先週、今週と美術館へ行ってきました。

先週は、あかばねまきちゃん、ちづちゃんと一緒に、
松下電工 汐留ミュージアムで『アール・ブリュット/交差する魂』を。
今日は、一人で世田谷美術館で『冒険王・横尾忠則』を。

★『アール・ブリュット/交差する魂』
★『冒険王・横尾忠則』


* * *


「アール・ブリュット〈生の芸術〉」とは、またの名をアウトサイダー・アートと言って、正規の美術教育を受けていない人達によって、文化潮流や伝統、流行などとは無縁に制作された作品です。

ただ自分だけのために、孤独の内に生まれる作品たち。

今回の展示は、スイスにあるアール・ブリュット・コレクションと、
滋賀県にあるボーダレス・ミュージアムNO-MAとのコラボ企画で、
世界の色んな国の人達の作品が見られます。

孤独の内に生まれる芸術…なんて言われると、
ついついドロドロとした暗いモノを想像してしまうのですが、
その予想をあまりに裏切ってくれる作品たちでした!

ただただ内側からにじみ出る“表現”っていうのは、
こんなにも自我がなくて純粋なモノなんだ…と感動しました。

「見て見て!」
という、自我がそこには全く無い。
ただ生まれただけの存在。ただそこにあるだけの存在。
まるで“生命”そのもののような作品たちでした。
モノを作り出す上で、この感覚は実はスゴイ事です。

だから、どんな表現の作品でも、切ないような懐かしいような気持ちになって
何だかギュッと抱き締めたいような愛らしさを感じるんです。

これは、画像でも写真でも伝わらない感覚なので、
ぜひ、モノを作る人はもちろん、生きている人達みんなに観てもらいたいな〜。

絵を描いたり、モノを作ったりするのは、
生きているためにそれが必要だからだと、私も思います。

入場料は¥500です。
7月20日までやってます♪

* * *


そして炎天下の中、用賀駅から徒歩17分で汗だくになりながら行った、
『冒険王・横尾忠則』☆

入場料1200円はちょっと高いな…と思っていたのですが、
いやいや、それだけのボリュームのある展示内容でした!

まず作品数がスゴイ。
そして、作品のサイズがスゴイ…!
そして、作品の内容が濃ゆい…!!

正直言って、パワー負けしました…。
前半は楽しんで見れたのですが、
今週のハードワークの疲れが出てしまったのか、後半は流し見に…;;
横尾さんの作品は、元気がある時じゃないと見れないなと思いました。

だって、2mを越す作品を目の前にしてみて下さい。
絵に飲まれます。
ぐるっと自分の周りにまで絵の世界に囲まれて、
横尾さんの夢と同じ夢を見ているような気分になります。

Y字路シリーズという作品があるのですが、
この世界感の重なり方はただ重なるだけでなく、
奥行きがあるので絵の奥に引っぱり込まれて行きます。

こんな重量感のある作品を描きあげる横尾さんって、
ものすごいパワーの持ち主だな…と改めて感じました。

よく、絵に飲まれないなって。

でも待てよ、もしかしたら、飲まれないために描いているのかもしれない…。
もし、自分の中にこんな世界が出来上ってしまっているのなら、
外に出さなければ、自分の中に閉じ込めていたら、気がおかしくなるかもしれない。

そう思ったら、横尾さんの作品もアール・ブリュットなのかもしれない…と思いました。
横尾さんにとっても、描く事が、生きるために必要な事なのかも知れない。

ただ違うのが、そこに自我があること。
だから、観ていてパワー負けしちゃうのでしょう…(^^;)

人は色んな方法で、生きてくためにバランスを取っている。
描く事、作る事も、その一つだと思います。
生きがたさを支えるために、そうする事もある。

だから、生きるためにそれが必要でなくなったら、
描かなく・作らなくなる人もいると思う。
でも、それで良いんだと思う。
[PR]
f0143412_0262079.jpg
今日は、イラストレータ−友達のキヨちゃんに誘ってもらい、
これまた同業先輩の五十嵐さんが住む埼玉県武蔵嵐山で
田植えのお手伝いをさせていただきました☆

※カエルくんレポートするかどうかはさておき、カエルくんショットも押さえてみました(^^;)


地球のことが知りたい、心と体のことが知りたい、
暮らしのこと、自分たちの食べ物がどこからやってくるのかが知りたい…


そんな事を考えて日々暮らしていると、私のアンテナから発する電波をキャッチして、
色んな人や事が、向こうからやってきてくれます。

人生って本当に不思議です☆

田植えは初体験!
皆さんは、田植え用足袋を履くところ、キヨちゃんと私は裸足で挑戦しました!

泥に足が沈む感触は、表面はあったか、泥の奥はヒンヤリ…でとっても不思議でした。
泥に足を取られて、転びそうに何度もなりながらも、何とか転ばずに済みました〜 ふぅ。

f0143412_0252429.jpg

田植えは、こんなふうに親指と人さし指と中指、3本で稲を挟んで、
両端で張ってくれる紐のラインに合わせて、
全員横一列にならんで、いっせいに植えていきます。

水中の泥にきちんと稲の根っこを刺さないと、
後で稲が流れてしまうので注意しながら…


f0143412_02720100.jpg
田んぼのあぜ道にある桑の実を食べてみたり。


お昼には、農家の方達が実家で採れた野菜を使ったご飯を持ち寄りしてくれて、
とっても豪華でお腹いっぱいでした♪


午後からもう一ガンバリして、一旦半の田んぼの田植えが完了!

f0143412_0275046.jpg

最後にはみんなで拍手して、無事に田植えが終わったのを喜んで☆
30人ちかくで、一つの作業をやり遂げるのって、何かいいですね〜

こういう風に近所の人達で助け合って、
里山の人達はコミュニティを自然に作っていたんだろうなぁ。

そして、それは今の時代だってできるんだって、そう思いました。
一人一人がいてくれたから、できること。
どんなに非力な人でも、そこにある一本の苗を植えたのは、その人です。

稲1本には、大きくなると100粒ほどのお米が実るそうです。
こんな小さな苗が、そんな量のお米になるなんて、本当に不思議です。

今回の田植えには、知り合いの知り合いが寄り集まって、いろんな人達がいました。
イラストレーターをしながら、自給自足の生活を目指す五十嵐さん。
サラリーマンをしながら、農業を勉強している方。
インドへの支援をするNPO団体活動をしながら、畑を借りている方。
デザイナーさん、編集さん、書道家さん、会社員、若い人から年輩の方まで、
本当に色んな方たちがいて、色んなやり方があるんだなって思いました。

それは、とても希望のあることだなぁ…と思いました。

誘ってくれたキヨちゃん、サンキュ!

f0143412_2282433.jpg
そして、オマケ(似合いすぎ…笑)

[PR]
4月の『アースデー東京2008』で再会をした友達から、ある朝きたメール。

f0143412_16322341.jpg
title : 野菜セットプレゼント


「一度お野菜を食べていただきたい!」
との好意で、宅配の野菜セットを送っていただいてしまいました♪

とっても嬉しいけど、なんて急な…
そして、なんて彼女らしい…(笑)

翌日送られてきた段ポールには、お義母さまがいれてくれたお花と、
緑の葉っぱのお野菜が沢山入っていました☆

「リサイクルできるものはリサイクルしたい」
という思いから、段ボールはリサイクルのを使って、
できるだけ過剰包装はしないように心掛けてるんですって。


新聞紙にくるくる包まれてやってきたのが、この子達♪
f0143412_1634612.jpg

今の時期は、あまり沢山収穫できる時期ではないそうで、野菜を間引きながら大きくする途中なんだそうです。なので、大根も、玉ねぎも、子どもみたい。

土と命の匂いがする野菜たち。
畑からのお便りは、言葉ではなく、匂いとかエネルギーとかそういう感覚で
何かを伝えようとしているような感じでした。

「さくま草生農園」では、耕さない、農薬を使わない畑で育ちます。
自分の力で大きくなる野菜は、ちゃんと“命”がある。


無農薬の証拠に、時々サプライズな生きモノたちも!
そんなちょっとしたドキドキも味わえます(笑)
f0143412_16474756.jpg


お義母さまからのお花は、大きな花瓶と小さな花瓶に入れて、
部屋のあちこちに飾ってみました。
f0143412_1641832.jpg


この週末は外出が多くてなかなかお料理ができなかったのだけど、
大根の葉っぱと大根、先日のGAIAで買った有機きぬ豆腐でお味噌汁を作ったり。

今日のランチには、ハンバーグと目玉焼きのつけ合わせに、
小松菜と玉ねぎとえんどう豆を使って野菜炒めを作りました。
f0143412_16481550.jpg

このホッとする感じは何だろう?
クセがなくて食べやすいのに、苦い野菜はちゃんと苦くて、あまい野菜は甘くて、
ちゃんと自己主張をしてる感じ。自然の味なのかな?


野菜と一緒に、農園からのお便りが同封されています。
f0143412_1754725.jpg


今の時期にはどんな仕事をしているか、野菜やお米の状態はどんな様子か、
台風や気候の具合にどんな苦労があるのか、お便りから農園の空気が伝わってきます。

農業の事を描いているのに、人生にも共通する言葉が時々あって、ドキッとします。

「忙しいからと言い訳をせず、敵期に適度な管理をするように努力いたします。
 時期を逃さぬようよく観察することにします。」

「忙しくなりますと その判断力・観察力が劣りがちです。
 本当はどんな時でも、その時に正しい作業ができていないといけません。
 それができないとプロフェッショナルではないのかも知れません。」

「淡々と作業を進め ゆっくりとした成長を見守るばかりです。」

あぁ、そうだな…って思います。
どんな仕事でも、どんな人生でも、同じだなって思います。

こんな、淡々と力強く働く人達の手で、素朴に育った野菜やお米を、
ぜひ皆さんにも食べていただけたら嬉しいなと思います♪


興味がありましたら、ぜひ一度お試しでお取り寄せしてみてください(^^)/
---------------------------------------------------------------
 ★野菜セット 2000円(送料別) 1箱1回
 ★米・5kg  3250円(玄米のみ)

〈連絡先・お問い合わせ〉
『佐久間草生農園』
千葉県香取郡東床町小南967 tel.0478-87-0351
佐久間 清和・知子 まで

※昼間は畑に出ているので、お電話は夜にお願いいたしますね
---------------------------------------------------------------
※野菜セットとお米の値段が少し違いました!修正しましたのでヨロシクお願いします(_ _)
(2008.6.17)

[PR]