f0143412_1719199.jpg

「紙すきの里」の久保さんからお誘いいただいて、
“ 書 ”なイベントに行ってきましたー。

★「書の風景 和紙の風景 こころの音いろ」


* * *


場所は米酒でもおなじみの、晴雲酒造さんの蔵2階です。
オカリナで奏でる音楽にのせながら、
書で言葉をつむいてく…というイベントで、
その時間は不思議な雰囲気に満ちていました。

印象的だったのが、書家の森谷さんが筆をとって和紙に書く時、
とっても軽いタッチで書いていること。

書ってなんとなく力強く書くイメージがあったから。
なにげに私も小1〜中3まで書道教室に通っていたりして、
なにげに確か書道二段を持っているはずなのですが、
あんなふうにフワフワッと書くことってできなかったから。

心の中に浮かんだ言葉を、
素直に手から筆に伝えるためには、
力を抜いてフワッと書いた方が出てきやすいのかな〜

…なんてことを考えながら見ていたら、
そのタッチがロミロミと似てるなぁ〜と思いました。

ロミロミの施術は、力でもむのではなく、
脱力して自分の体重をのせて、
クライアントのツボに圧をかけてくんです。

力むと、体の表面にしか圧がかからないんですって。
脱力して、ふぅ〜っと息を吐くと同時に正しい姿勢で圧をかけると、クライアントの体の奥の方まで届きます。

これって、する方もされる方もハッキリ分かるんですよね。
モデルになってされているとき、
しっかりと奥へ圧がかかるとと〜っても気持ちいい♪
反対に表面だけ力で押されてると
「う〜ん… なんかなぁ…」って感じ。

脱力した圧だから、体の芯に届く。
書も、脱力した方が心の奥まで届くのかも。

この力みをとる方法って、ちょっとしたコツがあるようで、
この練習がロミロミだけでなく、
色んなことに対して効果があるなって思います。

例えば、今働いているレストランフロアのバイトでも、
忙しい時に慌ててバタバタしていると
印象も効率も悪かったりするんです。

体はテキパキ動きつつ、心の中は常にほがらか♪でいられると、
そういう先輩がいるのですが、
ものすごく仕事が早くて的確で人の何倍も多くの仕事を、
ステキな笑顔で・一見のほほんとした印象でしているのです。
ホントに2〜3人いるんじゃないかしら?!
って感じの仕事量です。

こういう生き方・姿勢を身につけたいなぁ…。

ロミロミの施術の勉強は、
この生き方の良い練習になるなぁ〜と思います。


…あ、イベントの話から離れちゃった(^^;)?



--- end ---
[PR]
f0143412_8494258.jpg

先日お会いしたフラガール&セラピスト先輩のタカエさんから、
twitterで南三陸のお年寄りに送る手芸材料を集めているのを聞いたので、上の写真+ビーズアクセサリーグッズ(ビーズ色々・作り方の本)を寄付することにしましたー

これからロミロミスクールで自由が丘に行くので、
帰りに預かってくれるSandii's studioに寄って届けてきまっす。


* * *


ほとんど、立体制作用に購入した毛糸や布です。
ビーズは趣味でブレスレット作ったりしました。

いつか使うかなーと思ってたけど、立体制作に使う材料って、その都度作品の雰囲気やトーンに合わせて材料も調達するので、流用できる素材ってなかったりするんですよね(^^;)

意外にも役に立ってくれてよかった♪


タカエさんは先日、東北へ三味線な方々とフラを届けに行ったそうで、そこで仮設住宅に集まって手作りの物を作っているお年寄りたちに出会ったそうです。
孤独死をさけるためだそうです。

現地に行く余力は(経済的に)なくて。
そこで生きている方たちの思いを肌で
感じることはできないけれど…。
手を動かしてカワイイモノを作る癒しは、
私自身とっても良く分かります。

「辛かった過去に作った粘土作品には、涙が混じってる」
なんて笑い話みたいだけど、ホントのことだったから(笑)

少しでもお役に立てばうれしいな。

手芸も癒されるけど、
粘土はもっとダイレクトに癒されちゃうから、
いつか、もっと自分の生活もちゃんと立て直して、
粘土ツアーで東北を回りたいなぁ〜なんて思ってたりします。



--- end ---
[PR]
f0143412_9305178.jpg
震災後、少しずつ動きだした
イラストのお仕事の見本紙が届きました♪


* * *


左のは、抗がん剤の小冊子で、
表紙イラストと中面カット全てを描かせていただきました。
ステキにデザインしてくださったので、
なかなかステキにイラストも生きていてうれしいです♪

病院の待合室などで読むことができるそうです。
見かけたらぜひ、手に取って見てくださいね♪

*

右側のは、来年の年賀状素材集です。
★しあわせを呼ぶ年賀状2012

割り箸ペンと墨汁で描いた線画を、PC上で色塗りをして、
小川町の伝統和紙のテクスチャーを使わせていただき、
暖かい雰囲気を表現してみました。

少しだけ、小川和紙とのコラボレーション?
米酒でもお世話になっている久保製紙さんには
大変お世話になりました。

最後のページの方にひっそり載っています(^^;)
これから沢山の年賀状素材集が書店にならびますので、
こちらも見かけたら手に取って最後のページの方から探してみてください♪


* * *


震災後、パッタリとイラストの仕事がなくなってしまい、
数ヶ月の間、HPをリニューアルしたり、
作品ファイルを持ってお客様周りをしたり、
色々やってみたけれどにっちもさっちもいかなくなり、
今後のことも考えてみて、
将来に生きるようなアルバイトをすることにしました。

まだまだ生活ができるほどには戻っていないけれど、
少しずつ、少しずつ、イラストの依頼もくるようになって、
本当に少しずつだけど社会全体が元気になりつつあるのかなと感じています。

先週、占っていただいたマナカード占いでは、
私の現在の運勢は「忍耐」だそうです(^^;)
その通りすぎて笑っちゃったのだけどw
でもきっと、日本中の多くの人が同じだと思います。
みんな一人じゃないんだと思います。

未来は自分が目を向けた方向へ進むと思うから、
自分が望む未来をたぐりよせるための道具を
自分の中に育てたいなって思います。
といいつつ、時々くじけてダメ子になっちゃうんだけど(笑)
忍んで、耐えて。ニンニン☆

困難はサーフィンだと思えばいいそうです。
時には逃げたり、かわしたり。
「ニンニン☆」はハットリくんだと思うことにしましょう☆


--- end ---
[PR]
f0143412_22361149.jpg
↑ 2Fコーヒー席からの眺め♪

今夜、「ここはどこでしょう〜?」な場所へ
思いがけず行ってしまいました☆


* * *


場所はなんと埼玉県川越だったりします。
やや、本当は今日はバイトの後、お客様と例の「取材マンガ」の企画についてお話させていただくために、夕ご飯をご一緒させていただく予定だったのです…。

もちろん、がっつりお仕事の話もさせていただきました…が、
それ以上のインパクトで楽しいお店に行ってしまいました。
店内はまるでスペイン?!というか、日本じゃない!
ガウディだからやっぱスペインかっ。

★Restaurante すぺいん亭

店内もとっても面白くてステキでしたが、
お料理がまた美味しかった〜♡

f0143412_2247083.jpg
↑ オードブルがまた美しい〜(♡ o ♡)


f0143412_22471224.jpg
↑パエリアが一押しメニューだそうです♪


美味しいだけじゃなくて、とっても色鮮やかでうつくしくて、
見た目もお腹も満足♪

接客も気持ちが良くって、
お客様と二人で「良いお店見つけた!」と大満足でした☆

そしてちゃっかり気持ちよく
ごちそうしていただいちゃったりしたりして…

今回の私のお手柄は、たまたまですがこのお店を見つけたことと、
ささやかなお誕生日プレゼントとしてお気に入りの珈琲をプレゼントしたこと…ということで、ごかんべんください(U v U;)↓
ごちそうさまでした☆



--- end ---
[PR]
今日は雨振る中、私の育った街・埼玉県入間市へ
久方ぶりに行きました。

私がロミロミを勉強したい…と、
フラスタジオのお友達に言った時に、
同じSandii'sの先輩でロミロミサロンをやっている方がいるよ
と教えてもらって、その方に会いに行ったのでした♪


* * *


場所は通称「ジョンソンタウン」 と言われる、
アメリカンなオシャレな集落(?)です。
入間市には、ブルーインパルスで有名な航空自衛隊・入間基地があって、昔はジョンソン基地と呼ばれていました。
基地の内外には、アメリカの家がちらほら建っていて、
そこをフューチャーしてムードある集落をつくったみたいです。

子供の時の記憶があるから、
古い所と新しいところが混在していて、
すご〜く不思議な気分でした。

オシャレなカフェや雑貨屋さん、
美容院やネイルサロンなどがあって、
「入間なのに!」と一人ツッコミ(笑)

そんな場所で、今回はロミロミ…ではなく、
マナカード占いというのをしていただきました♪

今の私の状況、感じている感覚など、
ホントそうなんです〜(; ;)…という感じで、
素直にこれからのアドバイスやメッセージも心に入ってきました。

マナカードからのメッセージは、
もしかしたらすでに私の心は分かっていたのかもしれないけど、
なんだか現状の困難に目がいってしまって不安になっちゃってたんですね…(^^;)

多分、今の自分は今までの自分とちょっと様子が違うから、
前例のない今の状況にとまどっていたのかも。

「足下の不安を恐れるのではなく、未来をどうするか、
 光のある方へ進むように毎日を過ごそう。」

そうやって心がけて過ごしているうちに、意識(Mind)的に仕向けていたことが、実生活に少しずつ増えるようになって、MindをいつのまにかHeartが追い越していたのかもしれません。

自分を訓練していくと、今まで超えられなかった壁が越えられるようになるように、訓練はしていたからいつの間にか力はついてきたのに、まだその壁を越えられないと思い込んでいた…のかな?
という気分です。

今まで、私の心はユラユラしていて傷付きやすくて、
それを守るためにめいイッパイ力を込めて人と接してきたのかも。

だけど、ちゃんと足に地がついて、
自分が自分の中でしっかり生きていれば、
反対にユラユラと人と接することができるんですね。

「これからはそれが出来るようになるから、
 あまり自分を守りすぎなくて大丈夫だよ。
 フワッと行動できるよ」…と言ってもらえて気がつきました。

大地と繋がることを大切にしつつ、
フワッと生きてみよ〜と思います☆

そうだよね〜 お花も地面にしっかり根をはっているから、
フワッときれいに咲けるんだよね〜。


これからは、フワッとトモちゃんです(笑)



PS.セラピストさんのお友達が、
  偶然わたしの小学校時代仲良しだった友達でビックリ!!
 (いくら地元とはいえ!)
  ケータイ変わっちゃってたみたいで連絡できなくて残念〜
  えーちゃん、風の噂で伝わったら連絡ちょ〜だいね〜



--- end ---
[PR]
今日、ここ数ヶ月ワクワクドキドキしていた
ロミロミスクール の1日目でした☆

初日ということで、ロミロミについての概要と、
初めてロミロミを家族以外に伝えたアンディ・マーガレットさんについてのお話をお聞きしました。


* * *


まずは、講師の先生がステキ♡
思わずうっとりとお話を聞いてしまいます(= ▽ =)
フラの先生やインストラクターさんたちもそうだけど、
本当にみなさん美しい〜のです。
(フラはロミロミスクール中3ヶ月は休会中〜)

「やさしさ」「美しさ」「強さ」
きっと同じ意味なのでしょうね♪

今回はほとんどお話で終わってしまったのですが、
ロミロミというハワイアンマッサージがどういうものなのか…
そのお話を聞くだけで、何度も涙ぐんでしまいました…。

私がロミロミを知ったのをさかのぼると(前にも書いたかもしれませんが)、まずはウクレレというカワイイ楽器に興味を持って、習っているうちにハワイアンイベントなどに足を運ぶようになり、そこで“ALOHA”に触れ初めました。

最初のうちは、ALOHAHULA(フラ)も何だか恥ずかしいなぁ…という気持ちがあったのですが、その時何度も触れた「アロハ・スピリッツ」という言葉にとても引き付けられていました。
それがきっかけで、ずいぶんショックな思いも経験したけれど、それなら本当のアロハ・スピリッツってどういうことなんだろう…?というのが、悲しい経験の中で心に残りました。

ショックな経験がいくつか重なり、婦人科の調子を崩すとともに過食がひどくなり、すっかり太ってしまって…。落ち込みはしましたが、「これだけ太っちゃえば羞恥心もなにもないわね!アロハといったらやっぱりフラだから、健康のためにもフラならっちゃえ!!」

…と勢いで今年の2月に、渋谷のSandii's Hula に通いだしました。
なんでわざわざ遠い渋谷のフラスタジオまで…というのは、
ただ健康のためにフラという踊りを習うのではなく、
アロハが何かを知りたかったからです。

そうして、毎週スタジオに通って、レッスン前のチャントを唱え、フラが何たるかを学びながら、先生の美しい踊りを一生懸命に真似して踊ってるうちに、ますます“ALOHA”を知りたくなりました。

心を込めて自然をハンドモーションで表す…という動作は、
心を謙虚にしてくれます。
私たちは、大地からエネルギーをもらって生きているんだって、
思い出させてくれます。

フラは相変わらずヘタッピですが、毎回楽しくて、自分がこんな女性らしいことが好きなんて知りませんでした。女性は花だな〜と思ってはいたけど、自分だって花だったんだな〜とおぼろげに思えるようになってきました。

先の米酒の稲刈りの日記にも書いたけど、
やっぱり人間は大地から離れては生きられないんだと思います。
大地に触れることで元気になって、
生かされてることに謙虚になれるんだなって思います。

今の世の中の色んな問題が、ここに起因するような気がします。

フラが低く腰を落として踊るのは、大地への尊敬を表すためです。
まだまだ学びはじめたばかりのヒヨッコですが、
そういう学びがあるたびに胸がいっぱいになって
泣きたくなります…。

そして、人に対して愛情を持つこと以前に、
まず自分を愛すること。
フラもロミロミも同じアロハの表現なので、
根っこにある学びが同じです。
それで、フラからロミロミを知って、以前から興味のあったリラクゼーションのお仕事をロミロミなら勉強できるかも…と思ってここにたどり着きました。

今日聞いたお話の中にも、私が知りたかったことが沢山あって、
そっか〜 ここまでくる悲しかったこと・辛かったこと・太っちゃったこと(笑)も、全部ここに来るために必要なことだったのかなぁ…と思ったりもしました。

今まで、自分のコトをもっと知りたい…と思うのは、自己中心的でナルシスト的で良くないことなのかな…とほんのちょっと思っていたのですが、そうじゃないんだと、自分が求めていたのはそういう意味じゃないんだと今日思えました。

「自分を理解する」というのは、
自分を愛すること・認めることなんだなって。

言葉にするとなんだかちゃんと伝わらない気がするけど、
これから半生をかけて学んで行けたら良いな〜と思います☆
(飽きずにつづくかな?!たぶん大丈夫!笑)



--- end ---
[PR]
f0143412_1824558.jpg

先週に引き続き、昨日は米酒の稲刈りが無事に終わりました!

今回もさわやかな秋風の中、
気持ちの良い稲刈りでした〜(^^)

★「米酒の会」blogアップしました ♪
↑コチラをクリック


* * *


スタッフ2年目の私ですが、やっとこ田んぼ長靴を購入しての
「田んぼ長靴デビュー」で挑んだ稲刈り。
田植えシーズンに売り出す商品なので、オフシーズンでサイズが少なく、ちょっと大きめサイズしかなかったのでそれを買ってしまったのですが、それでも格段に農作業がやりやすかったです〜。

これからは田植え長靴でバッチリ!!です♪
(…と熱く語りつつ、写真を撮るのを忘れるワタクシ.....)

…と足下はバッチリだったのですが、軍手を忘れて素手で刈った稲を藁で縛る作業をしていたら、腕がかぶれてしまって反省…。
参加者の女性に、“ビワの葉を焼酎に浸けた”液体のスプレーをしていただき、ス〜ッとした甘い香りにうっとり…。かぶれた湿疹も治ってしまい、すごいアイテムを持ってらっしゃる!と関心したりでした(^^;)

米酒の会に参加される方々も、
実は結構いろんな方がいらして面白いんです。
“ビワの葉焼酎スプレー”手作りされる方もいるし、
横浜からいらしてる農家さんもいらしたし、
群馬からいらしたギタリストさんとかも☆
まだまだ他にもまだお話していない面白い方達がいるんだろうなぁ。

ここ小川町という場所にいるだけで、沢山の個性的で魅力的な人と接することができるのって、実はこっそり刺激的な楽しみです♪
日本全国で、こういう小川町みたいな魅力的なローカルな町があるんだろうなぁ…と思うと、「これからはローカルが熱いよ!」と思います。

インターネットなどの通信が発達した現代、都心にいなくとも遠くの人と繋がることができます。人が個人個人に関心のある事柄を、自分が選んで情報を集めることができます。
出会う場所や、待ち合わせする機転として、都心で集まることは必要だとしても、中心となるのはローカルな場所や人々になるんだろうなって思います。

人が一人一人個性があって、
個性を生かして生きるのが幸せなように、
土地やそこでの生活の仕方にも個性があって、
地形や風土などの個性に合わせた暮らしが幸せなんだと感じます。

私はこれからもずっとココに住むかどうかは分からないけど、
今住んでいる小川町という場所が好きで、
自分で選んでココに来ました。
住み初めてから、もっとココが好きになりました♪

人口が3万人と少ないので、
生活しているだけで顔見知りが増えてくるし、
季節の折々に田んぼや畑のお手伝いをすることで
土に触れる生活ができます。
土に触れることって、私にとってはすごくバランスが取れることなんですね、きっと。大地にはパワーがあるんだなって思います。

そういえば、フラを習っていて踊りの中に出てくる
「マナをいただく」というハンドモーションは、
大地に手を当てて“マナ”を頂くという動作をします。
“マナ”というのは、ハワイ語で「霊的な力、奇跡、魂」
などを意味します。

フラの振り付けも、農作業も、同じ意味を表してるのかな。
う〜ん… 深い!!!


--- end ---
[PR]