先日指摘された間違いを復習しながら、
仕事の合間(押しのけ?)に勉強してます。

原発推進の情報は、テレビのニュースでも、政府の発表や電気事業連合会のホームページでも見れるのでそちらで見るとして、違う意見をこちら(↓下記URL)で読んだり見たりしています。

ただ安心したいのなら、知らない方がいいのかもしれません。

知れば知るほど、多岐の分野にわたり、
社会問題や世界政治にまで発展してしまって、
どこまで知れば良いのかキリがない。

だけど、知ってしまったのだから考えずにはいられないです。
ただ怖がっていても何も変わらないし。
知ってから自分が何を感じるかを観察してみようっ。
頭脳がついていかなくてどこまで理解できるかは…?ですけど(^^;)

* * *


ただ最近、漠然と感じるのは、
もしかして、有機農業って、
最も発展した考え方とテクノロジーじゃないかな
…ということです。
微生物と自然環境とのおつきあい。
気候や、虫や、土の中の微生物たち、
世の中のあらゆる現象と調和を保とうとする技。

科学的な論争は、対立を生みます。
そういうことじゃないと思うのです。

あるがままのものと、誠心誠意付き合うこと。
この地球での、自分の立ち位置を知ること。

「きれいごと」とか、「ユートピア」とか、
言う人もいると思うけれど、
「美しさ」をそれぞれの人生にイメージすることは
大切なんじゃないかなと思います。
いつだって、生きることは泥臭いものなのですから。


* * *


★よくわかる原子力

★なぜ警告を続けるのか
 ~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~


★「パエトーン」山岸凉子 → 読む

★田中優さん 
(注 : 前半は原発や放射能のシビアな面の解説なので、
   パニックを感じる方は見ない方がいいかもしれません。)



様々な情報が飛び交う中、最後に判断するのは自分自身です。
あわてずじっくり、いっしょに考えてみましょうね。

デマを流さないための注意点は2点だそうです(こちらから引用)
1.自分が確かめた、元がたどれる情報だけを発信しよう
2.意見なのか事実なのかを区別して書く

私はルールにのっとって書けていたでしょうか?


--- end ---
[PR]
先日、こんなチラシが入ってました。

「太陽光発電促進付加金のご負担についてのお知らせ」

ご存知の方もいらっしゃるでしょうし、
詳しくはサイトをご覧いただきただくとして。
私もなんとな〜くしか知らなかったので
お恥ずかしいのですが(汗)

ご自宅で太陽光発電を導入している方から、
あまった電力を電力会社が買い取り、
その買い取り金額を電気利用者に負担してもらうという制度です。

平成21年の11月から始まっていたそうですが、
去年は買い取り金額が少なかったためなかったそうで、
今年の4月から負担金が発生したのだそう。

負担額は「電気利用料(kWh)×0、03円」だそうです。
私の3月の電気使用料が(計画停電のためいつもより2〜3千円安いです)¥4,578だったので、太陽光促進付加金は¥6.45になるみたい。

本当は、スウェーデンのように電力会社を選べるのが一番いいと思うけど、太陽光発電を導入する人がたくさん増えれば増えるほど、その人にもメリットが出てくるのはすごく良いですよね。
このくらいなら私も負担できるし。

それに、もっともっと自家発電の家庭が増えたなら、
いくら電気利用者に負担してもらうからといえど、
電力会社自らが、自然エネルギーで発電した方がメリットがある
…と変わるかもしれません。

改めて思ったけど、電力会社…に限らないのかもしれないけれど、
「得をする」という方向でないと変わらないのかな…。


まだまだ勉強不足です。
知らないことがたくさんあって、判断するのは難しい。

安心させる情報。
危機感のある情報。
原発推進派と反対派。

絡み合った情報の中で頭が混乱してしまうけど、いろんなことをひとまず置いといて、嫌だな、悲しいなと思ったのは、意見の違いで人と人が対立していることです。

絶対の正いはきっとない。
未来の子供たちや孫や子孫や、
生かしてもらってる地球や他の生物のことも考えて、
みんなで乗り越えられるような歩み寄りは
できないものでしょうか。

発展しながら、きれいな地球を残すことだってできると思う。


* * *


前回書いたフラスタジオでは、
レッスンの前にハワイのお祈りの歌を歌います。
歌詞の頭文字をとって「ALOHA」なんですって。

♪ Aloha Chant ♪

Ai
kahai e na Hawai'i(ハワイの人々、思いやりを持って)
Lokahi aKulike (助け合うとハーモニーが生まれます)
'Olu'olu ka mana'o(明るい方向へ思いを向けて)
Ha'a ha'a kou kulana(何が起きても謙虚さを忘れないで)
Ahonui a lanakila(以上のことを続けるとVictoryの光は輝きます)

※綴りは上棒文字が打てないのでちょっと違います(^^;)




--- end ---
[PR]
f0143412_0533462.jpg
実は、先月からですが…

フラを習い初めています(笑)
 ↑ 初めてのパウスカート


* * *


先週は地震でレッスンがお休みだったのですが、
今週はスタジオが再開して2週間ぶりに練習に行けました。

本当はもう少し経ってから書こうと思っていたのですが、
今、大変な時だからこそ、こういう時間って大切だなぁ…と思ったので書くことにしました。

こんな大変な時に、踊ってる場合じゃないでしょ?!
って言われるかもしれないけれど。
もともとフラはハワイの神様に捧げる祈りを体で表現したものなので、今日のレッスンでは自分なりに一生懸命踊りました。

もちろんまだまだヘタっぴで神様に届くようなフラは踊れないけれど、「祈るしかない」時に体でそれを一生懸命しようとするのは、なんて言うか、自分にとってとてもうれしいことでした。

募金もしたし、節電もしてるけれど、
それくらいしかできることがない…

そういう気持ちに、自分も苦しかったんだ、と気づきました。
きっと無事だった日本中の人も、
大勢の人が同じ気持ちだと思います。

私の通っているフラスタジオでは、
踊りだけではなく、フラに込められた「アロハの心」も学ぶので、
レッスンで学ぶことが、今なおさら身にしみます。

急に思い立って初めたのですが、
これもなんだか偶然ではないような気すらしています。


大地震があって1週間ほど、
自分が被災したわけでもないのに何となく凹んでいて、
凹んでる場合じゃない!
無事だったのだからがんばって働かなきゃ!
と意気込んでみたり、
意気込んでまた無駄に疲れちゃったり…(苦笑)

それで今日、フラを踊ってみて気づいたのは、
まず自分が元気で笑っていられること…なんだなって。
まずは、元気でいようって。

だから、色々自粛ムードだけれど、
その中で無事だった人たちも、楽しんで元気でいましょうね♪
いざという時に力が湧くように☆

って言いたくて、フラをカミングアウトしてみました。
(まだ踊りになってないので、会った時に踊ってーとか言わないでね!禁!)




--- end ---
[PR]
大地震から一週間が経ちましたね。
みなさん体調はいかがですか?

この一週間の間、募金したり、原発反対署名をしたり、
普段通りのお仕事をこなしたりしつつ、
いろんなことを考えました。

今日、小川町の小さなカフェ・パシフィカ
オーナーの山ちゃんと打ち合わせをした時、色々お話しました。
その中で聞いた言葉がすごく腑に落ちました。

「事件が起こるのは、原因を探すためではなく、
 目標を見つけるため。」



* * *


この一週間で、心の中で決意したことがあります。
一つは、“もっと身近な他人と深く付き合っていくこと”
いざ震災が起こると、頼りになるのはすぐ近くにいる人です。

二つ目は、“もっと原発や自然エネルギーのことを知ること”です。
今回、浜岡原発ストップを呼びかけたら、
賛同しない意見を持つ人たちに強く批判されて凹みました…
だけど、言われていることもごもっともだし、
それならこれから勉強すればいいなって思いました。

聞けば、小川町には自然エネルギーの活動をしている方たちがいます。身近で学べる環境があったのです!

一つ目と二つ目の目標を合わせると、
“もっと小川町の人と関わってゆく”ということです。

ここに引っ越してきたのは、きっと偶然じゃない。

ふさぎがちな一週間でしたが、すべきことが見えてきて
目の前が明るくなってきました…。
こんな時だから、きっと本当に必要で大切なものが
見えてくることもあるんだと思います。

自分が自分のことをみくびらないのは大切なことです。
自分なんて大したことないって思い込んでしまうと、
可能性をしぼませてしまいます。
自分って、意外とけっこうやるもんです。
って思うと力がわいてこない?

自分だけの、
光のかけらを見つけましょう☆



--- end ---
[PR]
昨日の夜、また大きく揺れましたね(; ;)
一人暮らしゆえ、どんなに冷静をよそおっても、
不安で体も心も緊張したままです…

関東に住む人ならだれでも「いつかは…」と
頭の片隅にある“東海地震”。
昨日の揺れは、その東海エリアで起こりました。
富士山が起きちゃうかも??

そこで、こんな活動があるのを知ったので、
私も賛同メールしようかと思っています。


★「予想される東海地震の震源域で運転されている
  浜岡原子力発電所の運転の停止を願う要望書」



締め切りは3月17日(木)の朝7時 までです。

友達のホリロちゃんのブログで知りました。
私は本当になにも知らないなぁ…

福岡原発の二の舞を、防げるものなら防ぎましょう。
これから具体的に何をしたらいいのか、
冷静に考えて行動に移してみましょう☆
(↑と自分自身にも言ってみる(^^;))



--- end ---
[PR]
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」製作スタッフのメルマガから
お知らせががありまして、オーディトリウム渋谷(ユーロスペース2F)での上映がいったん中止になったそうです。

★ミツバチの羽音と地球の回転

原発について今、多くの人に再び注目が集まっている時に、
一人でも多く人に見てもらいたい映画だったのでとても残念です…


↓以下メール転記
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【緊急連絡】オーディトリウム渋谷でのミツバチ上映中止&無期限延期のお知らせ

オーディトリウム渋谷(ユーロスペース2F)での『ミツバチの羽音と地球の回転』の上映につきまして、大地震と原発事故の影響を考慮し、本日をもって一旦中断することになりました。
現状で再開の日程は決定しておりませんが、落ち着いた段階で必ずまたオーディトリウム渋谷(ユーロスペース2F)にて必ず上映を再開する予定ですので、日程が決まり次第、またご連絡させて頂きます。

尚、現在ユーロスペースの前売り券をお持ちの方は、再開した際にはそのままご使用頂けますので、恐れ入りますが、その時までお持ち頂ければと思います。

皆さまにはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



東京電力の会見が今朝、テレビでやっていました。
レポーターの一人が「企業責任としての説明を」と言っていて、
何とも言えない違和感を感じました…

原発建設に関して、一企業の責任では済まないと思います…
建設・稼働について、国民の多くが黙認しているのです。
反対している側にも、
止めることができなかった…という力不足があります。
誰かのせいにして、自分が責任逃れする姿は悲しいです…

どうして誰かに責任を押し付けようとするのか、考えてみるきっかけに「ミツバチの羽音と地球の回転」はなると思います。

映画で紹介されているスウェーデンでは、
脱原発を国民投票で決め、
2020年までに石油にも依存しない社会づくり
をめざしています。

また、電力会社がいくつもあり、
様々な自然エネルギーでの発電をしていて
国民がそれぞれ電力会社を選べます。

日本では、電力は一つの企業が独占していて
携帯電話のように選ぶことができません。
自分で選ぶことができないから、
私たちは責任を持てないんだと思います。

映画を見れば、原発に頼らなくても大丈夫なんだ
ということもわかります。


これからの未来を、「自分で選べる未来」に
みんなでしていきませんか?
そして、自分の生活に責任をもつ暮らしに。

みんなが一人一人、意識をすればきっと…
未来は変わると思います。



--- end ---
[PR]
明日からの計画停電で、
私の住む埼玉県小川町の大塚地区は第4グループで、
PM1:50〜5:30に停電するそうです。

この時間帯にご連絡をいただくお客様は、
ケータイ(090−4594−6472)に
ご連絡ください。

なんと先週このタイミングでたまたまMacBookを購入したので、
今週半ばにNTTから端末が届けば、
停電中でもノートパソコンでメールのやりとりができるかも?!
動作確認して、後日またこちらに書きますね。


追記 : 情報が混乱しているようで、
   計画停電の時間帯が右往左往しているようです。
   申し訳ありませんが、
   電話やメールが通じなければケータイへご連絡ください。



--- end ---
[PR]
東北での地震災害、
なんと言っていいか分からず、
ニュースで見ては心臓をバクバクさせています…

現地で被災されている方たちはもちろん、
想像もつかない不安と恐怖の中におられるだろうし、
無事でいらっしゃる方々も胸を痛めている方が
たくさんいらっしゃるのだろうなと思います。

今ここで、自分の生活を送りながらできることって
なんだろうと考えると、短絡的かもしれないけれど、
やっぱり募金することかな。

少ない額しかできないけれど、
どこか信頼できる機関に募金したいなと思いました。

信頼できる機関…と思いついたのが日本赤十字ですが、
まだ準備中だということで、
田口ランディさんのブログで知った「AMDA」という
団体に寄付しようかなと思いました。
明日、銀行に行ってきます。

★特定非営利活動法人 AMDA

AMDAはすでに、医師チームを現地に派遣したそうです。
きっと今必要なのは、
サポートのプロの方たちの力なんだろうと思います。
サポートのサポートができれば一番良いのかも。


現地の方達に、少しでも早くいつもの日常が戻りますように…



追記 : 15日(火)、AMDAに募金振込ました。


--- end ---
[PR]
f0143412_21343873.jpg
3月6日に開催された『米酒の会』の
様子をアップしました〜
最終回の今回は「甘酒作り・ラベル貼り・懇親会」です♪


★無農薬で米作りから酒造りを楽しむ会 blog


* * *


去年の6月から始った、全7回のイベントも最終回です。

少しずつ顔見知りが増えて仲良くなってきた方達とも、
しばらくお別れ…と思うとさみしくなってしまいますが、
小川町では色んな所で色んなイベントを企画している人や、
おいしいお野菜のカフェ、
それに田んぼや畑でがんばっているおじさんたちが
いつもウエルカムで迎えてくれるので、
またきっと、ご縁のある方とは会えると思います☆

また会えるのを楽しみに!
また美味しいお酒を飲みましょう〜♪



PS. 今日の地震すごかったですね…(><)
  みなさん大丈夫ですか?


--- end ---
[PR]