f0143412_1215402.jpg
普段、ペンタブレットを使って絵を描いているのですが、
腕が汗でペトペトくっついてやりにくいので、
腕カバーを自分で作ってみました〜♪


* * *


使わないであろうタンクトップの表と裏を使って、
チョキチョキ切って、テキトーに縫い、100円ショップのゴムを通してできあがり!

事務用品用の腕カバーは100円で買って使っていたのですが、
Tシャツ素材だと肌触りが良くてもっと良い感じです(^-^)

かかった費用100円だし♪

夏が大の苦手なワタクシですが、
何とか工夫して、元気に秋を迎えたいものです〜

早く秋にな〜れ☆

* * *


先月まで飲んでいた漢方薬の後遺症が残っているのか、
急にほてって汗だくになり、無駄に体力を消耗するので、
なにか良い方法ないかなぁ…と思い、
昨日、『径絡リンパマッサージ』の本を買ってみました。

経絡(けいらく)というのは、
東洋医学で生命を維持させるためのエネルギーである気・血の通り道
…だそうで、体内の臓腑と体表をつなぐルートなのだそうです。
経絡にそってマッサージしたりツボをおすことで、
リンパの流れを良くして体の“滞り”をなくすことで、
体調を整えるそうです。

最近、肩こりがひどいし、婦人科の方も遅れてるし、
たしかに仕事がきついのもあるけど、
これから厳しい夏もやってくるし、
少しでも体を楽にしたい〜

さっそくお風呂の後に、
「ウォーミングアップのために必ず行いたい!
 全身基本マッサージ」
というのをやっみました。

足の裏からはじまって、ふくらはぎ、太もも、背中から腰、
ヒップ、腕、バスト、おなか、デコルテ、首、顔、
…とリンパの流れ(経絡)にそってマッサージしていきます。

ところどころ、痛い…!

とくに痛かったのが、ヒップとバスト(><)
基本マッサージの後に「女性の悩みをリセット」のページを
やってみたら、痛かった所は女性の疾患に関係する場所だったので、
やっぱり弱い臓器なんだなぁ…と思いました。。

その場所が痛くなくなるまで、
しばらく続けてみようと思います〜
[PR]
f0143412_20365080.jpg

昨日の金曜日は、ひさびさの立体のお仕事の撮影で、
雑司ヶ谷にあるカメラマンさんのスタジオまで行ってまいりました。

西武池袋線から副都心線が乗り継いでいて、微妙に便利。
雑司ヶ谷とか早稲田らへんって、
都電があって何となく昭和な懐かしい感じがして良いですね〜♪


* * *


ともあれ、先週のプリンター騒動やらで時間がおせおせになってしまい、
今までで一番かもしれないほどのギリギリさで制作を間に合わせました。。。

なんかこう、もうちょっと余裕を持って仕事ができないかと思うのですが、
(これでも、フリーを初めた当初よりはずいぶん良くなったのだけど...)
それでも、今まで納期に遅れたことは1度もないし、
我ながらそこらへんは“プロ”だなぁ…と思います(^^;)

今回、初めて電車の中でも作業続行でしたw
フェルトで雲をチョキチョキと切り抜き。切り抜き。

自転車が入っているんじゃないかと思うほど(←カメラマンさんに言われた)
でっかい荷物をかかえて、電車内でフェルトを切り抜く私は
かなり怪しく思われたことでしょう〜
貫徹で寝てなかったので、周りを気にする余力もありませんでしたが…

そんなわけでのひさびさの撮影のお仕事でしたが、
誰かの他者と同じ現場でお仕事をするのは久しぶりなので、
とても楽しかったです〜(^○^)

ご一緒させてもらったカメラマンさんも、編集さんも、
児童書のお仕事を沢山されている方だから(?)か、
ほんわ〜かした空気を身にまとられていて、
美味しいコーヒーなどをいただきながらリラックスして撮影が進みました。

思うのですが、仕事をプロとしてずっと現場で働いている人達って、
力の抜き方が上手な気がします。
その点、私はまだ「アセアセ」「ガツガツ」しているので、
そういう方達によく、「まぁ、落ち着いて。」と言われるのです…

今回の撮影は、モチーフを数個のパーツに分けて、
離して距離をつける事で少しバックをぼかしたり、
手前に飾り罫のようなのを付けたり…と少し難しかったのですが、
みなさんのお力でなかなか素敵な写真が撮れました☆

8月に、この作品を使ったものが雑誌に載るので楽しみです〜♪

その際にはまたお知らせいたしますので、
書店でお見かけすることができたら見てみてくださいね!

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭はぜひ、ご購入くださるとうれしい〜かも(>▽<) 


 
[PR]
by tomokuro-55 | 2009-06-20 20:40 | Trackback
f0143412_202810.jpg
でかくてはみでるプリンターPM-3700C


先週、今まで使っていたプリンターが突然使えなくなり、
修理に出してももう5年も使ったプリンターなのだから…
と、新しいものを買うことにしました。

結局無事に使えることになったのが、
こちらのEPSONの「PM-3700C」という機種なのですが、
この間の週末から、長い戦いだったのです…(←大げさ)


* * *


私の使っているMacは「Power Mac G4」というので、
分かる人は分かると思いますが、OSがOS9とOSX両方が入っているのです。

OSXで起動した時、OS9の環境をクラシック環境として、
アプリケーションの一つのように立ち上げて使うことができます。

もう世の中は、OSXの世界。
私はまだOS9の環境で仕事をしているので、
周辺機器がどんどん対応していないものになってゆくので、
肩身の狭い思いをしている一人なのです(; . ;)

新しいプリンターを買うべく、弟にドライバーを頼んで車を出してもらい、
土曜日に近所の電器量販店に行って新しいプリンターを買って…

昨日中には仕上げて納品しなければならない仕事があったので、
今朝は徹夜してお仕事のイラストをしあげ、
朝方、プリンターをセットして印刷しようとしたら。。。

ぐはっ!!

OSXで起動しても、
クラシック環境のアプリケーションはプリントできないのだった!

よくよく考えれば分かることだったかもしれないのに…
OSXのアプリで何とか出力できないものかと、
OSXにもとから入っているiPhotoで出力してみたり(色ミが全然ダメ)、
adobeのサイトで体験版のillustratorをダウンロードしてみようとしたり
(OS10.5代でないとインストールできず)、色々あがいたのですが、
うぅ、どうしよう…と気絶。

3時間くらい仮眠をして、ダメもとで買った電器屋さんへ電話して、
返品できるかどうか聞いてみたら、
本当はダメなのだけど、今回だけは返品させてもらえることに…!

インクもセットしちゃったのに!
ありがとう! ○○○!!

OS9環境で使えるプリンターを調べたら、
1種類だけあったのでそれが残っているのかも聞いてみたら、
ラッキーなことにそちらもお店にあったので取り置きしてもらいました☆

5kgのプリンターをお店まで運んで、
買い替えたプリンターはさらに重く8kgなので、それを運ぶのも大変…
こちらもダメもとで母に電話してみたら、車を出してくれて、
ホントにもー、ついてないんだか、ついているんだか!

OS9対応の機種は、こちらのPM-3700Cというのしか残っていず、
A3ノビなので、思わぬデカイボディーを購入しなければならないことになってしまい、
もちろんお値段も、最初に買ったプリンターの倍かかってしまい、
¥27,000ほどの買い物に。。。トホホ…

はぁ。
厳しい上に、厳しい買い物。。


母に、「あんた、ため息ばっかりついてるよ」と言われちった…


とにもかくにも、無事に出力できて、無事にデータも納品いたしました☆
あぁ、長い戦いだった〜
本当に、アプリケーションの環境もOSXを購入しなくちゃマズイですね(><)
イラレ¥84,000かぁ… はぁ…


まぁ、どうにかなるっしょ!
とにかく仕事はあるので、がんばりましょう!!(←無理やり?w)



* * *


f0143412_2003266.jpg
先に買ったプリンターを返品したと思ったら、
いっこ机の上に残ってたCD-ROM!!ぎゃっ!

[PR]
f0143412_1553315.jpg
個展が終わった後、3つほどイラストのコンペがありした。
プライベートのことばかりblogには書いておりますが、お仕事もがんばってますよ☆

そのうちの1つの結果が出て、残念ながら落ちてしまったのですが、
我ながら気に入ったカットが描けたので、アップしちゃいます♪

なかなかカワイクないですか〜? ←親バカ


* * *


今回は英語の参考書のコンペをいただいたのですが、
「ことば」という概念を伝えるのにイラストは有効な手段です。

今現在、担当させていただいているお仕事でも、
中学校の英語の教科書を描かせていただいているのですが、
なぜか、描かせていただけるお仕事に、自分の経験が関係あるものが多いのです。

あまり大きな声では言えませんが、デザイン専門学校に行く前、
英文科の短大を出ております…(女子短大生だったのです〜 バイトに明け暮れた.....)
英検2級も意地でとりました…

えぇ、もちろん。
もう、すっかり覚えていませんが、なにか?

以前、中学校の時の部活だった吹奏楽部の本で文章と絵を描かせていただいたし、
高校生の部活だったバレーボール部のイラストも描かせていただきました。

もちろん、関係のない幼児教育やその他のテーマのお仕事も描かせていただいていますが、アピールを何もしていないのに自分の過去にちなんだお仕事が多く声をかけてくださるのが、とても不思議です。

無駄な経験ってないんですねぇ…

そう思って、ちなんだお仕事いただけないかなぁ…♪と、
しりきにウクレレをアピールしているのですが、
ウクレレにちなんだお仕事はまだいただけておりません(^^;)

もうちっと上手くならないと、
お仕事のチャンスもいただけないかしらw

いつか、ウクレレのお仕事でハワイに取材旅行に行くのが夢です☆


ウクレレもイラストも、精進いたしますので!
ウクレレの神様、イラストの神様、よろしくお願いしまーす!!


↑と、青空に向かって叫んでみる
[PR]

昨日、NHKの爆笑問題の番組で、
福島智さんという、「障害学」を研究している東大教授であり、
全盲で聴覚も失った方をゲストに迎えてトークしていました。

福島先生の傍らには、女性が二人いて指点字という指で指に刺激を与えることで、言葉を理解して聞こえない相手と会話するというコミュニケーション方法をとっていました。
言葉はしゃべれるのですが、子供の時の“記憶”で話していると言っていました。

なんか、すごかった。

目が見えなく、耳が聞こえないのに、
大学に通い、さらに研究を進めて教授にまでなって、
社会に貢献している。

周りで彼を支えている人達もすごい。
(「指点字」を開発したのはお母さまだそうです。) 

福島さんと爆笑問題の太田がしきりに話題にしていたのは、
「障害ってなに?」「生きるってなに?」
という深いテーマ。

普通の五感を持ち合わせている人間からすると、
障害を持っても優れた能力を発揮する人達がいて、
ぐるっと考え方を変えると、
「何が障害なのか分からなくなる」
「失った能力の変わりに、得るものがあるんじゃないか」
と、そんな人達を尊敬とともに、どこかで、
“みんな平等”という意識のもとで、またもとの不平等になる。

当事者である福島さんから言うと、
「そういう考え方は、選べる立場だから言えるんですよ。」
もともとその能力がない人で、天才と呼ばれるような人ではない、
大半の障害を持った方達は、
「まっくらな地下牢に突然閉込められたような孤独」
を生きなければなくなる。
選びようがない。

孤独を感じること。
他の人達とのコミュニケーションが取れないということ。
体の不自由さ以上に、障害を持った人達に対する社会の在り方、
そのものが「障害」なのだ。
と、福島さんは言っていました。

それでも、どうして生きていることができるんだろう。

その話の中で、とある有名な学者の言葉を福島さんが引用しました。

『絶望』=『苦悩』−『意味』

つまり、「意味」のない「苦悩」が「絶望」なのだと。
じ〜ん…。。

苦しみの中で、その苦しみが後々何かに役に立つ、
その苦しみに意味があることを発見できたときに、
人は絶望せずに生きていける。


* * *


先日、女子トークで盛り上がったあかばねまきちゃんは、
今、中学校で障害をもった子たちのクラスで美術を教えているのですが、
授業の中であったあれこれの話を聞くのがとても面白いんです。

彼女のクラスの場合は、軽度の知的障害の子供たちなので、
比較的人とのコミュニケーションがとれるそう。

けれど、自閉症や多動、その他の障害(詳しく知らなくてごめんなさい(><))がゆえに、
みんな個性的。みんな、それぞれ自分のルールの中で生きている。

時には、アールブリュットの原石のような、
すばらしい技術を要する作品まで作る子がいる。

それが、一般社会の中で通用しない言動だとしても、
人間の人間らしさがむき出しで、愛らしく感じられるそう。
まきちゃんは、この子たちに色んなことを教えられるそうです。

そういえば、重度の身体障害を抱えて産まれてきてしまった子供たち(二十歳まで生きられないほど...)の病院で働いていた友達がいるのですが、彼女が以前、
「足りないのではない。この子たちは、これで100パーセント。
 障害ではなく、個性を抱えて産まれてきたんだよ。」
と言っていたのが衝撃的でした。


* * *


なんだか、みんな、同じことを言っているような気がします。

それはきっと、健常者ひとりひとりが自分自信にも言えることなんだろうなぁ。

人間とは、めんどうな業を背負った生き物ですね。
ただ、生きることに意味を見つけること、それが生きていける力。
そんなことを考えることなく、一生が終わればいいのかもしれないけど、
そうではない生き方が魅力的な生き方だったりするのだから、不思議な生き物です。

いま、ここにいること、それを感じることができますか?

どうでも良いことかもしれないけれど、
それを感じられなかった時の不安ときたら、とてつもないものです。

あなたもわたしも、どこかしら何かの障害をもってるのかも?
だから、不安になって、誰かと繋がろうとするのかしら。

まだまだヒントと答えが隠されているみたいです。
だから面白かったりするのだから、しょーもない…(笑)
[PR]
先週末は土曜日に田植えのお手伝いの予定だったのですが、雨降りのために翌日に変更になり、日曜日はウクレレ教室や友達とギャラリー巡りの予定だったので、やむなく断念…(;△;)

つまみ農場のメンバーでイラストレーターの先輩でもある五十嵐さんに、
田植え足袋をお願いして買っていただいていたのに、ざんねん無念です…!
(五十嵐さん、ごめんなさい!足袋代は必ずお支払します!) 

田植えを終えた後の田んぼは、これから「草刈り」や「かかし作り」、
年末には「収穫祭」もあるので、めげずにお手伝いしようと思います☆


* * *


そんなわけで、日曜日は3ヶ月ぶりのウクレレ教室♪

地元のヤマハにはすっかり馴染んでしまったようで、
受付の方も、生徒の方達も、先生も暖かく復活を迎えてくださって、
「あぁ、ホームだなぁ…」などと密かに嬉しくなっちゃいました(笑)

毎年、夏に開催されている発表会の曲の練習に入っていたのに合流したのですが、
またもやサドな先生に難しいパートを任されておりました…。
(へたくそなのに、よく挑戦させてくれるなぁ。。(^^;)) 

でも、家で一人で練習していると、
もっとこうしろとか誰も言ってくれないから進歩しないんですよね。
お金を払って習いに行くのは、やっぱり随分と進歩できるなぁ…と
久々にレッスンを受けて、改めて思いました。

人前で一人でソロを聞かせることをできるくらいまで、
せめて上手くなりたいものです!


* * *


午後からは、高円寺で待ち合わせをしてあかばねまきちゃんと一緒に、
4月に個展をさせていただいたギャルリー・ジュイエで開催中の
「少年展」にお邪魔させていただきました。

ギャラリーと主催の方との共同企画展だったので、
沢山の方が出展されていて、たくさんのお客さまたちで大盛況でした☆

全ての作品の中にローマ字が隠れていて、5文字を組み立ててある単語を探す…
という“謎”が隠されている企画が盛り込まれて、
グループ展ならではのこういう企画も面白いなぁ〜と思いました。

出展者の中には、去年『猫楽百貨』でご一緒した、
スパン社さん、猫和尚さんもいらして、
向いのカフェにお茶をしに行ったら、偶然、猫和尚さんに会えました♪

旦那さまにもお会いできて、なんと、桑沢の先輩だったので、
あのハードな日々やボロい校舎の話とかできましたw

和尚さん、妊娠8ヶ月で体調大丈夫かなぁ…と心配だったのですが、
元気そうでよかった!
というか、かわいくなってました!

いつも思うのですが、妊婦さんってカワイイ…(=▽=)
なんでしょうね?新しい命がやどってるから?
キラキラしてるような気がします☆


* * *


その後、まきちゃんのおうちまで行って、終電まで女子トーク炸裂。
近況話しやら、最近気になることやら。
最近、人間の“におい”が気になったりしております(笑)

だんだん暑くなってきたから、気になる季節なのもあると思うけど、
においってすごく人の好みがあらわれるような気がして。
それで、色んな人に話を聞いたりしてみてるのです。

色んな話が聞けて面白いですw

なんでも、恋愛において人間は自分を似たような遺伝子を嫌うのだそうで、
生物的に、より優れた強い遺伝子を残すために本能的に異質をとりこもうとするそうです。それと、人の匂い“フェロモン”が関係しているのだそうです。
(だから、女の子が年頃になると父親のにおいを嫌うのは当たり前なのだそう。)

それとか、カッコイイでも性格がいいでもないのにいつもモテる男の子がいて、
その人が、肉体労働中で3日もお風呂に入っていなくて、もちろんすごく汗くさいのに、
なぜか、「嫌じゃない」においだよねーという話しとか。

wikipediaの「嗅覚」によると、
「特定のにおいへの感覚は個々人によって異なるが、
 この差は遺伝子配列にまでさかのぼる。」のだそうです。
嗅覚と遺伝子って密接に関係してるみたいですねぇ…
ホルモンにも関係してるみたい。

面白いですねー
これからは、においのセンサーでパートナー探しをしてみようかなと思いますw
[PR]
f0143412_2303287.jpg

今日は午前中に打ち合わせ一本。その後に、渋谷で所用を済ませ、
母校・桑沢デザインの後輩ちゃんの二人展のために中目黒まで行きました。

写真は、帰りに眺めた目黒川。
新緑の気持ち良い季節になってきましたね♪


* * *


打ち合せのあった会社も、皇居と靖国神社の近くにあるので、
窓から入ってくる風が気持ちよかったです。

やっぱり木が沢山ある街は良いですねぇ…

ウクレレの弦が、最近の湿気と暑さと気候の変化が激しいせいか、
先日、ブチッと切れてしまったので、
渋谷へは、今のウクレレを買った楽器店に寄るために行ったのですが…
もぅ、どこもかしこも、人・人・人!!

おまけに、タワレコのもっと先にあるお店に行ったら、
移転して、ドンキ近くになってるし、
さて、ウクレレの弦はどこですか?と店員さんに聞いたら、
ウクレレ専門店ができて別店舗になります…と渡されたマップが
さっき通った渋谷駅前だし…

ムキー−ー!

…となりましたが、ひとまず近くのカフェでランチをして気を沈めました…

ランチがてら、渋谷の楽器店が移動になったことをウクレレの先生にメールすると、さすがにすでに知っているらしく、オススメの店員さんを教えてもらいました。

いざ、お店に行ってみると、小さいながらに店内は前の売り場の時よりも品揃えが増えていて、その美しいウクレレたちにうっとり…
すっかり気分はなおってしまうのでした。。(あぁ、先日に引き続きなんて単純なの…)

そういえば、ウクレレも木でできてる楽器だったなぁ。
ハワイアンコアに、マホガニー。ボディーもネックも木でできている。
やっぱり「木」が好きなのかしら…


オススメの店員Kさんがさりげなく説明をくれるので、
楽しくウクレレトークをひとしきりして、もちろん弦も買ってきましたよ♪

それにしても、楽器のフォルムって美しいわぁ…
見目うるわしく、奏でて美しく楽しい、ウクレレ最高☆


f0143412_2305580.jpg
いずれは本店舗へ移動するそうですが、しばらくはここで出点するウクレレ専門店。
ウクレレラバーズは近くへご用の際はのぞいてみてください♪


* * *


その後、中目黒のhuggeにて、坂三春ちゃんの二人展へ。
三春ちゃんは、桑沢デザイン塾で知り合った9つくらい年下の後輩ちゃんなのです。
粘土の師承でもあり、桑沢デザインの先輩でもある森井ユカ先生に誘って頂いたデザイン塾で知り合ったので、こちらも不思議なご縁です。

美味しいコーヒーをいただきながら、若い二人の作品に触れて、
制作について、いっぱいお話をしました♪

迷いながらも、前へ進もうとする人が、私は好きです。
回り道が、力になる。
ショートカットして目的地に着くよりも、
くねくねと曲がりくねった道を、それでも進む人が好きです。

色々と話してる中で、
「展示では必ず立体を作るのだけど、
 ここんところずっと立体の仕事がないんだよねぇ…(寂)」
…なんてぼやいてたら、
帰宅した後で、もう何年も前にファイルを見ていただいた方からお電話があり、
久しぶりに立体のお仕事をいただきました〜!わ〜い!

…いや〜 ぼやいてみるものですね… ちがうか…(^^;)
[PR]