解釈して、
「こんなの無理〜!」と真夜中に泣いたり。
お茶がらをゴミ箱に捨てようとして、床にばらまいたり。
焦ってると、本当に良い事がありません。

そんな時、今度は定期入れが無くなってしまいました。。
つい先日、スイカに多めにチャージして、2000円くらい残ってたのにー!
交通費の領収書もいっぱい入ってたのにーー!!確定申告ー(;◇;)!

悠長に泣いてる暇もありません。。
パスネットを買って、イラストマップの取材にでかけました。

電車に揺られながら...
「今って、もしやプチ不幸ウィーク?」

悲しいけど、小さな不幸に振り回されちゃいけない。。
気持ちが沈んで、さらに不幸を招いてる場合ではない。
少し、慎重にならなきゃ。。

…と思っていた時、友達から良いアイデアを教えてもらいました。

「なくしものは、持ち主の厄をもってってくれるというではないですか
 いっこある筈だっためんどくさい出来事が消えたのかもしれないよ〜。 」

なるほど〜!
そうかも、そうなのかも!
もしかしたたら、長年愛用してきた私の定期入れが、
私の厄を払ってくれて、守ってくれたのかも!

うん。そう思う事にしました。
だから、もう5年くらい(?)使ってきたボロボロの定期入れに
感謝の気持ちを込めて。

「今までどうもありがとう」
[PR]