f0143412_1352257.jpg
左がトマトで 右がキュウリ

さっき、父さんにキュウリとトマトの苗を買ってもらいました♪


去年はお休みしてたんだけど、今年もベランダ菜園再開します!
今日はお天気も良いし、苗たちもフカフカの土で嬉しそう。

今はこんな小さな苗も、あっという間に蔦がニョキニョキ伸びて
手に負えなくなるんだろうなぁ。
今年はキュウリに挑戦してみたので、どんな感じに育つのか楽しみです(^^)

これで自給率0.何%くらいは上がるかしら??
[PR]
f0143412_22465078.jpg
突然ですが、最近、図書館で借りてきて読んでいたのが
五木寛之さんの『他力』と『天命』でした。


五木寛之さんのエッセイが大好きで、
20歳の頃、生きてる事自体が不安で足下がグラグラで涙ぐみながら生きていた頃、
『生きるヒント』というシリーズエッセイに出合って、ホントに救われました。

その中にあった言葉、
「それぞれの砲台から標的を打て」
という言葉が自分の一番心にある言葉といって過言じゃないくらい。

みんな、それぞれの生活の中で、それぞれの人が、それぞれの方法で
物事を少しずつ良くすればいい。
私の中で、そんな意味で理解していて、
なかなか思いとおりにできないけど、そっちを向いて生きてるつもり☆

五木さんは、浄土真宗本願寺系の大学・龍谷大学に通ったりして、仏教史にも精通されていてます。『他力』と『天命』の中でも、浄土宗の開祖・法然、その弟子浄土真宗の親鸞、その子孫・蓮如のことに触れていました。

そういえば、『ほぼ日』でよく連載されている、
吉本隆明さん(吉本ばななさんのお父さま)の対話でも、
親鸞の事がとりあげられていますね〜。

五木さんや、吉本さんは、幼い頃に戦中、戦後を体験した、
今となっては数少なくなった体験を伝えてくださる方達で、
そういう人達の言葉は、「生きる」ってことが心の問題になった今の時代に
ず〜っっん、っときます。

チベットのこととか、北朝鮮のこととか、
アフリカやアジアの貧しい国の人たちのこととかも、胸が痛いけど、
私にとっては、今、自分のすぐ隣で苦しんで命の限界を感じて、自らの命を断とうとしていう人がこんなにも沢山いるってことがもっと気になってしまうのです。

日本では、年間に3万2千人以上いるんですって。
今、警視庁発表のwebページを見て、背筋が寒くなりました。
平成10年からどっと増えてます。何かあったのかな?
10年間で、1万人も増えてるってどういうことなんだろう??
しかも、60歳以上のお年寄りがダントツに多い。

でも、体験した人は固く口を閉ざしているから知らないだけで、
死はすぐ隣にあるんだなって思いました。
昨日の帰りの電車も、人身事故で遅れてた。

とっても恐い事なのに、それに慣れそうになっている自分はもっと恐いのかも。

チベットの事で、自分の生活の中の“信仰”について考えました。
日本には、国を上げての宗教ってないので、信仰についてあまり意識することは
なくて無宗教だと言う事が多いのだけど、
無意識の中で「神様」を信じてるって事は、はっきりとした対象がなくても、
“信仰”はあるんじゃないかな…と思いました。

五木さんも、「見えないものへの畏怖の感情」が
日本人の中にあるって言ってました。

うちの父は長男なので、小さい頃から仏壇がある家で、
悪い事をすると「おばあちゃんに怒られる」という気持ちがいつもありました。

実際に、不思議な体験も覚えているんです。
小さい頃、随分大きくなるまで指しゃぶりが直らなくって。
母と一緒にお仏壇のお店に行った時、カウンターで座りながらおしゃぶりをしてたら、
後頭部を「ポコッ!」とぶたれたんです。

お母さんは隣で店員さんと熱心に話し合ってるのに。
「あぁ、おばあちゃんに怒られた…」と今でもそう思ってます。

神様を信じる気持ちとはちょっと違うかもしらないけど、
何かそういう“見えないもの”の存在を信じてる。

そういえば、以前、家の仏壇を見て
「ウチの宗派って何?」と親に聞いたら、浄土真宗だって言ってたな〜…。

何も教わった事はないのに、今になってチラチラ目にし始めた所が
不思議だなぁ〜と思いました。

あ、そう言えば、去年行った岩手県のミソギ師さんの所でも
「ナマスサッダルマープンダリキャーソタラン」
(南無妙法蓮華経という意味)ってマントラを唱えたっけ。
浄土真宗では「南無阿弥陀仏」というらしいけど。
宗教ってややこしい。。。

私としては、「八百万の神」っていうのが一番しっくりくる感じです。
仕事に息詰まった時には、“イラストの神様”が時々おりてきてくれるしw、
神社の大きな御神木や、屋久島の縄文杉には、やっぱり木の精霊がいると思う。

そして多分、こういう感覚って、とても日本人らしいのだと感じます。

は〜..... 連休、こんな事を考えて過ごしてます(笑)
一人言でした☆

ちなみに、写真は去年出雲へ行った時の写真。
どこか忘れたけど、堂々とした木です♪
[PR]
f0143412_19581217.jpg
昨日は、ねんどの師承・森井ユカ先生のもう一つの顔、
“雑貨コレクター”としての個展へ伺ってきました!


『スーパーマーケットマニア 雑貨コレクター・森井ユカの世界展』

       会期 : 4月23日(水)〜来月5月18日
       時間・場所 : 有楽町線「護国寺」より徒歩0分
             講談社1階『Kスクエア』
             ※先生のブログでもご案内あります☆

* * *

展示室内は撮影ができないので、入り口だけパシャリ☆

会場内は、今まで出版した本で紹介された、
ヨーロッパ・アジア・アメリカの・北欧の雑貨や、
各国の郵便局グッズ、救急箱グッズ、取材の手書きメモや、取材グッズが
所狭しと、しかも気持ちよくキレイに飾ってあって、見どころモリモリでした!

詰め込み方と、抜き方、気持ち良い所でとめる潔さ、とか、
「さすが先生!」という感じでした!

業界の方、講談社へ打ち合せや売り込みに行く際には、
ぜひ覗きにいってみてくださいね☆

今回の展示のイベントとしてワークショップが催されてまして、
私も参加させていただきました。

「スウェーデンのチラシを使って、時計の文字盤をコラージュして作ってみよう!」

というワークショップです☆

スウェーデンのスーパーのチラシは、日本のチラシと違って爽やかでキレイな色が多く、ハサミでチョキチョキ切っていると、どうやってコラージュしようかアイデアがフツフツと沸いてきます。
脳のいつも使っていない部分が活性化されるよう!
楽しかった〜♪

f0143412_203983.jpg
出来上ったのが、コレ↑
向こう側にぼんやり見えるのがユカ先生♪


我ながら、結構気に入った時計ができました(^^)
時計が壊れたところで、ちょうど新しい時計がやってくるなんて、
なんてタイミングの良いこと!
しかも、ちゃんと目ざまし時計になっているし、
前の時計と同じように、暗い所で文字盤が見えるようにランプも付いてる。

一つ去ったら、一つやってくる。
コレも運命??

いっつもお世話になっている先生へ、お祝のお花をプレゼントしました♪
母の日用のアレンジメントみたいなんだけど、
気持ちはそんな感謝の気持ちだから、調度いっかな?

* * *

もう一つうちにやってきたもの。
ウクレレの先生からお誕生日プレゼントにいただきました。
“亜麻の実油”というんですって。

f0143412_20253170.jpg

アトピーなどアレルギー性の肌のトラブルに効果的な油で、
お料理に使うと良いそうです。へ〜っっっ!

お気つかい、ありがとうございます♪

私ってば、先生と呼べる先輩に恵まれているなぁ…と思った一日でした。感謝☆
[PR]
もうずっと前、友達にもらった目ざまし時計が、
新しい電池に入れ替えても入れ替えても時間が遅れてしまって調子が悪くなってしまったので、時計屋さんに直してもらおうと持って行きました。

安いモノでも友達からもらったものだし、
ちょっと直せば使えるかもしれないのにゴミにするのが嫌だったのです。

一件目の時計屋さんは見るなりに、
「外国製の時計だし、おもちゃみたいな安い品物だし、
 どこのメーカーか分からないから修理できませんね。すいませんね。」
と、修理を断られました。

時計屋さんのプロとして、できるかどうか開けて試してみるくらい
してもらいたかったなぁ…。
何だか煮え切らない気持ちでの帰り道、もう一件の時計屋さんを見付けたので、
しつこくももっかい見てもらったら、やっぱり。

「部品がくっつけてしまって、修理しずらいようにできてるんですよ。
 修理したら、作業台で4000〜5000円くらいはかかってしまうので、
 買った方が安いですよ。
 今の商品は大量生産で、使い捨てみたいになってますからね。
 仕方がないです。」

と断られました。
な〜んか煮え切らない〜…。
時計屋さんのプロじゃん、仕方がないって言い方ないじゃん。

悔しいので自分で直してみよう!
こんな簡単な事、プロができないなんて、何さ!

…と思いたくて、時計を分解してみたのですが。。。

f0143412_1932989.jpg
う…
再起不能に解体してしまいました…
やっぱり「仕方がない」事だったようです…


解体した中身は、とっても精巧な作りになっていて、
壊れちゃった(壊しちゃった?)けど、良いものが見れました!

ほら、アーティスティックな写真が☆
f0143412_19172213.jpg

…なんて。
プレゼントしてくれた友人へ 「ごめんね.....」
でも、10年ちかくは役立ってくれました。ありがとう♪
[PR]
f0143412_2375351.jpg
生まれたての新企画『カエルくんの地球さんぽ』
第二回「シャロムヒュッテへ」ができました!


先週、二泊三日で行ってきた内容を、一泊二日にギュッと濃縮してまとめてみました。

カエルくんになりきっての文章書きは、まだ不馴れで難しい〜っ!
のですが、楽しんで書く事ができました☆

本当は、オマケで「安曇野ちひろ美術館」へ行ったこととかも書きたかったのですが、
気力がもたなかったので(笑)、できる範囲で大切なことを詰め込むことにしました。

お時間あったら、ぜひ見に来てくださーい!

★『カエルくんの地球さんぽ』


※今回、取材させていただいたのはこちらです。
 舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
[PR]
f0143412_14355548.jpg
絵描きのホリローちゃんと、粘土つながりのたまちゃんと一緒に
代々木公園前で昨日・今日と開催中のイベント「アースデー」に行って参りました。


人がいっぱいで混むから…と、午前中に集合して早めのランチをして大正解!
午後から沢山の人で歩くのもおっとっと...という人出でした!

有機農の野菜やお米、大豆などの出店や、
天然素材で作った建築素材の出店、まな板のお店、
フェアトレードのお店、途上国支援団体のブース、
ヒッピーな人々のお店、etc....

色んな人達が色んな方向から出店していて面白かったです。

ランチは、玄米のおにぎり、豚汁、天然酵母のパン。
美味しかった〜

そして、びっくりに嬉しかったのが、
高校時代の友達の農家さんが出店していて、偶然出会えた事です!!!

うろうろしてたら、あれ?ここの農家さんの名前、確か友達の....
と視線を降ろしたら友達の顔が目の前にあってびっくりしました!
もう5年以上は会ってないと思う。
千葉の農家の嫁に行って、なかなか会えなくなって、
時々文通するくらいしかできなかったから、懐かしくて嬉しかった〜。。

色々お話することができて、私も少しながら彼女の役に立つことができそうで
ますますカエルくん企画が楽しみになってきました☆

先週の「シャロム」もまとめていない所で、
「アースデー」も次のレポートにしたいし、
昨日出合った人達とのお話で新しいネタもゲットできたし、
やることモリモリになってきました。

わくわく。。
f0143412_1436209.jpg
※ランチとカエルくん。「どれからたべようかな?」

※女子必見☆これ『布ナプキン』なんですって!
生理痛が楽になったりするらしいです。とりあえず試してみよう♪

[PR]
二泊三日の、長野県安曇野「シャロム・ヒュッテ」からの
取材旅行から戻ってまいりました〜

三日目の今日は、朝ご飯をいただいてからすぐに帰路につく事にしました。
穂高駅から松本駅まで36分。
そこから高速バスで3時間12分。
新宿から家まで1時間弱。
特にバスは苦手なので、なかなかしんどい移動であります〜

でも、二日目の宿泊メンバーはとても個性的な方達で 、とても収穫のある旅でした!

助産師の女性2人。
エコツーリズムという学問を、本場オーストラリアで学んだ、
再生事業(旅館再生など)をする会社で働く女性。
天然酵母のパン作りにはまった女性。
両親をみとった後、心の安定を崩してしまったのがきっかけで、
土いじりの癒しに気づいた女性。

みんな女性ばかりなんだけど、来ている土地も長崎、大阪の方もいらして
それぞれの立場からそれぞれの必要性を感じて、ここにいらっしゃってるんです。

なんかなんか、素晴らしいな〜っ!…っと思いました☆

さっそく明日からレポートをまとめようと思っていたのだけど、
急ぎのお仕事が入ったので来週アップになりそうです〜
詳しくのレポートはもう少々お待ち下さい。

f0143412_2334559.jpg
※朝のエコツアーの時の記念写真。
 もっと寄らなきゃいけないのかと思って、後ろに隠れちゃった私...怪しいなぁ。

※そして、帰り際にカエルくんと撮らせてもらった、オーナーの臼井さん。お世話になりました!

[PR]
f0143412_053922.jpg
ひそかに暖めていた企画のサイトがやっとできあがりました!

★カエルくんの地球さんぽ


WEB制作アプリケーションを使ったのは久々だったので、
とても時間がかかってしまいました〜...
できる範囲の技術で作ったので、あまり凝った作りにはできませんでしたが、
シンプルにお届けしたい内容がアップできるように作りました。

実は、去年あたりから暖めていたのですが、
地球環境や生活や、私たちの心の事、
とても身近で不思議な、自分が生きているっていう事を、
「カエルくん」というキャラクターと一緒に勉強していきたいな(しかも楽しく♪)
と思って、このプロジェクトを企画しました。

たった一人のプロジェクトですが、ここから色んな人と繋がって行けたら良いなと
願いを込めて、ライフワークとして仕事の合間にのんびり楽しく続けてゆこうと
思います。

熱い思いは、「From Tomo」に書きましたので
お暇がありましたら読んでくださいw。

今回、カエルくん実写のために、キャラクターの縫いぐるみ制作を
「たまぬい」のたまちゃんにお願いする事ができました☆
たまちゃんにとっては違例の“コラボ”を引き受けて下さって、心から感謝です!
お陰で、とってもかわいい「カエルくんぬい」が出来上がって、
ますます取材さんぽが楽しみになりました♪

まず第一回は、カエルくんからの「ごあいさつ」まで。
良かったら見にきてくださいね☆
最初の取材には来週いってまいりますので、お楽しみに!

サイトに使わなかった、カエルくんぬいの野外カットをちょこっとご紹介します。
f0143412_0275510.jpg
シチュエーションによって、表情が違うように見えるのが不思議です(笑)

[PR]
f0143412_22593086.jpg
先週、先々週と、伊豆へ遊びに行く機会がありました。


先々週はお友達と、桜の咲き乱れる伊豆高原へ。
先週は母と、熱海と西伊豆の「三津シーパラダイス」へ。

色んな事があったのですが、自分のキャパを越えてしまったようで、
ぼへ〜…とした日々を過ごしてしまって、
なかなかまとめることができないのですが。。
「三津シーパラダイス」でキレイな海の生き物の写真がいっぱい撮れたので、
熱海の「貫一お宮の像」と一緒にお伝えします☆

そして、来週もまたお泊まりで今度は長野の安曇野へ一人旅をしてきます。
3週連続で旅に出るのは、結構しんどいことでもありますが、
贅沢な悩みというものですね。

普段、一人で仕事をし、一人で生活をしているので、
彼氏が欲しい、家族に憧れる…という気持ちは人一倍強いのですが、
誰かと旅行をして、一日中一緒に過ごすっていう日々を過ごして
色々考えたりしました。

「集団」と「個」について。
自分の人生について。
生きるってことについて。
体のこと、心のこと、食べ物のこと。
環境のこと、農業のこと、地球のこと。

分からない事ばかりで、考えがまとまらなくて、
不安にかられて混乱してしまいます。

だから、ここから前に進むためにも、
なかなか作業が進まないのだけどちょこっと新しい事を初めようと
少しずつ今、準備してます。
答えを出すためではなく、まずは「知る」ことから初めよう。

お楽しみに☆
[PR]