<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0143412_1754919.jpg


さてさてさーて。
「昔の作品シリーズ」第二弾のアップです☆

この辺からわたしのカラーがハッキリしてきたと思うのですが、
前回の学生時代から10年くらいぶっ飛びまして(笑)。。

7年間正社員で勤めたグラフィックデザイナーを退職し、
フリーランスのイラストレーターデビューして
初めての個展での作品です。

粘土の立体モリモリ!!!

手加減なし!(材料費も無視!笑)で、
大きめな作品を沢山作ってました。

中でも目玉は「コロボックルシリーズ」の3点で、
日本の四季を守る小さな妖精コロボックルたちを、
わたしなりの解釈で表現しました。
(※コロボックルとは北海道のアイヌの伝承に伝わる小人のことで、
 アイヌ語で“蕗の葉の下の人”という意味です。カワイイ♡)


お仕事での作品もいくつかありましたが、
会社を退職した後の自分メンテナンス中の1年間弱に作った、
グループ展に参加用の作品たちがパワフル☆

「作りたい!」っていうパワーが
みなぎってたんだよね〜(*^ 〰 ^*)



⭐️mahalo⭐️
[PR]
f0143412_23371881.jpg


「バセドウ病でした~」というと、
「バセドウかぁ~」
と、名前と簡単な症状だけは知られているこの病気。

私もそうでしたが、実際どんな病気かって
よく分からないですよね(^^;)

ちょっと長くなりますが、自分勉強用と、
ちょっとでも周りの方に知っていただけると
わたしも同じ病気の方も生きるのが楽だな~♪と思い、
わたしなりにまとめてみました。


* * *


病院でもらったパンフレットによると…


「バセドウ病とは」

 バセドウ病とは、自己免疫疾患のひとつで、
 甲状腺ホルモンを刺激する抗体が原因で、
 甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。
 甲状腺ホルモンはからだの新陳代謝を促しますが、
 多すぎると心臓をはじめとして、
 いろいろな臓器に負担がかかってきます。

 (補足 : 患者数は男性1人に対して女性が5人。
  20~30代の女性が多くを占めています。)



↓つまりこういう感じ
f0143412_2345486.jpg



以前、歌手の綾香ちゃんがバセドウ病で活動を休止した時に有名になった病気ですが(ピンクレディーのケイちゃんもだったのね~)、その時に知った症状の知識は「異常に疲れやすくなる。代謝が促進されて、食べても食べても痩せてしまう。」というごく限られた症状でした。

私はご存知の通りぽっちゃり系な体系だったので(現在は治療と入院生活で標準体重)、まさかまさかの“バセドウ病”でした。
太っててもバセドウ病なのです。

退院後に調べて知ったのですが、同じ病気で体重激増に悩む方も沢山いました。
この症状はなぜ起こるかというと、簡単に言えば、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって代謝が高まり、それとともに食欲も異常に増進されます。そこで食欲が止まらなくなるのですが、過剰になった代謝よりもそれ以上に食欲が勝り、過剰に摂取した栄養で太ってしまう(ホルモンの分泌によるので、個人の努力とは関係ないのです)…というのが一つ。

もう一つは、治療を進めていく中で少しずつ薬の効果が現れてくると、過剰に分泌されていた甲状腺ホルモンが正常値に近づいてきて、代謝も落ち着いてきます。ところが、これまで続けてきた食生活をそのまま続けてしまうと、代謝は落ちてるのに、接種する栄養が変わらない…ということで太ってしまう…というのが一つあります。(綾香ちゃんも、治療後数年後の復帰の時、だいぶぽっちゃりだったみたい)

治療中の方達の間で、体重コントロールというのは
一つの悩みの種になってるようです。


* * *


その他の、バセドウ病の代表的な症状としてこんなのがあります。

・眼球突出(目が出る、目つきがきつくなる)
・頻脈(脈拍数が増える)
・甲状腺のはれ(首を触って分かるくらいはれる)
・心臓・肝臓など臓器への負担
・高血糖
・骨粗しょう症
・妊娠中の胎児への悪い影響
・その他…動悸、息切れ、体重減少、暑がり、
     かゆみ、いらいら、集中力の低下、
     手指のふるえ、食欲増進、生理不順



書き出しただけでもこんなに沢山の症状があるので、これらの症状に気づいたからといって、それがバセドウ病が原因だと分かることはまずないそうです。実際、原因が分からずに病院をたらい回しにされる方もいるようです(> <)

人それぞれに症状が違うので、ここではわたし個人からの視点で書かせていただきますが、それぞれの方の治療生活やその中での悩みも違うと思います。

わたし自身、当てはまる症状として…
「頻脈(入院時の脈拍150~160/分)、甲状腺のはれ、心臓への負担(心不全で入院・全身のむくみ・不整脈)、動悸、息切れ(肺に水がたまり呼吸困難)、暑がり、かゆみ、いらいら、手指のふるえ(入院前の数ヶ月指が時々つってました…)、食欲増進、生理不順」

と、ほぼほぼ当てはまる症状があり、
そのうち「食欲増進、生理不順」などは二十代のころからあるので、実際いつからバセドウ病なのか、定かではありません(^ ◇ ^;)

調べてみると、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、女性ホルモンのバランスが崩れ、生理不順(ちなみに4月からきてません…涙)や妊娠に影響があるそうです。


* * *


こんな風に書くと、なんだか不安になってしまいますが、
ご心配なく♪
バセドウ病の治療は3種類あり、治療が可能な病気です☆

「薬物治療、アイソトープ治療(放射性ヨードのカプセルを内服)、手術治療」があり、わたしは「薬物治療」で治療中です。
いくつか種類はありますが、わたしが飲んでいるのは「メルカゾール」というお薬で、甲状腺ホルモンを抑える働きをします。

ごくまれにメルカゾールに対してアレルギー反応(肝機能異常など)がある体質の方もいて、その場合には他の2つの治療法を選ぶことになります。

幸いなことに、わたしは今のところアレルギー反応がないようなので、入院時から飲み始めて治療を続けています。甲状腺ホルモンの方も、入院時には「計測不能(!)」なほど高かった数値が、まだまだ高いけど計測可能な数値まで落ちたそうです(^^;)

ただ、このメルカゾールには副作用があるので、2~3ヶ月の間は2週間に一度の血液検査をし、少しずつ飲む量を減らしていくそうです。早い人では数ヶ月で薬を減らせるそうですが、わたしの場合は症状が重いので6錠から、たぶんバセドウ病になっていた期間も長いので回復にも時間がかかるタイプらしく1年くらいかかりそうとの先生の感想でした。。

バセドウ病の症状でも、心臓にくるのは一番危ないタイプならしく、その心不全の中でも全身がむくんで肺にまで水がたまって呼吸が苦しくなるのは、後で調べてみると相当重傷だったようです…(一週間も集中治療室にいたんだから、まぁそうだよね…)

甲状腺の先生に、
「心臓、良くなってよかったねぇ~…」
としみじみ言われました。。


長くなったので、次回はその「心不全」について
まとめてみます(^ o ^)/



※ちなみにバセドウ病になる原因は解明されておらず、
 肉体・身体的ストレス、過労、遺伝、出産・妊娠、
 などと言われていますが、
 ホルモンバランスの変化が影響しているっぽいです。
 そういう意味でも、生涯を通してホルモンバランスの変化が大きい
 女性の方がなりやすい病気でもあるのでしょうね。
 わたしの場合、遺伝と出産・妊娠以外、心当たりがあり過ぎて
 よく分かりませんが、一番自分にストレスを与えているのは
 他ならない自分なのかも…と心のあり方を見つめ直してたりします。
 そんなお話も次回以降で~♪





〈つづく〉

⭐️& mahalo⭐️
[PR]
f0143412_13183254.jpg


お仕事ではないのですが、
SNSにシリーズでイラストをアップするので、
こちらにも合わせて紹介いたします(^^)♪

これは、桑沢デザイン研究所に在学中に参加した
ターナーのコンペに提出した作品です。
たしか、“副賞”なるものを受賞し、
ターナーのアクリル絵の具を景品にいただきました(笑)

本当は、コピーか作品の原画をアップしたかったのですが、
どうしても見つからず、唯一見つかったのがこのポラロイド写真…
(なんか貴重な一枚になっちゃったなぁ…)

あの頃は、今よりずっと沢山描いていたけど、
あれこれコンペに参加したり、
なんだかあせって描いていました。

若さってそういうものかもしれないけど、
今の方がずっと肩の力を抜いて制作を楽しめる気がします♪

それもまた、良い思いでか〜(笑)



⭐️mahalo⭐️
[PR]
f0143412_14253159.jpg

お仕事の見本本が届きました♪
「なぜ?に答える科学のお話100」です(^ ^)

以前、携わらせていただいた「なぜ?に答える科学のお話366」の改訂版ミニサイズで、よりすぐりの100話のお話が掲載されています。

表紙は、先輩イラストレーターの菅野さん!
中面のカットでも知っている方がチラホラ。

みんながんばってるな〜⭐️


f0143412_14312242.jpg

私のページの一部はこんな感じです♪
けっこうイイ感じでしよ?(笑)


ぼちぼち営業活動も(その下準備から´д` ;)、
少しずつ始めております。
ほったらかしの作業が山積みに…

来月はご迷惑をおかけしたクライアントさんや、
新しくご紹介いただいた方々にもお会いしに
少しずつ外に出て行こうと思います⭐️

何事も少しずつ♪
よろしくお願いいたします(^ω^)/



⭐️mahalo⭐️


[PR]
f0143412_15063759.jpg

毎朝飲んでいたコーヒーが
飲めなくなりました(T_T)

なぜなら、私の心臓の症状の一つに不整脈が
あるからです。

て話を友達としてたら、
「妊婦さんやベビー売り場になら、
カフェイン入ってないコーヒーあるんじゃない?」
と聞いて、さっそく探してみました。

あった!
しかもドリップコーヒー‼️

カフェイン97%カットと、
完全に入っないわけじゃないけど、
モノは試し♪

飲んでみて、血圧計でチェックしてみましたが、
不整脈はありませんでした(^ ^)わーい

味は若干さっぱりだけど、
一カ月以上カフェイン抜き生活を
送っている私には充分!

たまには、カフェインレスコーヒーで
ホッとひと息、ブレイクできるぞ〜♪


⭐️mahalo⭐️


[PR]
f0143412_11020632.jpg

今日いただいた、お見舞いの品々です♡

お野菜は、小川町で有機農家を営む
ひろこさんから。
ゼリーは、イラスト繋がりの先輩
さちこさんから頂きました。

f0143412_11124350.jpg

そして、絵本はデザイナー時代の先輩から
いただいたトーべ・ヤンソンの
「さびしがりやのクニット」。
キュンキュンします♡

みなさん、ホント、
ありがとうございますm(_ _)m

一人暮らしの私を気遣っての
あたたかいお気持ちにホクホクです♡

私って、実はすごく幸せものだったんだ。
幸せものなんだな…

ありがとうって言える幸せなこの気持ちを
忘れないでいたいな。



⭐️mahalo⭐️



[PR]
f0143412_10143013.jpg

入院中、症状が楽になると、基本安静に状態だったので、久しぶりにじっくり考える時間をもらえました。

入院する前まで、仕事のやり方が“三足のわらじ”を履いてる状況になっていて、家でのイラスト、川越のリラクゼーションサロンでのバイト、空いた日には日雇い派遣で倉庫でピッキング…という生活をしていました。

今思えばそうとうハード…💧

結果、今回のように身体が限界をこえて
ギブアップしてしまいました…( ;´Д`)

それに、イラストもサロンでのセラピストの仕事も好きな仕事で、仕事自体は楽しく働いていましたが、やっぱり週3でサロンで働けば疲れて次の日に何もできない日もあるし、イラストの仕事も実際に進んでる案件以外は後回しになってしまい、手が回らなくもなっていました。。

どうにかしなきゃ…

という気持ちはつのるものの、
行動が伴わず、モヤモヤするばかり…

そういう行き詰まりにしっかり向き合うために、
今回の病気と入院、休養が必要だったのかな…
と思うと、感謝せずにいられません💖

もちろん、それを支えてくれる
両親にも💖

その貴重な時間の中で出した決意が
「イラストの仕事がしたい」
でした。

やはり、多業種の仕事をかけもちすると、かけられる力が分散してしまい、集中力に欠けてしまう。…というのは、この3年間、実際にやってみて実感として分かりました。

収入の事を考えると、フルタイムで勤めた方がいい。
ただ、私は現在、平日に二つの病院に交互に毎週通院してるので、休みが自由にとれる仕事でないとダメ(>_<)

セラピストの仕事も好きだけど、今回のように急な体調不良がないとは限らないし、施術者として接客する仕事は必ず指名が付いてしまいます(ありがたいことに♪)。
今回、その指名のお客様にも大変なご迷惑をおかけしてしまいました…涙

などなど、色々考えて、
やっぱりイラスト一本に絞ろう!
と決意しました。

まぁ、これから状況が変わることも
あるかもしれないけど、その時はその時‼️

いろいろやるコト、やらなきゃいけないコト、
やりたいコトは沢山ありますが、
まずは第一歩として、
名刺をリニューアルしました⭐️

気持ちも新たに、
よろしくお願いいたします(^ω^)


⭐️mahalo⭐️



[PR]
f0143412_14230502.jpg

あたたた…

たいした運動してるわけじゃないのですが…
日常生活で家事や掃除、近所に買い出し、
筋トレといってもスクワット10回と
腹筋10回くらいしかしてないのに。。

ふくらはぎが、毎日筋肉痛です💦

一カ月弱も入院してると、
こんなにも筋力落ちるんですね〜(^_^;)

いまはや、ホントに少しずつ、
少しずつですね。


⭐️mahalo⭐️



[PR]
f0143412_10493139.jpg

立秋が過ぎて、少〜し暑さが和らいだ…
とはいえ、残暑厳しい今日この頃、
いかがお過ごしですか?

ずいぶん久しぶりのアップになってしまいましたが、実は7月中旬から数日前まで一カ月弱の間、入院していました(^_^;)

41年生きてて、はじめての入院。

6月中旬から体調を崩していたのですが、
夏バテかな〜と思っていたり、
程なくすると呼吸が苦しくなってきたので、
ぜんそくかな〜と思い、
病院に行ったら…

脈拍が150以上と異常に高く、そのまま救急車で循環器の病院に運ばれてしまい、そのまま入院となってしまいました…汗

仕事関係の方々に多くのご迷惑をおかけし、
本当に申し訳ありません。。

自分が思った以上に症状は重かったようで、一週間ほど集中治療室で、カテーテルを首に入れ、点滴生活をしました。

病名は「心不全」でした。
心臓が弱ってるせいで、
全身がむくんでたので、
肺に水がたまり苦しかったみたい。

自覚がないって、怖いね…(汗)

検査をしていく中で、何が原因か…
どうやら甲状腺ホルモンの値がこれまた異常に高く、後で聞いたら高すぎて計測不能だったそうです。
ひぇ〜💦

一般病棟に移ってからも、投薬治療を続けて、心臓のお薬だけでなく、甲状腺ホルモンを下げる薬も飲んでいたのですが、甲状腺のお薬は副作用があるので時間をかけて治してゆくそうで。

それで、入院も長引いてしまいました。

今週、だいぶ心臓は落ち着いたので、通院で治療は続けつつ、さきに甲状腺の専門家に診てもらって治療をした方がいいとの先生のご判断で、今週火曜日に退院し、紹介状を持ってさっそく昨日、甲状腺の診察に行ってきました。

「バセドウ病」とのことでした。

甲状腺ホルモンは、身体をがんばらせるホルモンらしく、先生は「がんばれホルモン」だとおっしゃってました。

わたし、身体の限界を超えるほど
がんばってんだなぁ〜 …反省。。。

退院はできたけど、治療はまだ引き続き続くので、心臓に負担をかけない減塩・水分制限を気をつけつつ、当面の一番の治療は「がんばらないこと」になりそうです(^_^;)

今回は、周りの方にご迷惑をおかけしましたが、いろいろなものを振り切って、身体が「ギブアップ‼️」
と叫んでくれたお陰で、人生や仕事や…いろいろなことを考える時間を思いがけずもらうことができました。

今、ちょうど、このタイミングで⭐️
わたしにはとてつもなく必要な時間でした。

色んなコトに気づけたし、
腹が決まって決心できることも
ありました。

病気になってビックリしたけど、
失ったモノより、得たモノの方が多い気がします。

それについては、また次回(^.^)


🎵写真は、これからのために頂いたお見舞い金で購入させていただいた血圧計と測り。後ろのあれこれは、お見舞いでいただいたモノたちです。
暑い中、ありがとうございました〜💖


⭐️ mahalo ⭐️

[PR]