f0143412_17255388.jpg
コレ、買っちゃっいました♪

あのマンガ「夏子の酒」の作者であり、
無類の日本酒好きな尾瀬あきらさんの書いた本です。


* * *


実はこの夏から、レジのパートと掛け持ちで、
『おがわ温泉 花和楽の湯』のレストランでバイトをしています。

バイトを初めてすぐに、研修ということで、
地酒の酒蔵「帝松」へ日本酒の勉強会と酒蔵見学へ行きました。

ご存知のように去年から「米酒の会」のスタッフとしてお手伝いをさせていただいていて「晴雲酒造」さんにもお世話になっているので、なんだかんだで3つある小川町の酒蔵のうち2つの酒蔵見学をさせていただくことができました☆

そして、もう一つの酒蔵「武蔵鶴」は、
実は私の住むマンションの真裏にあったりして…(^^;)

小川町の酒蔵には、なんだかご縁がある感じ?

酒蔵のある景色っていいです〜
寒くなってくると11月頃かな、朝の7時くらいに起きて窓のカーテンを開けると、モクモクと白い湯気が酒蔵のある場所から立ち上っています。
お米を蒸すのは朝早くの作業なんですって。

酒蔵の中は、古い建物の中に大きなホーローのタンクが並んで、
ほんのりと麹の香りがただよって、なんともいえぬ清々しいような艶っぽいような空気が流れています。

あ〜 いいなぁ…♡

花和楽の湯のレストランでは、“地酒蔵元利き酒セット”というメニューがあって、「帝松」「晴雲」「武蔵鶴」の生吟醸酒を利き酒することができます。
お客様にそういうメニューをお出しするのも楽しいし、
酒蔵見学も大好き…なわりに、
日本酒の基本的なことがちゃんと分かってない…

吟醸酒や純米酒、燗酒、精米歩号。
みんな なんとな〜〜…くって感じで、
お客様にちょっと突っ込まれるだけでアワアワしてしまいます(汗)

なので、せめて聞かれて答えられるくらいには勉強したいな
と思って、この本を買ってみました。

尾瀬さんのオススメの日本の酒蔵が巻末にあるのですが、
「晴雲酒造」さんもありましたよ♪

あ、ちなみに晴雲さんにはこの夏、
井戸水をいただきに通ってました(^^;)
水道水が信頼できなかったので、とても助かりました〜
ありがとうございます☆



--- end ---
[PR]
f0143412_21351639.jpg

おひさしぶりです〜 皆さんお元気ですか〜(^◇^)
季節もあっという間に秋!

今週末、武蔵嵐山の「つまみ田んぼ」の
稲刈りをお手伝いしました。
 カエルくんにポージングしてもらいました♪
 

* * *


先週の台風にも負けずに、稲はしっかりと実って♡
自然の恵みってたくましい!

f0143412_21443823.jpg
立派に実ったよー
 

それもこれも、夏の間に一生懸命草取りをしてくださった、
つまみメンバーの方々のお陰です。

有機農業での田んぼでは、除草剤などの農薬を使わないので、
草は夏の間、人の手で刈り取ります。
草取りは、稲作で一番大変な作業でもあります。

この夏の私といえば… 慣れないバイトのかけ持ちを初めて、
しかも接客という立ち仕事を選んだので、
もともと暑さに苦手なのも加わって、
毎日バタンキュ〜な日々を過ごしていました〜(* o *;)
10分でも…5分でも良いから眠りたい…みたいな。。

(毎年のことながら…)一度も草取りのお手伝いをしなかったので、ホントにみなさまお疲れさまでした!

当日のお天気は、まさに“稲刈り日和”で、
さわやかな秋空のもとの農作業は気持ちよかったです〜♪

私自らはまだ畑や田んぼをやる心の(?)準備がととのわないので、毎回いいとこどりで作業をお手伝いさせていただいてます。

青空のもと、みんなでワイワイ作業するのは楽しいし、
もともと手を動かす作業は好きだし♪
田んぼの畔でたべるお昼ご飯はおいしいし、
打ち上げを地元の公民館を借りてするのですが、
そこで美味しい差し入れられた日本酒をグビグビ…も
なんといっても美味しいのです(笑)
作業後のお酒は格別にウ・マ・イ☆

台風の影響で、田んぼには水が残ってしまって中々作業が進みませんでしたが、なんとか半分くらいを刈り取って、ハザ掛けまで力を合わせてやりました。

f0143412_21592515.jpg


今年は夕方からバイトだったので、
打ち上げグビグビには出られなかったのですが、
12月の収穫祭が今から楽しみです♪

おっとその前に… 今週末は「米酒の会」」の稲刈りです!
霜里農場の方々に管理していただいている田んぼの稲は
どんな風に育っているのでしょう〜?
今週末もお天気になりますように☆

実りの季節って、ワクワクするな〜


--- end ---
[PR]